動画フレームレートの基礎知識とフレームレートを変換する方法

2021/10/28

フレームレートとは

フレームレート(fps)とは、単位時間あたりに処理しているフレーム(コマ)の数を示す単位で、動画の滑らかさを決めます。簡単に言えば、1秒間の動画が何枚の画像で構成されているかを示します。

フレームレートの主な規格

防犯カメラ・監視カメラ:5fps
テレビやDVD:30fps
4K・8KテレビやDVD:60fps

30fpsあれば多くの映像が自然な動きに見えるので、ウエブ上の動画などでは30fpsが主流です。

以下では、フレームレートによる画面効果と滑らかさの違いを紹介します。

2fps - 1秒間に2枚の画像のみ表示されるので、画像全体の表示速度が非常に速く、飛び跳ねるような感じがします。

10fps - 1秒間に10枚の画像を表示し、全体の画像効果は比較的滑らかです。

フレームレートは動画ファイルのサイズに影響しますので、フレームレートが高いほどファイルは大きくなります。かなり滑らかに見える場合、フレームレートをわざと高く設定しなくてもよいです。

最高のFPS変換ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory Proは最高の動画変換ソフトで、動画のフレームレートを簡単に変更して、より良い視聴体験を実現できます。また、動画の解像度、エンコーダ、ビットレート、アスペクト比などの変更もサポートし、動画サイズの圧縮、動画編集(カット・結合・クロップ・回転など)などもできます。 詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows10/8.1/8/7以前と互換性がある。 詳細を見る >

動画のフレームレートを変換する方法

はじめる前に、WonderFox HD Video Converter Factory ProをPCに無料ダウンロード 無料ダウンロード します。

ステップ1、動画をソフトに追加

ソフトを起動し、「変換」を開き、「ファイル追加」をクリックして、動画をソフトに追加します。

「ファイル情報」ボタンをクリックすれば、動画ファイルのフレームレートなどの数値を確認できます。

出力には形式を選択する必要あるので、右の「出力フォーマットを選択」をクリックして、希望の動画形式を選択します。変更したくない場合、元の映像と同じフォーマットを選択すればいいです。

ステップ2、動画のフレームレートを変更

「パラメータ設定」ボタンをクリックして、希望のフレームレートを選択します。右側でフレームレート数値を手動で入力することもできます。次に、「OK」ボタンをクリックします。

ヒント:動画の解像度エンコーダ、ビットレート、アスペクト比、動画音量などもここから変更できます。

ステップ3、出力先を選択、変換を開始

画面の下にある小さい「▾」をクリックし、出力先を決めます。

最後に、画面右下にある「変換」をクリックします。

目次
人気記事

ビットレートとは?ビットレートを変換する方法

MP4のサイズを圧縮する方法(PC・スマホ・オンライン)

無料でMP4またはYouTubeから音声を抽出する方法

フレームレート変換以外のおすすめ機能

Wonderfox HD Video Converter Factory Proは、簡単に動画フレームレートを調整し、変換速度は最大50倍加速でき、圧縮率も高い。詳細を見る >

  • 動画&音声を500以上のフォーマットとデバイスに変換。
  • 300以上のオンラインサイトから動画&音楽をダウンロード。
  • 動画編集・画面録画・GIF作成などの機能も搭載。
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows10/8.1/8/7以前と互換性がある。 詳細を見る >

まとめ

以上はフレームレートに関するご紹介でした。必要に応じてフレームレートを上げ、下げましょう。WonderFox HD Video Converter Factory Proを使えば、簡単に動画フレームレート変換できるし、動画画質を上げたり、サイズを圧縮したりすることができます。しかも、広告なし、安全!

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.