MP4がQuickTimeで再生できない問題を解決する3つの方法

2022/07/14
  • MP4ファイルの形式やコーデックを変換することでQuickTime Playerで再生できない問題を解決
  • ステップ1、QuickTimeで再生できないMP4をソフトに追加
  • ステップ2、出力形式を選択、コーデックを設定
  • ステップ3、QuickTimeで再生できないMP4を変換
時々、MP4動画ファイルがQuickTimeで再生できないエラーが発生することがあるでしょう。QuickTime Playerは強力な動画再生ソフトである一方、MP4は最も汎用性の高いメディアフォーマットの1つなので、QuickTime Playerは一般的に言えばMP4の再生に対応しています。では、なぜMP4がQuickTime Playerで再生できないことが起こるでしょうか?この記事では、MP4がQuickTimeで再生できない理由と、再生できない時の3つの実用的な対処法を紹介しています。ご興味のある方はお読みください。
PS3でDVDを再生iPhoneでFLACを再生Windows8/8.1でDVDを再生

MP4がQuickTimeで再生できない理由

Windows搭載PCを使っても、iPhone/iPad/iMacを使っても、MP4がQuickTime Playerで再生できないエラーが発生することがあるでしょう。ファイル自体が壊れている場合を除き、MP4がQuickTime Playerで再生できない問題は、通常2つの原因によって起こります。

①MP4のコーデックがQuickTime Playerで認識されない。

②MP4ファイルにDRM保護などのコピーガードがかかっている。

次、MP4がQuickTime Playerで再生できない問題を解決する3つの方法を紹介いたします。

MP4コーデック変換でQuickTimeで再生できない問題を解決

ご存知の通り、MP4ファイルは複数のコーデックに対応していますので、QuickTime Playerが対応していないエンコーダでエンコードされた動画/音楽データが含まれている場合、MP4がQuickTime Playerで再生できない可能性があります。その問題を解決するには、QuickTime Playerで再生できないMP4ファイルの動画形式をMOV/MP4/M4Vに変換しながら、動画コーデックをH.264/MPEG-4に、音声コーデックをAAC/MP3に変換すればいいと思います。

ここで推奨したいMP4ファイルの形式やコーデックを変換できるツールは、Windowsシステムでスムーズに動作する初心者向けの強力な動画/音楽変換ソフトWonderFox HD Video Converter Factory Proです。このソフトを使えば、初心者でも4つのステップで動画形式やコーデックを変換できます。グラフィックカードアクセラレーションと独自のデコード・エンコード技術により、変換は非常に高速で、最大限に元画質/音質を維持し、ファイルサイズを圧縮します。MP4以外にも、ほとんどすべての動画/音楽ファイルをMP4/MOV/M4V/WMV/AVI/MKV/HEVC/FLV/WEBM/WAV/MP4/AAC/FLAC/ALAC/M4A/OGG/MP3/AIFFと500以上の動画/音楽形式への変換をサポートします。もちろん、変換中に動画/音声コーデックや解像度/フレームレート/ビットレート/アスペクト比/音量/チャンネルなどのパラメータを変更することも可能です。その他、基本的な動画編集/動画ダウンロード/GIF作成/画面録画など、様々な便利な機能を搭載しています。

MP4がQuickTime Playerで再生できない問題を解決するために、次、MP4ファイルの形式やコーデックを変換する手順を詳しくご紹介します。その前に、WonderFox HD Video Converter Factory Proを無料でダウンロードしてインストールし、お試しください。

無料ダウンロード
無料ダウンロード

ステップ1、QuickTimeで再生できないMP4をソフトに追加

まず、QuickTimeで再生できないMP4ファイルをWindows搭載PCにコピペします。WonderFox HD Video Converter Factory Proを起動し、「変換」ツールを開きます。「ファイル追加」/「フォルダ追加」ボタンをクリックするか、ファイルをソフトにドラッグ&ドロップして、QuickTime Playerで再生できないMP4ファイルを変換ソフトに取り込みます。

ステップ2、出力形式を選択

右の「出力フォーマットを選択」ボタンをクリックすると、出力形式選択画面が表示されます。「動画」カテゴリで、MP4、MOV、M4Vから出力形式を選択します。

ヒント

・MP4、MOV、M4Vの他、500種類以上の動画・音楽形式から出力形式を選択できます。

ステップ3、コーデックを設定

右の「パラメータ設定」ボタンをクリックすると、パラメータ設定画面が表示されます。「動画エンコーダ」をH264/MPEG4に、「オーディオエンコーダ」をAAC/MP3に設定します。

ヒント

・動画/音声エンコーダを変更できるだけでなく、ここで解像度/フレームレート/ビットレート/アスペクト比/音量/チャンネルなどの動画・音楽パラメータを変更することも可能です。

ステップ4、QuickTimeで再生できないMP4を変換

下部にある「▼」ボタンをクリックして出力フォルダを指定します。最後、「変換」ボタンをクリックして、再生できないMP4をQuickTime Playerにサポートされる形式・コーデックに変換します。変換が完了したら、QuickTime Playerを使って出力ファイルを再生してみてください。

目次
人気記事

QuickTimeムービーをMP4に変換

QuickTimeでMOVを再生できない

パワーポイントでMP4が再生できない

多機能動画変換ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory Proを使えば、MP4の形式やコーデックを変換することでMP4がQuickTimeで再生できない問題を解決できるだけでなく、ほぼ全ての動画・音声ファイルをMP4、AVI、MOV、Apple ProRes、MPG、MTS、H264、WMV、MKV、HEVC、DIVX、XVID、MPEG4、WAV、MP3、AC3、AAC、AIFF、FLAC、ALAC、OGG、FLV、SWF、VP9など500+の形式/コーデックへ変換可能、また、YouTube、ニコニコ動画、Facebook、TVer、Twitter、FC2、Gyao!、Dailymotion、bilibiliなど1000以上の動画共有サイトから動画、音楽、字幕をダウンロード、デスクトップ上の操作、ゲーム実況、チャット、映画、ライブ配信などを録画、画像や動画をアニメーションGIFとして作成、動画を編集、パラメータを変更...詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows 11/10/8/7/Vista/...と互換性がある。

まとめ|MP4がQuickTimeで再生できない問題の他の解決方法

MP4の形式やコーデックを変換するという方法以外にも、「K-Liteなどのサードパーティコーデックパッケージをインストール」・「QuickTime Playerで再生できないMP4をVLCなどの他のメディアプレーヤーで再生」などを通してMP4がQuickTimeで再生できない問題を解決する方法があります。それぞれの状況に応じて、自分に合った方法を選択することができます。

以上、MP4がQuickTime Playerで再生できない理由と、再生できない場合の3つの対処法をご紹介しました。お役に立てれば嬉しいです。その中で、MP4をQuickTime Playerが対応している形式/コーデックに変換するという方法が最もおすすめです。もしご興味があれば、動画変換ソフトWonderFox HD Video Converter Factory Proを無料ダウンロードしてインストールし、お試しください。

  • 無料でダウンロード↓↓↓
無料ダウンロード
無料ダウンロード
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.