GoProで撮ったMP4が再生できない原因と対策

2022/10/10

  • 動画変換でGoProで撮ったMP4が再生できない問題を解決 >>
  • ステップ1、再生できないGoProのMP4動画を読み込む
  • ステップ2、出力形式とパラメータの設定
  • ステップ3、再生できないGoProのMP4動画を変換
GoProで撮影した4KのMP4動画を再生するとカクカクしてスムーズに再生できないんです。原因は何でしょう?また対処法も教えてください。
GoProで撮ったMP4を再生できないです!ファイルが破損していないのに、音声だけが流れて、画面は真っ黒です。対策はありませんか?

GoProで撮ったMP4が再生できない原因

GoProカメラで撮影したMP4動画をスマホやパソコンなどで再生すると、時々画面が出ない、カクカクしてスムーズに再生できない等の問題が発生します。動画ファイルが破損していない前提で、GoProで撮ったMP4が正常に再生できない原因は大まかに動画コーデックと動画仕様の二つの方向で考えられます。

GoProで撮ったMP4が再生できない原因1:動画コーデック

GoProで撮影したMP4動画はHEVC(H.265)コーデックで圧縮される場合があります。現在一番先端のコーデックの一つとして、HEVCはH.264等に比べてより少ないデータ量で同レベルの画質を保存できます。しかし、まだ完全に普及されていないため、HEVCをサポートしないプレイヤーもあり、このようなプレイヤーではGoProのMP4動画を再生できないです。また、開くことはできますが、音声だけが出て、映像が映らない問題も発生する可能性があります。一方、動画コーデックの圧縮率が高いほど、デコードする際にCPUにかける負担も重くなりますから、低スペックのデバイスでGoProのHEVC MP4を再生すると、カクカクして正常に再生できない問題が発生する場合があります。

GoProで撮ったMP4が再生できない原因2:動画仕様

コーデックも動画仕様の一つですが、ここで言う動画仕様は動画の解像度とフレームレート、ビットレートの3パラメータを指します。上記コーデックに起因するカクカクはアルゴリズムの複雑さが根本的原因と言いますと、この3パラメータに起因するGoProで撮ったMP4がカクカクしてスムーズに再生できない問題は計算するデータ量が多すぎるのが原因と言えます。例えば、4KのMP4とか、120fpsや120MbpsのMP4とか、低スペックのデバイスではこのようなMP4の膨大なデータ量の処理に追いつかず、結果的にGoProのMP4が正常に再生できない問題が発生します。

では、GoProで撮ったMP4を再生できない、GoProの4K動画を再生するとカクカクする等の問題が発生した場合はどうすればいいですか?次のパートを読んでみましょう!

あわせて読みたい:MP4動画の音が出ない四つの原因と対策MP4の映像が出ない原因と対処法まとめ

動画変換でGoProで撮ったMP4が再生できない問題を解決

上記で紹介した原因に基づいて、GoProで撮影したMP4が再生できない問題を解決する一番簡単な方法はMP4動画のコーデックやパラメータを変換することです。HEVCコーデックをH264やMPEG4等完全に普及されているコーデックに変換しておけば、GoPro MP4が再生できない問題を解決でき、解像度やフレームレート、ビットレートを下げることによってGoProのMP4動画を再生する際のカクカク現象を解消できます。

ここでオススメしたいのはWonderFox HD Video Converter Factory Proという動画変換ソフトです。わずかなステップだけで簡単に動画のコーデックや解像度等を変換してGoProで撮ったMP4が再生できない問題を解決することができます。そして分割されたGoPro動画を結合したり、GoPro動画を圧縮したりすることも対応します。

WonderFox HD Video Converter Factory Proを利用してGoProで撮ったMP4が正常に再生できない問題を解決する手順は下記をご参考いただけます。

WonderFox HD Video Converter Factory Proを無料体験 >>WonderFox HD Video Converter Factory Proを無料体験 >>

ステップ1、再生できないGoProのMP4動画を読み込む

WonderFox HD Video Converter Factory Proを実行し、最初の画面で「変換」機能を選択します。

「ビデオコンバータ」画面で「ファイル追加」ボタンをクリックして正常に再生できないGoProのMP4動画をソフトに読み込みます。

ヒント:バッチ変換をサポートしますので、複数のGoPro MP4動画を一括変換することができます。

ステップ2、出力形式とパラメータの設定

画面右側の形式アイコンをクリックして出力形式リストを開き、「動画」カテゴリからMP4を選択します。もちろん、このソフトを利用して再生できないGoProのMP4動画を他の形式に変換することも可能です。

「パラメータ設定」ボタンをクリックして新しい画面を開きます。

「動画パラメータの設定」セクションにある「エンコーダ」のドロップダウンリストからMPEG4又はH264を選択します。そして必要に応じて動画の解像度やフレームレート、ビットレート等を比較的低い値に設定します。

動画パラメータの他、「オーディオパラメータの設定」セクションでMP4の音量やチャンネル等の音声パラメータをカスタマイズすることも可能です。

ステップ3、再生できないGoProのMP4動画を変換

出力フォルダ欄の「▼」アイコンをクリックして新しいMP4動画の保存先を設定します。最後に「変換」ボタンをクリックし、動画変換を通じてGoProで撮ったMP4動画が再生できない、カクカクする等の問題を解決します。

最後に「変換」ボタンをクリックし、動画変換を通じてGoProで撮ったMP4動画が再生できない、カクカクする等の問題を解決します。

あわせて読みたい:MP4が再生できない場合の対処法(Windows10向け)MP4動画をスマホ用に変換する方法!

目次
人気記事

PCでH.265(HEVC)を再生する方法

エラー解消!MP4動画をテレビで再生する方法

パワーポイントでMP4が再生できない理由と対処法

簡単に動画の再生問題を解決!

GoProで撮ったMP4が再生できない?4K動画がカクカクしてスムーズに再生できない?iPhoneでWMV動画を開けない?早速最強のWindows向け動画変換ソフトWonderFox HD Video Converter Factory Proを使ってみましょう。動画の形式やコーデックを変換することによって動画再生時の非互換性問題を簡単に解決できます。そして、動画の解像度やフレームレート、ビットレート等のパラメータを下げることによって動画再生時のカクカク現象も解決できます。詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7以前と互換性がある。

後書き

以上、GoProで撮ったMP4が再生できない、GoProの4K動画等を再生するとカクカクしてスムーズに再生できない等の問題が発生する原因とその対策を紹介させて頂きました。お役に立てますと幸いです。

GoProで撮影したMP4が正常に再生できない問題に困っているなら、ぜひWonderFox HD Video Converter Factory Proをインストールして無料体験してみてください。

無料ダウンロード
無料ダウンロード
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.