【MP4サイズダウン】MP4動画の容量を小さくする方法

更新:2022/07/22

MP4をサイズダウンする手順>>

  • ステップ1、MP4をサイズダウンソフトに読み込む。
  • ステップ2、パラメータ変更・コーデック変換・カットなどでMP4の容量を小さくする。
  • ステップ3、サイズダウンされたMP4を書き出す。

MP4動画をYouTubeなどにアップしたり、パソコンからスマホに転送したりする時、動画ファイルのサイズが大きすぎると、アップロード失敗や転送できないかもしれません。そのような場合、MP4動画の容量(ファイルサイズ)を小さくする必要があります。この記事では、素敵なMP4サイズダウンソフトを利用して、無劣化でMP4のサイズを縮小する方法を紹介します。

MP4のサイズを小さくする三つの方法

MP4動画のファイルのサイズを左右するのは、主に動画の解像度・ビットレート・コーデックおよび動画の長さです。そのため、MP4をサイズダウンするには、主に下記三つの方法があります。

方法1、MP4動画の解像度・ビットレート・フレームレートを下げる

解像度やビットレート、フレームレートなど、動画ファイルのサイズに影響するパラメータは多くあります。これらのパラメータが高ければ高いほど、動画の品質は良いですが、ファイルのサイズも大きくなります。したがって、MP4を軽量化する効果的な方法は、出力動画の品質を劣化せず、上記のパラメータを慎重に下げることです。

方法2、MP4動画を他の形式やコーデックに変換する

MP4よりファイルサイズが小さい動画コンテナに変換すれば、MP4動画のサイズが小さくなる可能性もあります。例えば、MP4をFLVに変換すれば、より小さいサイズでYouTubeにアップロードできます。

一方、現在のMP4は通常、H264とMPEG-4、H265この三つのビデオコーデックでエンコードされます。H264はMPEG-4より1.5~2倍大きい圧縮率を持ち、他のパラメータが同じ場合、H264でエンコードされる動画のサイズはMPEG-4動画より60%~80%小さいです。そして、H265は、半分のファイルサイズでH264と同じ品質がある動画をエンコードできます。したがって、より高い圧縮率の動画のコーデックに変更することでMP4の容量を小さくすることも可能です。

方法3、MP4動画を短くトリミングする

動画の不要な部分をカットして、必要の部分のみ保存する、または動画の画面の黒い帯などを削除するため動画をクロップすることもある程度でMP4の容量を減らすことができます。

最高のMP4軽量化ソフト

HD Video Converter Factory Proを使えば、MP4ファイルを無劣化でサイズダウンすることができます。この一つのソフトで、三つの方法でMP4動画の容量を自由に小さくすることができます。さらに、このソフトで、動画の形式変換、動画編集、動画ダウンロードなど豊富な機能が付いています。 詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7...と互換性がある。

MP4サイズダウンソフトを使ってMP4動画の容量を小さくする

HD Video Converter Factory Proは多機能のMP4サイズダウンソフトであり、これ一つで、前に述べた三つの方法でMP4動画の容量を小さくできます。

動画のパラメークをカスタマイズすることがサポートするため、MP4の解像度・ビットレート・フレームレート・コーデックなどを自由に変更することができます。さらに、500種類以上の出力フォーマットがプリセットため、MP4を簡単に他の形式に変換することが可能です。例えば、MP4をMPEGへMP4をMOVへ変換するなど。その上、編集機能も搭載されており、MP4動画をトリミングしたり、MP4動画をクロップ(切り抜き加工)したりすることでMP4をサイズダウンすることも可能です。

上記以外、このソフトは、動画ダウンロード、画面録画、音楽変換、GIF作成など豊富な実用的機能が備わっています。インターフェイスが分かりやすくて、初心者でもカンタンに使用してMP4を軽量化することが可能です。今すぐ無料ダウンロードして体験してみましょう。

無料ダウンロード
無料ダウンロード

MP4サイズダウンソフトでMP4動画の容量を小さくする手順

ステップ1、MP4をサイズダウンソフトに読み込む

MP4サイズダウンソフト「HD Video Converter Factory Pro」を実行し、メイン画面で「変換」をクリックして「ビデオコンバータ」に入ります。

そして「ファイル追加」をクリックして軽量化したいMP4ファイルをインポートします。もしくは、ローカルファイルを選択してMP4をソフトにドラッグアンドドロップします。

次に、下部にある逆三角形アイコンをクリックして出力動画の保存先を設定します。

ステップ2、三つの方法でMP4の容量を小さくする

  • 方法1、MP4の解像度・ビットレート・フレームレートを下げる。

オプション1:クイック設定のスライダーをドラッグして4K、1080Pなどの高い解像度を720P、480Pに変更します。

オプション2:「パラメータ設定」ボタンをクリックして、新しい画面で動画の解像度、フレームレート、ビットレートなどを小さく変更します。

ヒント:パラメータを小さくしすぎないようご注意してください。解像度やビットレートなどが低すぎると、動画の画質が悪くなります。例えば、4K動画をiPhoneに転送する場合、解像度を480Pや720Pではなく、1080Pに下げれば十分です。

  • 方法2、より高い圧縮率のコーデックに変更する。

H.265は圧縮効率が一番高い最新のビデオ圧縮規格であるため、MPEG-4やH.264を使用したMP4をH.265に変換すればMP4を軽量化することが可能です。

プログラムの右側にある「出力フォーマットを選択」下のアイコンをクリックして、「動画」タブで「H265 for MP4」を選択します。

  • 方法3、MP4を短くカットする。

「ビデオコンバータ」インターフェイスで「切り取り」アイコンをクリックします。そして、タイムラインでスライダーをドラッグして必要の部分を選択して、「切り取り」ボタンをクリックしてから「OK」を押して設定を保存します。

ステップ3、MP4のサイズダウンを始める

「ビデオコンバータ」に戻り、右下の「変換」ボタンをクリックしてMP4のサイズを小さくし始めます。

目次
人気記事

「動画圧縮ソフト」動画サイズを縮小する方法

「MP4圧縮フリーソフト」MP4のサイズを圧縮する方法

動画を圧縮するオンラインサイトとより便利な圧縮ツール

MP4サイズダウンだけじゃない!

HD Video Converter Factory ProはMP4の容量を小さくするだけではなく、いろいろな実用的な機能も搭載しております。詳細を見る >

  • 無劣化でMP4のサイズを圧縮、MP4をサイズダウンする。
  • MP3などの音声ファイルのサイズを小さく圧縮する。
  • 1000+の動画共有サイトから動画をダウンロードする。
  • 内蔵の動画編集機能:動画をカット、切り抜き、透かし付け、エフェクトかけ、結合など。
  • 個性的なスマホ着メロを作成する。
  • 動画形式変換、画面録画、GIF作成、写真を動画にする、字幕抽出/追加...
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7...と互換性がある。

後書き

以上は、MP4サイズダウンソフトを利用してMP4の容量を小さくする方法でした。WonderFox HD Video Converter Factory Proを利用すれば、自分の必要に応じて、MP4を自由に軽量化することができます。使い方は簡単で、今すぐ無料ダウンロードして体験してみましょう。

無料ダウンロード
無料ダウンロード
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.