AVIを圧縮---AVIファイルのサイズ小さくする方法

Q:「拡張子が.mp4の動画と.aviの動画とではどうしてこんなにもサイズが違うのですか」

Q:「.aviの動画のサイズが大きすぎて、自分で動画編集ソフトを使いAVIファイルを圧縮してサイズを小さくしたいのですが、具体的なやり方が分からなくて、動画に詳し方に動画のサイズを左右する要素を是非ご教示いただきたいのです。それと、使い勝手の良い動画編集ソフトも教えていただければ嬉しいのです」

AVIは高画質の動画の作成によく使われる形式で、且つAVI形式に対応するコーデックの何れも圧縮効率がそれ程高くないため、往々にして.aviファイルのサイズが大きい。

今回は、解像度が高くファイルサイズの大きいAVI動画を画質無劣化で圧縮する方法をご紹介します。

元サヤ |更新;2021/05/28

AVIファイルとは

動画のサイズと画質を影響する要素

AVIファイルを圧縮する方法

AVIファイルを圧縮できるフリーソフト

おまけに

終わりに

AVIファイルとは

AVIとはMicrosoft社が開発し、Windowsにおける標準的な動画ファイルを扱う為の動画形式で、画像データと音声データを圧縮し一つファイルに格納できることから、AVI(Audio Video Interleaving)と呼ばれています。

AVIファイルの拡張子は.aviで、形式はやや古いのですが様々なエンコーダ(h264、Divx等)に対応できるのが一つの特徴です。デメリットとしてはストリーミング配信に向いていないのとAVIファイルが不完全な状態に陥いた場合は修復を行わなければ再生できない事等が挙げられます。

人気記事:AVIをMP4にMOVファイルを圧縮Iphone動画を圧縮

AVIファイルの圧縮をよりカンタンに!

Free HD Video Converter FactoryはAVI、MP4を初めほぼ全てのファイル形式に対応可能なフリーソフトです。大サイズのAVI動画を時間かけずに追加できる上、追加した動画ファイルを僅か三ステップでより高圧縮効率に対応できる形式変換し、動画ファイルのサイズと画質を影響するビットレートや解像度は自由に調整できます。

動画のサイズと画質を影響する要素

その一 エンコード

MP4、AVI、MKVなどの動画形式はデジタルデータを格納するためのコンテナフォーマットで、エンコードとは、そういうデータを一定の規則に従いファイルに入れるための「手段」です。

そもそもなぜそのようなデータを動画ファイルに入れるのかというと、画像/音声/文字等のデータは膨大過ぎる故、そういったデータをPC等の製品で扱うにはまず圧縮してサイズを小さくする必要があるからです。

また、それぞれの動画形式が対応できるコーデックもまちまちで、AVIはH.264、DivX等の比較的に高い圧縮効率を持つコーデックに対応しているが、高画質動画の作成によく使われる形式でもあるため、やはり.aviファイルのサイズは大きい。

そんな訳で、大サイズのAVIファイルをより高い圧縮効率を持つVP9、MPEG-4 AV1に対応可能できるMKVに形式変換して、コーデックをより高い圧縮効率を持つものに変更すればAVI動画を画質無劣化で圧縮できます。

その二 解像度

動画編集に疎む方でも動画をダウンロードする際に見かける言葉で、その具体的な意味を説明したいと思います。

解像度は画像における画素数を示す数値です。

コンピューターにおいて、画像を表現する形式として一番小さな要素が「画素」で、四角形の形をしたこの一つ一つの画素は色や明るさを表現する機能を持ち、沢山の画素が集まることで写真などを表現しているのです。

また、「ピクセル」という言葉の持つ意味は実は画素と全く同じで、画素とピクセルの何れも単位です。

解像度は横/縦の二つの画素数で表記されていて、その数値が大きければ大きいほど解像度が高いです。

例えば、解像度が720x480と表示されている場合は、横の画素数が720、縦の画素数が420で、合わせて345600の画素数があるということです。

画素数の数が大きいほど動画の解像度も画質も高くなりますが、その分動画ファイルのサイズも大きくなります。

その三 ビットレート

ビットレート(bits per second)とは動画が1秒間に何ビットのデータで作成されているかを表す数値です。

たとえば、動画のMbpsを1に設定した場合は、1秒間に0.125メガバイト(MB)のデータ量となります。

画面解像度と同様、ビットレートも任意に決めることができますが、ビットレートの数値が大きい分データの量も増大し動画ファイルのサイズも大きくなります。

AVIファイルを圧縮する方法

動画ファイルのサイズを影響する原因が明白になった以上、動画のパラメータ数値を適切に調整すればファイルサイズを自由にコントロールできます。

動画ファイルのサイズを縮小する方法を大まかに並べ立てるとは下記のようになります

・動画形式をAVI以外の形式に変換し、コーデックをより高い圧縮効率を持つものに変換

・解像度を下げる

・ビットレートを下げる

・動画の再生時間を短くすることで動画全体のデータ量を削る

AVIファイルを圧縮できるフリーソフト

WonderFox Free HD Video Converter Factory

無料のソフトではあるものの、大サイズのAVI動画でも時間掛からずに追加可能で、使用回数や使用時間などに一切変な制限は付いていません。

MXF、RMVB等の非人気動画形式を含め、ほぼ全てのファイル形式に標準対応しており、出力フォーマットにMP4、MKVを初め500以上の最適化された動画形式がプリセットされています。

動画編集に不慣れな初心者の方でも僅か三ステップでAVIをより高い圧縮効率を持つコーデックに対応可能な形式に変換し、ビットレートや解像度を調整できます。

無料ダウンロード

Windows向け

100%安全&安心

無料ダウンロード

AVI動画を圧縮する手順

ステップ1、AVIファイルをソフトに追加

・ソフトを立ち上げます

・最初の画面で「変換」をクリックします

・次の画面で、「ファイルを追加」をクリックします

ステップ2、AVIの形式を変換し、パラメータを調整

・画面の右側でファイル形式が表示されている四角い枠をクリックします

・次の画面で「動画」をクリックします

・ここで例としては、多くの高圧縮効率を持ったコーデックに対応できるMP4に変換します

☆:より高画質でAVIを圧縮したい場合は出力フォーマットをMKVに設定することをオススメします。

・出力フォーマットを設定したら、四角い枠の下にある「パラメータ設定」をクリックします

・パラメータ設定の画面に入ったら、「動画パラメータ設定」のカテゴリーでエンコード、解像度・ビットレートの数値を変換できます

・出力形式がMP4の場合はコーデックをH265に設定、MKVならVP9に設定します。

PS:このソフトには500以上のメデイア形式がプリセットされているので、お持ちのスマホやタブレットと同じ機種に設定すれば、デバイスと最も親和性の高い形式が設定されます。

ステップ3、動画の再生時間を短縮させてファイルサイズを縮小

再生時間が短くなり一部のシーンもなくなるので、あまり推奨される方法ではありませんが、このソフトにそういった動画編集機能も付いているため一緒にご紹介します。

・ファイルを追加後、鋏の様なアイコンをクリックします

・次の画面が表示されたら、画面の真ん中辺りにある青い線の両はしの梯形のようなアイコンをドラッグすれば、動画再生時間をコントロールできます。

・もしくは「開始」と「終了」の欄で的確な時間を入力すれば、指定の時間帯を切り取れます

・緑色の「切り取り」をクリックし「OK」をクリックします

また、他に動画にエフェクトを追加複数の動画をマージ動画から音声データを抽出等の編集機能も備わっているので、そちらの機能も是非一度試してみてください。

ステップ4、出力先を選択、圧縮を開始させます

上記のいずれの方法を取るにしても最後はこのステップで圧縮を開始させる必要があります。

・画面の下にある小さい「▾」をクリックします

・出力フォルダーを決めたら、「OK」をクリックします

・画面右下にある「変換」をクリックすれば圧縮が開始します

PS:変換速度はネットの状況によって異なりますが、サイズが500MBくらいのAVI動画を五分間以内にMP4に圧縮しサイズを小さくできます。

☆:このソフトは有料版WonderFox HD Video Converter Factory Proもあります、有料版では形式変換に関する機能は無料版と同じフリーでご利用いただけます。また、そのソフトに付いている「バッチ圧縮」機能を使えば動画ファイルを完全に画質無劣化でサイズを縮小できます。

format factory

このソフトも完全無料で且つ使用時間制限もありません。更に先ほどご紹介したソフトと同じで動画形式を変換できるばかりでなく、動画を編集する機能も内蔵されています。変換速度もそこそこ速いが、ソフトのインストール手順やAVIの圧縮手順がやや複雑というのが玉に瑕です。

・公式サイト:http://pcfreetime.com/formatfactory/index.php?language=ja

・インストール済みのformat factoryを立ち上げます

英語が表示された場合はツールバーにある「LANGUAGE」をクリックし、そのプルダウンメニューにある「select more language」をクリックして、次の画面で「日本語」を探して設定したあと、ソフトを閉じてもう一度立ち上げればオッケーです

・最初の画面で「ビデオ」をクリックします

・そのカテゴリーで「->MP4」或いは他の形式をクリックします

・次の画面で、「ファイルの追加」をクリックして、AVIファイルを追加します

・「出力設定」をクリックすればビットレート・エンコード等のパラメータを調整できる画面に入ります

・パラメータ数値を設定したら「OK」をクリック、先ほどの画面に戻ります

省略可 追加したファイル欄で「設定」という項目があります、クリックすれば動画を切り取ったり、字幕追加したりすることのできる画面に進みます

・ファイルが追加された画面の左下にあるフォーマットの形をしたアイコンをクリックし出力先を決めます

・「OK」をクリックし、最初にソフトを立ち上げた時の画面に戻ったら、画面の上にある「開始」をクリックすれば変換が開始されます

おまけに

AVIファイルを圧縮できるフリーソフトを紹介したのですが、ソフトのインストールを億劫に思われている方にはオンラインサイトを一つご紹介します。

Convertio

公式サイト:https://convertio.co/ja/

メリット

・ビットレート、解像度等のパラメータ数値は調整可能

・出力できるフォーマットが多い

・広告なし

・ログインなしで操作できる

・長年運営しているサイトなので安全が保証される

・プラグイン不要、ウイルス感染の心配は無し

デメリット

・追加可能なファイルのサイズは100MBが上限

・動画ファイルのサイズが大きいと変換速度遅い

・有料サービスへ誘導される可能性あり

操作方法

・「ファイルを選ぶ」をクリックし、AVIファイルを追加します

・出力フォーマット欄のプルダウンメニューで「ビデオ」をクリックします

・「ビデオ」のカテゴリーでMP4又はその他の形式を選択します

・出力フォーマット欄の右下にある歯車のアイコンをクリックします

・この画面でビットレート、解像度等のパラメータ数値を調整できます

・最後に「変換」をクリックすればオッケーです

終わりに

今回はAVI形式を例として、動画ファイルを圧縮してサイズを小さくする方法をご紹介しました。

形式を変換して、パラメーター数値を調整するくらいならわざわざソフトなんかインストールしなくてもオンラインサイトでもできると思っている方もいるかもしれませんが、サイトだと追加可能なファイルのサイズに制限が付いていたり、変換速度が遅かったりする様なものは決して少なくありません。

それに対し、ソフトを使えばまず変換速度が遅いという心配はしなくて済みます。もちろん、バンドルソフト付きで、立ち上げるたびに広告が表示してくるようなソフトもなくはありませんが、この記事でご紹介したソフトはそういったことは起こりません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もっと簡単且つ迅速な方法で動画ファイルを圧縮したいですか

HD Video Converter Factory Pro

このソフトには、圧縮率を調整できるバーをドラッグするだけで動画ファイルの画質をほぼ低下させずにサイズを元のファイルの半分ぐらいにできる「バッチ圧縮」という機能が搭載されています。又、動画の解像度を最大3840x2160まで上げられる上、画面を録画する機能も揃えています。

マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved