動画がカクカクする原因と対策まとめ

2022/10/13
  • 動画変換でMP4等の動画ファイル再生時のカクカク現象を解決 >>
  • ステップ1、カクカクする動画をソフトに読み込む
  • ステップ2、カクカクする動画のパラメータ変更
  • ステップ3、動画変換でカクカク現象を改善
  • *ダウンロードを通じてYouTube動画等のカクカク問題も解決可能
Windows10パソコンで高画質動画を再生する際にカクカクする原因は何でしょう?パソコンが古すぎるからでしょうか?
YouTube動画がカクカクしてスムーズに再生できないです。何かいい対策を教えてください。
4KのMP4動画がカクカクする場合はどうすれば改善できますか?

動画再生時にカクカクする原因まとめ

4K/8Kの高画質動画、又はYouTube等のオンライン動画がカクカクしてスムーズに再生できない問題に遭ったことがありませんか?また、普通のMP4動画もカクカクしてしまう場合があると思います。ここでは動画再生時にカクカクする原因を動画ファイルとオンライン動画別でご紹介します。

MP4等の動画ファイルがカクカクする原因

動画コーデック:動画コーデックというものは圧縮率が高いほど、デコードのプロセスがCPUにかける負担も重くなります。計算能力の弱いデバイスでH265やVP9、AV1等の高度な動画コーデックを使用した動画を再生すると、CPUがその負担を消化することができず、それで動画がカクカクしてしまいます。

動画パラメータ:解像度やフレームレート、ビットレートの高い動画ファイルもカクカクする可能性があります。こちらも低スペックのデバイスで発生する確率が高いです。既にお気づきかもしれませんが、この3パラメータは何れも動画のデータ量を決める重要なパラメータです。動画のデータ量が多すぎると、CPUがデータを処理し終わるまで動画は次のフレーム、次のシーンへ進むことができないから、動画再生時のカクカク現象が発生します。4K/8Kの高解像度動画のカクカク、120fpsや120Mbpsの高画質動画のカクカクが発生する原因は何れもこれにあたります。

あわせて読みたい:GoProで撮ったMP4が再生できない原因と対策

YouTube等のオンライン動画がカクカクする原因

YouTube等のオンライン動画がカクカクする一番可能性の高い原因は言うまでもなく、ネット接続の具合が悪いからです。オンライン動画は普通データをダウンロードしながら視聴しますから、ネット接続が円滑でない場合、データのダウンロードが間に合わず、新しいデータがないから、動画は既に映した画面に止まり、動画のカクカク現象として表現されます。

MP4等の動画ファイルがカクカクする問題の対策:動画変換

MP4等の動画ファイルがカクカクする問題が発生した場合、最も簡単な対策は動画を変換することです。H265やVP9、AV1等の高度な動画コーデックをH264等に変換することで、デコードする際にCPUにかける負担を軽くすることができます。動画の解像度やフレームレート、ビットレートを下げてデータ量を減らすことで高解像度/高画質動画のカクカク現象を解消できます。

ここではWonderFox HD Video Converter Factory ProというWindows向けの強力な動画変換ソフトをお薦めします。ほぼ全ての動画コンテナ形式とコーデックをサポートし、簡単かつ迅速に動画のコーデックを変換したり、解像度、ビットレート、フレームレート等のパラメータを調整したりすることができます。このソフトを利用してMP4等の動画がカクカクする現象を改善する手順は下記になります。

動画ファイル再生時のカクカク現象を改善する手順を読む前に、まずは準備としてWonderFox HD Video Converter Factory Proをお使いのWindowsパソコンに無料ダウンロード無料ダウンロードしてインストールしておきましょう。

ステップ1、カクカクする動画をソフトに読み込む

WonderFox HD Video Converter Factory Proを実行し、五つのメイン機能から「変換」を選択します。

次の画面で「ファイル追加」ボタンをクリックしてカクカクする動画ファイルをソフトに読み込みます。

ステップ2、カクカクする動画のパラメータ変更

画面右側の形式アイコンをクリックして出力形式リストを開き、「動画」カテゴリからMP4等の動画形式を選択します。

「パラメータ設定」ボタンをクリックして新しい画面を開きます。

「動画パラメータの設定」セクションの「エンコーダ」ドロップダウンリストからH264やMPEG4等、現在主流の動画コーデックを選択します。

必要に応じて動画の解像度やフレームレート、ビットレートを比較的低い値に設定します。

ステップ3、動画変換でカクカク現象を改善

出力フォルダ欄の逆三角アイコンをクリックして新しい動画ファイルの保存先を設定します。

最後に「変換」ボタンをクリックし、動画変換を通じてMP4等の動画ファイル再生時のカクカク現象を改善します。

あわせて読みたい:4K動画をHDのMP4に変換する方法ビットレートを変換する方法フレームレートを変換する方法

YouTube等のオンライン動画がカクカクする問題の対策:動画ダウンロード

YouTube動画等がカクカクする問題を解決する一番効果的な対策は動画をダウンロードしてオフラインで再生することです。WonderFox HD Video Converter Factory ProにはYouTube等1000以上のサイトから最高画質8Kの動画をダウンロードできる「ダウンロード」機能も搭載されていますから、次にこの機能を利用してYouTube等のオンライン動画再生時のカクカク現象を改善する方法を説明します。

ソフトを起動し、メイン画面で「ダウンロード」機能を選択 >> 「+新しいダウンロード」ボタンをクリック >> カクカクするYouTube動画等のURLをコピー >> ソフトに戻って「貼り付けと分析」をクリック >> 分析が終わったら動画ソースを選択し、下の「Ok」をクリック >> 「▼」アイコンをクリックしてダウンロードした動画の保存先を設定 >> 「ダウンロードを開始」ボタンをクリックし、カクカクするオンライン動画をダウンロードしてオフライン再生。

あわせて読みたい:YouTube動画をオフライン再生する方法

目次
人気記事

4K/UHD動画を再生するには?再生できない問題を徹底解決

エラー解消!MP4動画をテレビで再生する方法

iPadでMP4再生できない?原因と解決策!

簡単に動画再生時のカクカク現象を解決

WonderFox HD Video Converter Factory Proは動画再生に関する問題をオールインワンで解決できるソフトです。動画のエンコーダやフレームレート、ビットレート、解像度等を変換することによって高画質動画を再生時に発生するカクカク現象を簡単に解決できます。そしてYouTube動画等を再生時に発生するカクカク現象も動画をダウンロードしてオフラインで再生することで解決できます。ほかに、互換性のために動画を再生できない場合、動画を500以上の形式&デバイスに変換することもできます。動画再生の他、PCの録画/録音、GIF作成、スライドショー作成等のソリューションも提供しております。詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7以前と互換性がある。 詳細を見る >

後書き

今回は動画再生時にカクカクする原因と対策を紹介させて頂きました。お役に立てますと幸いです。簡潔に言いますと、MP4等の動画ファイル再生時のカクカクを改善するには動画変換、YouTube等のオンライン動画再生時のカクカクを改善するには動画ダウンロードが最適な対策です。そしてWonderFox HD Video Converter Factory Proには動画/音楽を500以上の形式&デバイスに変換できる「変換」機能とYouTube等1000以上のサイトから動画/音楽をダウンロードできる「ダウンロード」機能が搭載されており、ほぼ全ての動画再生時のカクカク現象を改善できます。今すぐインストールして無料体験してみましょう!

無料ダウンロード
無料ダウンロード
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.