【2021最新】Premiere ProにMP4を読み込めない時の対処法

Adobe Premiere Proは、強力な動画編集機能を備えた大人気の動画編集ソフトです。ですが、普段使っているとき、MP4動画ファイルをうまく読み込めないなど、さまざまな問題が発生する場合は少なくないでしょう。MP4ファイルがAdobe Premiere Proでサポートされているのは当然のことですが、MP4ファイルがうまく読み込めないという状況が生まれるのはなぜでしょうか。追加しようとしているMP4動画ファイルのエンコード形式が、Adobe Premiere Proでサポートされていないことが原因だと思います。そのため、次から、Adobe Premiere Pro(アドビ プレミア プロ)にMP4を読み込めない時の対処法を紹介させていただきます。

関連記事:Premiereで書き出した動画を圧縮PRPROJをMP4に変換

スイカ | 2021/06/09

1.ファイル形式、コンテナーフォーマット、エンコード形式についての情報(詳しい方は読み飛ばしても大丈夫です)

2.Premiereでサポートされている動画・エンコード形式(読み込み)

3.Premiere ProにMP4を読み込めない時の対処法(MP4ファイルのエンコード形式を変更)

ファイル形式、コンテナーフォーマット、エンコード形式についての情報(詳しい方は読み飛ばしても大丈夫です)

全形式のオーディオ、ビデオ変換ソフト

Premiere Proに読み込められないMP4動画ファイルをPremiere Proに対応している形式に変換できる強力な動画変換ソフト

ファイル形式

Windowsでのファイル名には、「.doc」「.mp4」「.mp3」などの拡張子がついていることがわかっています。Windowsがファイルに拡張子を付ける目的は、システムでインストールされているアプリがファイルをはっきりと分けられ、適切なアプリで開けるということです。「.avi」、「.mpg」など、動画のファイル形式と呼ばれ、パソコンにインストールされている動画プレーヤーにつながっています。つまり、ファイルの拡張子を変更しますが、実際に動画のフォーマットやエンコード形式が変わるわけではないです。

コンテナーフォーマット

AVI、MPEG、VOBなどは、動画のデータを格納する受け皿です。「.avi」、「.mpg」、「.vob」の拡張子は、対応するコンテナフォーマットに応じて名前付けされたものです。つまり、コンテナーフォーマットは、実際の動画のコンテンツを表すものではなく、単なる音声・映像を包む殻だけです。

エンコード形式

動画のエンコードとは、通常は、ソフトやデバイスで人間が理解できる音声、映像といったアナログ情報をコンピューターが認識できるデジタル情報に変換することを指します。動画のエンコード形式が表すものは、本当の動画のコンテンツの形式です。

つまり、「.mpg」のような同じファイル形式でも、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4など、いくつかの異なるコンテナーフォーマットに分けることができます。MPEG-4のような同じコンテナーフォーマットでも、様々なエンコード方式を使うこともできます。動画ファイルの本質はエンコード形式であり、単にファイル形式やコンテナーフォーマットで動画ファイルを区別するのは正しくないです。

Premiereでサポートされている動画・エンコード形式(読み込み)

Premiereのような動画編集ソフトや動画プレイヤーがメディアファイルを読み込む際、ファイルのコンテナーフォーマット形式だけでなく、エンコード形式を分析しなければならないで、分析できない動画を編集や再生できないです。

Premiere Pro(プレミア プロ)にMP4を読み込めない時の対処法

MP4は複数の動画エンコード形式に対応しているため、同じMP4形式の動画ファイルでも、エンコード形式が異なる場合があります。さらに、Premiere ProはDIVXやH264でエンコードされたMP4ファイルとの互換性が良いだけなので、MP4を読み込めない時、HD Video Converter Factory Proのような動画変換ソフトを使ってエンコード形式を変更するのはいい選択肢だと思います。また、WMV形式の動画ファイルもPremiere Proに対応していますので、MP4ファイルをWMV形式に変換して読み込むこともできます。

MP4ファイルのエンコード形式を変更する

変更する前に、まず動画変換ソフトHD Video Converter Factory Proを無料ダウンロード無料ダウンロードしインストールしてください。

ステップ1、MP4ファイルを追加する

①HD Video Converter Factory Proを立ち上げる

②メイン画面で「変換」をクリックする

③変換画面の左上にある「ファイル追加」・真ん中にある「+」をクリックしMP4ファイルを選択し追加するか、MP4ファイルを変換画面に直接にドラッグし追加する

ステップ2、出力形式(MP4)を選択する

通常、HD Video Converter Factory ProでMP4はデフォルトの出力形式ですので、出力形式がもともとMP4である場合、「ステップ2」をスキップすることも大丈夫です。

①右の「出力フォーマットを選択」をクリックする

「動画」リストにある「MP4」を選ぶ

ステップ3、エンコードフォーマットを選択する(H264をおすすめです)

①右の「出力フォーマットを選択」の下にある「パラメータ設定」をクリックする

②上の「エンコーダ」のドロップダウンリストを開く

H264を選択する

「OK」をクリックする

ちなみに、「パラメータ設定」でほかのパラメータも調整できる(アスペクト比、解像度、ビットレートなど……)

関連記事:最高のコーデックパックWindows 10でVOBを再生Windows 10でMPGを再生HEVCをMP4に変換

ステップ3、エンコード形式の変換を開始する

①下の青い▼をクリックし出力先を選択する

②右下の「変換」をクリックする

MP4をWMVに変換する方法

ステップ1、MP4ファイルを追加する(前に記述した追加方法と同じ)

ステップ2、出力形式(WMV)を選択する

①右の「出力フォーマットを選択」をクリックする

「動画」リストにある「WMV」を選ぶ

ステップ3、動画形式の変換を開始する(前に記述した変換方法と同じ)

関連記事:WMVをMP4に変換WMVにMSWMMを変換WMVをMP4に変換WMVの再生

まとめ

以上はAdobe Premiere Pro(アドビ プレミア プロ)にMP4を読み込めない原因及び読み込めない時の対処法のおすすめです。お役に立てれば幸いです。

初のHDビデオ変換ソフト

・自由にメディアファイルの形式・エンコード形式を変換ーーPremiere Proと互換性が高い形式に対応

・手軽にメディアファイルのパラメータを編集

マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved