【2021最新】MP4動画のサイズを変更する6つの方法

スマホで動画を再生したり、YouTubeなどに動画をアップロードしたり、メールで動画を転送したりするため、MP4動画のサイズを変更または圧縮する必要がある場合があります。本文は、素敵なMP4リサイズソフトを利用して、MP4動画のサイズを小さくする六つの方法を紹介いたします。

サエ | 更新:2021/09/24

Part1.オススメのMP4リサイズソフト

Part2.6つ違う方法でMP4動画のサイズを変更する

Part3.MP4をリサイズする参考動画

MP4のサイズを変更したい?

MP4は一番汎用性の高いメディアフォーマットであるため、動画を再生、編集、ダウンロードする際、MP4ファイルはよく見えます。では、なぜMP4のサイズを変更する必要がありますか?通常、大きいサイズのMP4ファイルをYouTubeなどにアップしたり、メールで他人に送ったりするとき、サイズを変更しなければなりません。さらに、スマホのワイドスクリーンでMP4動画を再生するとき、より良い視覚体験のためにサイズを変更するほうがいいと思います。

上記以外、MP4動画のサイズを変更する必要がある場合が多くあります。本記事では、便利なMP4リサイズソフトを利用して、6つ違う方法でMP4のサイズを変更することについてお話します。ご自分の必要に応じてお好きな方法をお選びましょう。

関連記事:MP4をトリミングMP4を軽量化MP4を結合

無劣化でMP4をリサイズするソフト

・MP4動画の品質を劣化せずに、サイズを変更する

・動画の解像度、ビットレート、フレームレート、コーデックなどをカスタマイズ。

・動画をカット、トリミング、マージ、エフェクト追加などができる。

・操作方法は極めて簡単であり、初心者でも直感的に使える。

オススメのMP4リサイズソフト

MP4のサイズを簡単かつ効率的に変更するには、良いMP4リサイズソフトが必要です。WonderFox HD Video Converter Factory Proは、数回クリックするだけで、動画のサイズを変更でき、ユーザーの違うニーズに応じる様々なサイズ変更方法を提供するプログラムです。その上、MP4動画を簡単に編集したり、MP4から音声を抽出してMP3に変換したり、ネットからMP4動画をダウンロードしたりするなど豊富な機能が備えます。

下記のガイドに従い、MP4ファイルのサイズを変更してみましょう。

無料ダウンロード

Windows向け

安全&安心

無料ダウンロード

6つ違う方法でMP4動画のサイズを変更する

方法1.MP4動画のコーデックを変更

MP4はデータを格納するためのコンテナフォーマットであり、MP4に使用されるコーデックは動画のサイズに大きく影響します。例えば、H265はMPEG4より2倍高くの圧縮率があるため、MP4(H265)はMP4(MPEG4)と比べて、サイズが2倍近く小さいです。したがって、圧縮率の高いコーデックに変更することでMP4動画のサイズを縮小する可能性があります。

ステップ1、MP4リサイズソフトを起動し、「変換」を選択し、「ファイル追加」をクリックして目標のファイルを読み込みます。

ステップ2、「出力フォーマットを選択」をクリック、「動画」タブで「H265 for MP4」を選択します。

ステップ3、「変換」をクリックしてサイズを変更し始めます。

方法2.「クイック設定」でMP4のサイズを変更する

HD Video Converter Factory Proには「クイック設定」機能が搭載されています。MP4を迅速にリサイズしたい場合、「クイック設定」で解像度を下げるだけで十分です。

ステップ1、「ファイル追加」をクリック、またはドラッグアンドドロップしてMP4動画を読み込みます。

ステップ2、出力フォーマットが変更されないよう、「出力フォーマットを選択」をクリック、「動画」タブで「MP4」を選択してください。

ステップ3、クイック設定のスライダを左にドラッグします。解像度が低くすれば、サイズが小さくなりますが、動画の画質も劣化される可能性があります。そのため、元動画の解像度を確認した上、左にドラッグし過ぎないようご注意ください。

ステップ4、「変換」をクリックします。

方法3.MP4動画をカット/クロップして不要な部分を削除する

動画に必要のない内容があれば、カットまたはクロップすることでファイルのサイズを圧縮できます。

ステップ1、MP4動画をリサイズソフトに追加します。

ステップ2、「出力フォーマット」メニューで「MP4」を選択します。

ステップ3、動画に埋め込まれたウォーターマークを消したい場合、「クロップ」ボタンを押して、四角形のフレームをドラッグして必要な部分を選択してください。オーブニング、エンディングや他の必要のないシーンを削除したい場合、ハサミのようなアイコンをクリックして、タイムラインのスライダをドラッグして必要な部分を選択します。そして「OK」を押します。

ステップ4、「変換」をクリックして任務を始めます。

方法4.解像度を変更してMP4動画をリサイズ

上記三つの方法以外、MP4のサイズを変更するには、動画の解像度を調整することができます。通常、動画のピクセルが多いほど、映像がきれいになり、ファイルサイズが大きくなります。そのため、解像度を下がることでMP4をリサイズできます。一方、動画の画質もある程度変更しますので、解像度を高すぎまたは低すぎにしないようにしてください。それでは、動画の解像度を調整する手順を見てみましょう。

ステップ1、目標ファイルを読み込み、「MP4」を出力フォーマットとして選択します。

ステップ2、「パラメータ設定」ボタンをクリック、「動画パラメータの設定」で、「解像度」のドロップダウンボタンをクリックします。240px160pから3840px2160pまで様々なオプションがあります。希望の解像度を選択して、「確定」を押します。

ステップ3、出力フォルダを設定し、「変換」を押します。

方法5.ビットレートを下がることでMP4を小さくする

動画のビットレートは動画のサイズを左右する最も重要な要素の一つです。したがって、ビットレットを調整することでMP4サイズを変更するのも良い方法です。

ステップ1、MP4動画をMP4リサイズソフトに取り込み、「MP4」を出力フォーマットとして選択します。

ステップ2、「パラメータ設定」をクリック、希望のMP4動画のビットレートを選択して、「確定」を押します。

ステップ3、「変換」をクリックします。

方法6.フレームレートを変更する

MP4動画のサイズを変更できるもう一つの方法は、フレームレートを変更することです。通常、MP4動画のフレームレートは24fpsまたは30 fpsで十分です。60 fpsなら動画の音ズレなどの問題を引き起こす可能性があります。

ステップ1、MP4動画を取り込み、「MP4」を出力フォーマットとして選択します。

ステップ2、「パラメータ設定」ウィンドウを開き、「動画パラメータの設定」で希望のフレームレートを選択します。必要に応じてフレームレートをカスタマイズすることもできます。

ステップ3、出力フォルダを設定し、「変換」をクリックします。

MP4をリサイズする参考動画

後書き

以上は、MP4のサイズを変更するすべての方法です。便利かつ実用的なHD Video Converter Factory Proを使えば、あらゆる動画のサイズを気楽に変更できます。サイズ変更以外、このソフトはもっと素晴らしい機能があります。無料ダウンロードしてから体験してみましょう。

また、オンラインでMP4のサイズを変更したいなら、VideoSmaller(https://www.videosmaller.com/jp/)やResize-video(https://www.resize-video.com/jp/)などを利用することができます。ただし、これらのオンラインサービスの機能は制限があるので、お使いの際は注意してください。

動画を手軽にリサイズする

WonderFox HD Video Converter Factory Proは、MP4だけではなく、AVI・MKV・MOV・3GP・FLVなどほぼすべての動画サイズを変更できます。簡単なステップだけで、MP4動画のサイズを小さくする上、MP4動画を切り取り・結合・エフェクトかけ・字幕追加などができます。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2020 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved