AVIを圧縮---AVIファイルのサイズ小さくする方法

「拡張子が.MP4の動画と.AVIの動画とではどうしてこんなにもサイズが違う何ですか」

「.AVIの動画のサイズが大きすぎて、自分で動画編集ソフトを使いAVIファイルを圧縮してサイズを小さくしたいのですが、具体的なやり方が分からなくて、動画に詳し方に動画のサイズが何によって決められてるのかを是非ご教示いただきたいのです。それと、使い勝手の良い動画編集ソフトも教えていただければ嬉しいのです」

そういったご質問をされた方の動画への疑問を解消する為、動画のサイズ及び画質を左右する要素とAVIファイルを圧縮しサイズを小さくする方法をこの記事に纏めることにしました。

元サヤ | 2021-04-16

AVIファイルとは

動画のサイズと画質を影響する要素

AVIファイルを圧縮する方法

AVIファイルを圧縮できるフリーソフト

おまけに

終わりに

AVIファイルとは

AVIとはMicrosoft社が開発し、Windowsにおける標準的な動画ファイルを扱う為の動画形式で、画像データと音声データを圧縮し一つファイルに格納できることから、AVI(Audio Video Interleaving)と呼ばれています。

AVIファイルの拡張子は.AVIで、形式はやや古いのですが様々なエンコーダ(h264、Divx等)でエンコードできるのが一つの特徴で、デメリットとしてはストリーミング配信に向いていないのとAVIファイルが不完全な状態に陥いた場合は修復を行わなければ再生できない事等が挙げられます。

人気記事:AVIをMP4にMOVファイルを圧縮Iphone動画を圧縮

手早くAVIファイルを圧縮する方法

完全無料なソフトでAVIファイルのサイズを僅か三ステップで圧縮できる上に、動画形式を自由に変換したり、動画を編集したりすることもカンタンに行えます。

動画のサイズと画質を影響する要素

その一 エンコード

エンコードとは、動画に含まれる映像・文字・音声などのデータを一定の規則に従い他の形式のデータに圧縮して変換する意味を持つ言葉です。

また、エンコードも動画だけが対象になっているわけではなく、音声・テキストデータもエンコードの対象となっています。

それから、動画ファイルは映像、音声、文字等のデータから構成されているので、「動画ファイルのエンコード」とは映像データ、音声データ、文字データを様々な端末で再生できるような動画形式に変換・圧縮処理ということになります。

要約して言えば、「動画ファイルのエンコード」とは動画を構成する要素を何らかの規定に基づいて他の形に変換させるという行為で、イメージとしては外国語で書かれた本を日本語で訳すという意味を変えずに表現形式だけを変えるということです。

先ほど、動画ファイルのエンコードとは動画ファイルを変換・圧縮処理の事とご説明しましたが、具体的にどのように変換/圧縮しているのかを解説します。

「動画ファイル」=映像・音声・文字等のデータを格納する「収納ケース」

圧縮作業とはその収納ケースにあるデータをある方法でびっしり詰めてコンパクトにまとめるということになります。

なお、動画には「動画形式」というのがあります。例として有名なのは「AVI」、「MP4」、「MKV」などです。

変換作業とは変換したい動画形式(=圧縮作業における「ある方法」)を選んでまとめるということです。

即ち:動画エンコードは動画の圧縮・変換作業のことです。

この二つの作業を別々に説明したが、実はほぼ同時に行われています。

以上の説明を踏まえれば、動画ファイルのエンコードの形式は様々なので、異なったエンコーダでエンコーダされた動画のサイズも自然に差異が生じるものという考えに至ります。

その二 解像度

動画編集に疎む方でも動画をダウンロードする際に見かける言葉で、その具体的な意味を説明したいと思います。

解像度は画像における画素数を示す数値です。

コンピューターにおいて、画像を表現する形式として一番小さな要素が「画素」で、四角形の形をしたこの一つ一つの画素は色や明るさを表現する機能を持ち、仰山の画素が集まることで写真などを表現しているのです。

また、「ピクセル」という言葉の持つ意味は実は画素と全く同じで、画素とピクセルの何れも単位です。

解像度は横/縦の二つの画素数で表記されていて、その数値が大きければ大きいほど解像度が高いです。

例えば、解像度が720x480と表示されている場合は、横の画素数が720、縦の画素数が420で、合わせて345600の画素数があるということです。

画素数の数が大きいほど動画の解像度も画質も高くなりますが、その分動画ファイルのサイズも大きくなります。

その三 フレームレート

ここではまず動画について説明します。

動画とは一枚一枚の「静止画」の集まりで、イメージとしては子供の時に遊んでた「パラパラ漫画」と同じ、捲る速度が速ければ速いほどその「静止画」たちがに動いているように見えます。

更に捲る速度が速いほど滑らかな動きをしているように見えると同じで、捲る速度が遅ければカクカクした動きに見えてしまいます。

フレームレート(frames per second略してfps)は動画において、一秒間に見せる「静止画」である画像の枚数です。単位としてはよく「コマ/秒」で表されています。

25fpsの動画は1秒間に25枚の「静止画」を見せるということになります。

高いフレームレートに設定するほど、映像の動きが滑らかになりますが、30fpsで撮影した動画を60fpsに変更しても、30fps以上に滑らか映像にはなりません。

その四 ビットレート

ビットレート(bits per second)とは動画が1秒間に何ビットのデータで作成されているかを表す数値です。

たとえば、動画のMbpsを1に設定した場合は、1秒間に0.125メガバイト(MB)のデータ量となります。

画面解像度やフレームレートと同様、ビットレートも任意に決めることができますが、ビットレートの数値が大きい分データの量も増大し動画ファイルのサイズも大きくなります。

最後に映像ビットレート=解像度×RGBデータ量×フレームレートという算出方法からして、解像度やフレームレートの数値が大きいほどビットレートの数値も高くなり、動画ファイルのサイズもそれに伴って大きくなります。

PS:RGBデータ量は、1画素に割り当てる色情報のデータ量を示す値です。

AVIファイルを圧縮する方法

動画ファイルのサイズを影響する原因が明白になった以上、ご自身の要望に応じてパラメータの数値を調整すればファイルサイズを自由に変換することが可能になります。

大まかに分けると動画ファイルのサイズを縮小する方法は下記のようになります

・エンコード又は動画形式をAVI以外の形式に変換

・解像度を下げる

・ビットレート・フレームレートの数値を低下させ

・動画の長さを切り取ることでデータ量を削りサイズを縮小

AVIファイルを圧縮できるフリーソフト

WonderFox Free HD Video Converter Factory

このソフトにはAVIを他の動画形式に変換できる機能が搭載されている上、動画のビットレート・フレームレート・エンコード等のパラメータを自由に調整できる機能も揃えられています。更に動画の長さを切り取ったり、動画にエフェクトかけたり、アスペクト比を調整したりすることもできます。

無料ダウンロード

Windows向け

100%安全&安心

無料ダウンロード

具体的な操作方法を見てみましょう

ステップ 1 AVIファイルをソフトに追加

・ソフトを立ち上げます

・最初の画面で「変換」をクリックします

・次の画面で、「ファイルを追加」をクリックします

ステップ 2  出力フォーマットを選択し、パラメータを調整

・画面の右側にあるファイル形式が表示されている四角い枠をクリックします

・次の画面で「動画」をクリックします

・ここで例としては、汎用性の高いMP4に変換します

・MP4に設定したあと、四角い枠の下にある「パラメータ設定」という項目をクリックします

・パラメータ設定の画面に入ったら、「動画パラメータ設定」のカテゴリーでエンコード、解像度・フレームレート・ビットレートの数値を変換できます

・ここでエンコードを最も進んだものであるH265に設定しました

PS:このソフトには300種以上のメデイア形式がプリセットされているので、お持ちのモバイルデバイスの形式に直接変換することも可能です。

ステップ3 出力先を選択 変換を開始させます

・画面の下にある小さい「▾」をクリックします

・出力フォルダーを決めたら、「OK」をクリックします

・画面右下にある「変換」をクリックします

PS:変換速度はネットの状況によって異なりますが、通常の場合は動画ファイルのサイズが1GB以下であれば、五分間以内に変換できます。

(省略可)ステップ 4 動画の長さを切り取ってファイルサイズを縮小

先ほどご紹介した通り、このソフトに動画を編集する機能も揃えています。その為、動画の長さを切り取り、データ量を削ることでファイルサイズを小さくする手もあります。

・ファイルを追加後、水色のバーにある鋏の様なアイコンをクリックします

・次の画面が表示されたら、画面の真ん中辺りにある青い線の両はしの梯形のようなアイコンをドラッグすれば、動画の長さを調整できます

・もしくは「開始」と「終了」の欄で的確な時間を入力すれば、指定の時間帯を切り取れます

・緑色の「切り取り」をクリックし「OK」をクリックします

・最後に出力先を選択したら、「変換」をクリックすれば完了です

また、このステップでこのソフトの編集機能をご利用すれば動画にエフェクトをかけたり複数の動画をマージしたりすることができます。

format factory

このソフトも完全無料で且つ使用時間制限もありません。更に先ほどご紹介したソフトと同じで動画形式を変換できるばかりでなく、動画を編集する機能も内蔵されています。更に変換速度はWonderFox Free HD Video Converter Factoryほどではないが、そこそこ速いです。

・公式サイト:http://pcfreetime.com/formatfactory/index.php?language=ja

・インストール済みのformat factoryを立ち上げます

英語が表示された場合はツールバーにある「LANGUAGE」をクリックし、そのプルダウンメニューにある「select more language」をクリックして、次の画面で「日本語」を探して設定したあと、ソフトを閉じてもう一度立ち上げればオッケーです

・最初の画面で「ビデオ」をクリックします

・そのカテゴリーで「->MP4」或いは他の形式をクリックします

・次の画面で、「ファイルの追加」をクリックして、AVIファイルを追加します

・「出力設定」をクリックすればビットレート・フレームレート・エンコード等のパラメータを調整できる画面に入ります

・パラメータ数値を設定したら「OK」をクリック、先ほどの画面に戻ります

省略可 追加したファイル欄で「設定」という項目があります、クリックすれば動画を切り取ったり、字幕追加したりすることのできる画面に進みます

・ファイルが追加された画面の左下にあるフォーマットの形をしたアイコンをクリックし出力先を決めます

・「OK」をクリックし、最初にソフトを立ち上げた時の画面に戻ったら、画面の上にある「開始」をクリックすれば変換が開始されます

おまけに

AVIファイルを圧縮できるフリーソフトを紹介したのですが、ソフトのインストールを億劫に思われている方にはオンラインサイトを一つご紹介します。

Convertio

公式サイト:https://convertio.co/ja/

メリット

・シンプルなインターフェース

・出力できるフォーマット多い

・広告なし

・ログインなしで操作できる

・長年運営しているサイトなので安定性が保証される

・プラグイン不要、ウイルス感染の心配は無し

デメリット

・変換が失敗する可能性があり

・変換速度遅い

・有料サービスへ誘導される可能性あり

操作方法

・「ファイルを選ぶ」をクリックし、AVIを追加します

・出力フォーマット欄のプルダウンメニューで「ビデオ」をクリックします

・「ビデオ」のカテゴリーでMP4又はその他を選択します

・出力フォーマット欄の右下にある歯車のアイコンをクリックします

・この画面でビットレート、フレームレート等のパラメータ数値を調整できます

・最後に「変換」をクリックすればオッケーです

終わりに

ここまで読んでくださってありがとうございます。

この記事にはAVIを圧縮する方法の他、動画ファイルの画質とサイズを左右する要素も纏めてありました。少しでも動画編集を試されたい方々のお役に立てたら幸いです。

もっと簡単且つ迅速な方法で動画ファイルを圧縮したいですか

HD Video Converter Factory Pro

このソフトには、圧縮率を調整できるバーをドラッグするだけで動画ファイルの画質をほぼ低下させずにサイズを元のファイルの半分ぐらいにできる「バッチ圧縮」という機能を搭載されています。さらに、動画の解像度を最大3840x2160まで上げられる上、画面を録画する機能も揃えています。

マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved