パワーポイントの埋め込み動画が再生できない原因と対策まとめ

2022/06/27
プレゼンをする際に、何故かPPTに埋め込んだ動画が再生できない不具合が発生してしまいました。プレイヤーを使って動画を正常に再生できたのです。何故パワーポイントでは再生できないでしょう?

パワーポイントの埋め込み動画が再生できない?

パワーポイントを利用してプレゼンを行う際に、我々はよくスライドショーに動画を埋め込みます。動画を埋め込んだスライドショーはより視聴者の目を引けますし、説明力も一段とアップします。しかし、プレゼンを行いますと、パワーポイントの埋め込み動画が再生できない場合があります。その原因は色々あります。ここではパワーポイントの埋め込み動画が再生できない主な四つの原因と其の対策をまとめてみました。パワポで動画を再生できない問題に困っている方はぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい:パワーポイントで「コーデックを使用できません」に対する解決策 | パワーポイントをMP4動画に変換する方法と代替策

パワーポイントの埋め込み動画が再生できない原因1:動画ファイルの破損

PowerPointで動画を再生できない問題が発生した場合、まずはその動画ファイルが破損したではないかと推測されます。インターネットから動画をダウンロードする際に、ネット接続の具合によって、ダウンロードした動画ファイルが破損する場合があります。また、動画作成ツールを利用して自分でプレゼン動画を作る場合、仕上げた動画を出力する際に、不適切な操作やパソコンの不具合などによって、動画が破損する可能性もあります。破損した動画だから、当然パワポで再生できないでしょう。この場合の解決策として、データ修復ツールを利用してパワーポイントで再生できない動画ファイルを修復してみてください。

パワーポイントの埋め込み動画が再生できない原因2:動画の移動と削除

動画は二つの形でパワポに埋め込めます。一つはリンクとして埋め込み、もう一つは動画ファイルを直接埋め込みます。リンクで動画をパワポに挿入した後、元の動画ファイルが移動または削除された場合、PowerPointの動画リンクは無効になり、動画を再生できない問題が発生します。動画ファイルを直接パワポに埋め込めば、この問題を避けられます。手順は次になります。

①「挿入」タブの「メディア」セクションから「ビデオ」>「このコンピューター上のビデオ」をクリックし、ファイルブラウザを開きます。

②パワーポイントで再生したい動画ファイルを選択して下の「挿入」ボタンをクリックします。

ご注意:動画ファイルを挿入したPPTファイルはサイズがかなり大きくなり、開くのに時間がかかる場合があります。ファイルサイズの対処は原因4の対策をご参考いただけます。

パワーポイントの埋め込み動画が再生できない原因3:非対応の動画形式

パワーポイントで再生できる動画形式はASF、AVI、MP4、M4V、MOV、MPG(MPEG)、WMVになります。これらの形式以外の動画ファイルを挿入した場合、パワーポイントで動画を再生できない問題が発生するかもしれません。対策として動画ファイルをパワーポイントのサポート形式に変換することができます。ここではWonderFox HD Video Converter Factory Proというプロの動画変換ソフトを利用してパワーポイントで再生できない動画の形式を変換する方法を紹介します。

①WonderFox HD Video Converter Factory Proを無料ダウンロード無料ダウンロードしてインストールします。

②ソフトを実行し、メイン画面で「変換」機能を選択します。

③「ビデオコンバータ」画面で「ファイル追加」をクリックしてパワポで再生できない動画ファイルを選択してソフトに追加します。

④画面右側の形式アイコンをクリックして出力形式リストを開き、「動画」カテゴリからパワポで再生できる動画形式を一つ選択します。

⑤「変換」をクリックしてPowerPointで再生できない動画の形式を変換します。

⑥フォルダのアイコンをクリックして出力された動画を確認できます。それを再度パワポに挿入すれば、非対応動画形式に起因するパワーポイントの埋め込み動画が再生できない問題を解決できます。

補足:WonderFox HD Video Converter Factory Proは音声ファイルの形式変換もサポートしており、パワーポイントで音声を再生できない問題が発生した場合もお役に立てます。

パワーポイントの埋め込み動画が再生できない原因4:動画が重すぎる

パワポは動画再生ソフトではありませんから、動画再生機能にはそれなりの制限があります。ビットレートやフレームレートの高い動画、またはファイルサイズの大きい動画をパワポで再生しますと、パワポがデータの処理に追いつかず、結果的には再生できない問題が発生します。WonderFox HD Video Converter Factory Proは動画のパラメータを変更したりファイルサイズを圧縮したりすることもできますので、ここではこのソフトを利用してパワポで再生できない重い動画を軽くする方法を紹介します。

まずは上記原因3の処理手順①~④に沿ってパワーポイントで再生できない動画ファイルをソフトに読み込み、出力形式を設定します。

⑤「パラメータ設定」をクリックして新しい画面を開きます。

⑥「ビットレート」と「フレームレート」のドロップダウンリストから低い値を選択して「Ok」をクリックします。

⑦ビットレートとフレームレートを下げることによって動画のファイルサイズも小さくなりますが、依然として大きすぎる場合、「バッチ圧縮」をクリックしてファイルサイズをさらに圧縮できます。

⑧「変換」ボタンをクリックして処理後の動画ファイルを出力します。

ヒント:上記の処理によって動画を挿入したPPTファイルのサイズが大きすぎる問題も解決されます。

あわせて読みたい:MP4のビットレートを下げる | MP4のフレームレートを変更する | MP4のサイズを圧縮する

目次
人気記事

スマホで動画が再生されない問題の解決策を紹介

4K/UHD動画を再生するには?再生できない問題を徹底解決

エラー解消!MP4動画をテレビで再生する方法

いろんな問題に対処する動画変換ソフト

パワーポイントで動画/音声を再生できない?WonderFox HD Video Converter Factory Proを利用して簡単に動画/音声の形式をパワーポイントで再生できる形式に変換できます。他に動画のファイルサイズを圧縮することによって動画を挿入したPPTファイルを軽くすることもできます。インターネットから動画をダウンロードしてパワーポイントに埋め込みたい場合はこのソフトの「ダウンロード」機能をご利用いただけます。パワーポイントを動画に変換したい場合はこのソフトの「録画」機能をご利用いただけます。詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7以前と互換性がある。

後書き

今回はパワーポイントの埋め込み動画が再生できない四つの原因と対策を紹介させて頂きました。お役に立てますと幸いです。

WonderFox HD Video Converter Factory Proを利用して動画を挿入したPPTファイルのサイズが大きい問題および非対応動画形式・動画サイズなどに起因するパワポで動画を再生できない問題を簡単に解決できます。ニーズのある方はぜひこのソフトを使ってみてください!

無料体験はこちら ↓

無料ダウンロード
無料ダウンロード
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.