MP4コーデック変換 | MP4をMP4に変換する方法

更新:2022/04/28
  • 四ステップでMP4をMP4に変換 >>
  • ステップ1:MP4をインポート
  • ステップ2:出力形式選択
  • ステップ3:MP4コーデック変換
  • ステップ4:MP4をMP4に変換
MP4って一番多く使われている動画形式じゃないですか?なぜ再生しようとした時に「フォーマットはサポートしていません」みたいな注意が出てきて再生できないのでしょう?
あるプレイヤーを使ってMP4を再生する時になぜか音声だけが流れ出して画面が出てきません。おかしいです。ファイル自体は無傷です。原因知っている方はいますか?解決策も教えていただけますと助かります!

MP4をMP4に変換?

確かにMP4は一番普及度の高い動画コンテナ形式と言っても過言ではありません。しかし、使われるコーデックがプレイヤーにサポートされていないなどので原因で再生時に不具合が出る、もしくは再生すらできない可能性があります。

動画エンコーダとして、MP4はMPEG1、MPEG2、MPEG4、H264、H265、AV1などをサポートしています。うち、MPEG4とH264は普及度がより高いため、再生時に不具合が出る可能性は比較的低いです。一方、H265とAV1は技術的に一方前へ進みましたが、まだ完全に普及されていないため、一部のプレイヤーでH265/AV1のMP4を再生しますと、画像が出ないなどの不具合が発生するかもしれません。

音声エンコーダとして、MP4はMP1、MP2、MP3、AAC、AC3、Opusなどをサポートしていますが、動画エンコーダと同じく、プレイヤーにサポートされていない音声エンコーダが使われているMP4を再生しますと、音声が出ないなどの不具合が起こる可能性があります。

MP4コンテナ自体を変えずに再生時の不具合を解消するにはプレイヤー非対応のMP4コーデックを変換、言い換えればMP4 MP4変換、またはMP4再エンコードを行う必要があります。例えばMP4(H265)をMP4(H264)に変換すれば、H265動画を非対応プレイヤーで再生時の不具合を解消できます。

あわせて読みたい:MP4が再生できない場合の対処法 | H.264とH.265との比較・違い及びその両方の相互変換の方法 | WonderFoxエンコーダを使用して動画をエンコードする方法

MP4 MP4変換ソフト

MPEG4、H264、H265、MP3、AAC、AC3などのMP4対応エンコーダを利用して迅速にMP4を再エンコードし、効果的に再生時の不具合を解消します。また、解像度、フレームレート、チャンネル、ボリュームなどの動画/音声パラメータを必要に応じて自由に調整できます。操作が極めて簡単で専門知識を持っていない初心者でも手軽に利用できます。 詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7以前と互換性がある。 詳細を見る >

最強のMP4 MP4変換ソフトでMP4コーデックを変換

最強のMP4 MP4変換ソフト WonderFox HD Video Converter Factory ProはMP4、MKV、MP3、AACなどの一般的なメディア形式およびiPhone、SAMSUNG、YouTube、Facebookなどの人気デバイス&人気プラットフォームに特化した形式から構成される500+のプリセットと豊富な動画/音声エンコーダを提供しており、簡単かつ高速にメディアファイルの変換ニーズを満たせます。コンテナ形式を変換せず、エンコーダ、フレームレート、サンプリングレートなどのパラメータだけを変更することもサポートします。このMP4 MP4変換ソフトを使ってMP4のコーデックを変換する手順は次になります。

あわせて読みたい:フレームレートを変換する方法 | サンプリングレートを変換する方法

MP4コーデック変換、MP4をMP4に変換する手順を読む前にはまず準備としてWonderFox HD Video Converter Factory Proを無料ダウンロード無料ダウンロードし、お使いのPCにインストールしてください。

ステップ1、MP4をインポート

MP4 MP4変換ソフトを立ち上げ、メイン画面で「変換」をクリックして「ビデオコンバータ」画面に入ります。画面中央にある「+」をクリックしてファイルブラウザを開き、コーデックを変換したいMP4ファイルを選択してソフトにインポートします。トップにある「ファイル追加」もしくは「フォルダ追加」をクリックしてMP4をインポートすることもできます。

ヒント:バッチ処理モードを活用して複数のMP4のコーデックを一括変換することができます。

ステップ2、出力形式選択

「出力フォーマットを選択」という文字の下にある形式アイコンをクリックして500+のプリセットからなるリストを開き、「動画」カテゴリからMP4を選択します。

ヒント:MPEG4/AV1/H264のMP4をH265に変換したい場合は、「H265 for MP4」を選択してもオーケーです。また、「4K/HD」カテゴリでは4K(MP4)、HD(MP4)、「ウェブ」カテゴリではHTML5(MP4)、YouTube(MP4)等の特化したMP4も選択できます

ステップ3、MP4コーデック変換

パラメータ設定」をクリックして新しい画面を開きます。ご覧のように、この画面ではMP4の動画/音声コーデックを変換できます。お使いのプレイヤーが対応するコーデックを選択すれば、MP4再生時の不具合を解消できます。MP4の動画コーデックをH264に変換、音声コーデックをMP3に変換することをお勧めします。MP4コーデックを変換した後、「Ok」をクリックして設定を保存し、「ビデオコンバータ」画面に戻ります。

ステップ4、MP4をMP4に変換

出力フォルダ欄の「▼」をクリックしてコーデック変換後のMP4の出力先を指定します。最後は「変換」をクリックしてMP4 MP4変換を始めます。変換完了後、フォルダのアイコンをクリックして再エンコードしたMP4ファイルを確認できます。

目次
人気記事

破損したMP4ファイルを修復する方法

MP4動画のメタデータの確認・編集方法

MP4字幕追加フリーソフトおすすめ

動画変換ソフトとしては比肩するもの無し
  • MP4をMKVに変換、MP4をMP3に変換、WAVをMP4に変換するなど、豊富なプリセットとエンコーダを利用して簡単かつ迅速に動画の形式を変換します。
  • MP4をMP4に変換、MKVをMKVに変換するなど、コンテナ形式を変換せずパラメータだけを変換することもサポートします。
  • 720Pを1080Pに変換、1080Pを2Kに変換、2Kを4Kに変換するなど、効果的に動画の解像度と画質を高めます。
  • GPU加速、CPU優先度調整、ライトニングモード、バッチ処理モードなどを活用すれば変換プロセスが飛躍的にスピードアップします。
  • マージ、切り取り、クロップ、エフェクト追加など、変換する前に動画を手軽に編集することもできます。
  • 品質低下を最小限に抑えながらファイルサイズを圧縮します。
  • 字幕の抽出/追加/削除、音声の抽出/削除……
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7以前と互換性がある。 詳細を見る >

あとがき

以上、MP4コーデック変換・MP4をMP4に変換する方法を紹介いたしました。お役に立てますと幸いです。MP4以外の形式でも同じ方法でコーデックを変換できますのでニーズのある方はお試しくださいね。

お読みいただき、どうもありがとうございました!

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.