【超簡単】Adobe Premiere Proから書き出した動画を圧縮する方法

普段、Adobe Premiere Proを使って編集した動画を書き出す時、ロードした元のメディアファイルが大きくなくても、書き出した動画の容量がとても大きくなってしまうという場合が多いでしょう。そのため、本文では、Adobe Premiere Proから書き出した動画ファイルの容量は大きすぎる原因及び圧縮する方法(バッチ圧縮可)を紹介いたします。

スイカ | 2021/05/26

Adobe Premiere Proから書き出した動画ファイルの容量は大きすぎる原因

Adobe Premiere Proから書き出した動画を圧縮する方法

1.Adobe Premiere Proの書き出し設定で書き出す動画のビットレートを変更する

2.WonderFox HD Video Converter Factory Proで書き出した動画を圧縮する

Adobe Premiere Proから書き出した動画ファイルの容量は大きすぎる原因

Adobe Premiere Proから書き出した動画が大きくなってしまうのは、書き出し設切で適正なビットレートを設定していないからです。

ビットレートとは、単位時間あたりに転送または処理されるビット数です。一言で言うと、動画のビットレートは高いほど、1秒間に送受信できるデータ量が多く、画質が良いです。つまり、ビットレートは高いなら、書き出した動画ファイルの容量が大きくなる可能性も高いです。そのため、Adobe Premiere Proから書き出した動画の容量を小さく圧縮するには、書き出す前に動画のビットレートを低くするか、動画圧縮ソフトで書き出した動画を圧縮しなければならないです。

関連記事:MOVを圧縮AVIを圧縮MP4を軽量化MP3を圧縮

WonderFox HD Video Converter Factory Pro

大きすぎる動画や音楽ファイルをバッチ圧縮できる強い多機能動画変換・ダウンロードソフト

Adobe Premiere Proから書き出した動画を圧縮する方法

本文では、二つのアドビ プレミア プロから書き出した動画を圧縮する方法を提供しています。一つは、書き出す前にAdobe Premiere Proでの圧縮、もう一つは、書き出した後でWonderFox HD Video Converter Factory Proでの圧縮

Adobe Premiere Proの書き出し設定で書き出す動画のビットレートを変更する

ステップ1、Adobe Premiere Proの書き出し設定画面に入る

①左上の「ファイル」をクリックする

②ドロップダウンリストにある「書き出し」「メディア」をクリックする

ステップ2、ビットレートを変更する

「プリセット」「カスタム」に変更する

②下の「ビデオ」にある「ターゲットビットレート」「最大ビットレート」の値を低くする

「書き出し」をクリックする

WonderFox HD Video Converter Factory Pro

手軽にAdobe Premiere Proから書き出した動画や音楽ファイルをあらゆる好きな形式に変換できる強い動画変換ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory Proで書き出した動画を圧縮する

WonderFox HD Video Converter Factory Proは、動画の形式変換や編集する・動画共有サイトから動画や音楽をダウンロードすることができる強い多機能ソフトです。もちろん、動画圧縮機能も持っています。それでは、WonderFox HD Video Converter Factory ProでAdobe Premiere Proから書き出した動画の容量を小さく圧縮する方法を紹介させていただきます。

関連記事:HEVCをMP4形式に変換と逆変換YouTube 1080P動画をダウンロードSteamを録画する方法複数のMP4を結合

WonderFox HD Video Converter Factory Proで書き出した動画を圧縮する方法

圧縮を開始する前に、まずWonderFox HD Video Converter Factory Proを無料ダウンロード無料ダウンロードしインストールしてください。

ステップ1、動画ファイルを追加する

①WonderFox HD Video Converter Factory Proを立ち上げる

②メイン画面で「変換」をクリックする

③変換画面で「ファイル追加」をクリックするか、動画ファイルを変換画面に直接にドラッグし動画ファイルを追加する

ステップ2、圧縮率を設定する

①変換画面の下にある「バッチ圧縮」ボタンをクリックする

②表示される青いバーにある白いボタンをドラッグし圧縮率を設定する(左から右までドラッグするのは、「0%」から「100%」までの圧縮率を選択するということだ)

ちなみに、圧縮率が高すぎると画質が悪くなる可能性があるので、圧縮する時圧縮率を高く設定しないほうがいいと思います。

ステップ3、ビットレートを設定する(省略可)

「バラメータ」設定で動画のビットレートを低く設定する(あるいは、可変ビットレート「VBR」を選択する)

ステップ4、圧縮を開始する

①変換画面の下にある「▼」ボタンをクリックし出力先を選択する

「変換」ボタンをクリックする

以上はAdobe Premiere Proから書き出した動画は大きすぎる原因及びおすすめの圧縮する方法です。お役に立てれば幸いです。自分の必要に応じて、好きなPremiere Proから書き出したメディアファイルの容量を小さく圧縮する方法を選びましょう。

無料ダウンロード

Windows向け

100%安全&安心

無料ダウンロード
マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved