【WebM圧縮】WebM動画を圧縮する簡単方法

WebM動画を読み込む時やアップロードする時、ファイルサイズが大きすぎたせいでかなりの時間がかかる場合があります。本文ではこの問題を解決するためにWebM動画のサイズを圧縮する方法を紹介します。

あやせ | 2021/12/30

ステップ1.WebMファイルをソフトに追加

ステップ2.出力形式にWebMを選択

ステップ3.サイズ関連のパラメータを変更

ステップ4.別のソリューションでWebM動画を圧縮

ステップ5.圧縮開始

WebMとは?なぜWebMを圧縮?

WebMはGoogleによって提案されたオープンで無料のメディアコンテナです。Matroska、つまりMKVコンテナをベースに開発された形式であり、ビデオコーデックとしてVP8、VP9、AV1をサポートし、オーディオコーデックとしてVorbis、Opusをサポートします。誰もが利用できる高品質でオープンなネットワークビデオ形式を開発する、というのがWebMプロジェクトの目的です。Googleによると、WebM形式は効率が高く、タブレット、ハンドヘルドデバイスなどでスムーズに再生できます。

言うまでもなくWebMはなかなかの人気形式ですが、帯域幅を節約し、より速い読み込み速度とアップロード速度を実現するためにWebM形式の動画を圧縮する必要がある場合もあります。また、保存にかかるスペースを削減するにも、WebM動画のサイズを縮小するのがいい選択です。そこで今回は、品質を維持しながらWebM動画のサイズを縮小する簡単方法を紹介したいと思います。プロの動画圧縮ソフト、WonderFoxHD Video Converter Factory Proをオススメします。

あわせて読みたい:WAVファイルを圧縮 | MOVファイルを圧縮 | AVIファイルを圧縮

プロの動画圧縮ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory Proは品質を最大限に維持しながらWebM、MP4、MKV等の動画を圧縮する最も直接的かつ効果的なソリューションを提供します。このソフトを使えば、動画の読み込み速度&アップロード速度をアップさせ、保存スペースを削減することができます。

動画圧縮ソフトのオススメ

迅速かつ効果的な操作で満足のいく結果を得るためには、WonderFox HD Video Converter Factory Proが一番いい選択だと思います。ビデオコンプレッサーの圧縮設定を通じて最も簡単な方法で動画を圧縮します。動画パラメータについて詳しくない方でも手軽に使えます。また、動画のコーデック変更や解像度調整ビットレート調整フレームレート調整等を通じてファイルサイズを小さくすることもできます。WebM動画に限らず、MP4、MKV、AVI等あらゆる形式の動画の圧縮ができます。

WebM動画を圧縮する手順

準備:始める前に、まずはこのWebM動画圧縮ソフトを無料ダウンロード無料ダウンロードしてインストールしてください。

ステップ1.WebMファイルをソフトに追加

WonderFox HD Video Converter Factory Proを実行し、メインインターフェースで「変換」を選択します。「ファイル追加」もしくは「フォルダ追加」をクリックして圧縮したいWebM動画をソフトに追加します。直接ファイルをドラッグアンドドロップしてもオーケーです。

ヒント:このソフトに搭載されているバッチ処理モードを活用して複数のWebM動画を一括的に圧縮できます。

ステップ2.出力形式にWebMを選択

右側の形式アイコンをクリックして500種類以上の形式&デバイスが表示されているリストを開き、「ウェブ」セクションから「WebM」を選択します。

ご覧の通り、WonderFox HD Video Converter Factory ProはYouTube、Facebook、Yahoo等の動画共有サイトに特化したプリセットを提供しており、これらのサイトに動画を共有したいなら、相応なプリセットを選択すればいいです。

ステップ3.サイズ関連のパラメータを変更

「パラメータ設定」をクリックして新しいウィンドウを開きます。「動画のパラメータ設定」セクションで動画のファイルサイズを影響するフレームレート、解像度、ビットレートを調整することができます。また、「エンコーダ」のドロップダウンリストからVP9を出力コーデックとして選択することもサイズ圧縮の有効手段です。VP8の後継としてVP9はVP8動画に対して同じ品質を維持しながらファイルサイズを半分にすることができます。パラメータを調整した後は「Ok」をクリックして変更を保存してください。

ステップ4.別のソリューションでWebM動画を圧縮

パラメータ調整の他、WonderFox HD Video Converter Factory Proは別のシンプルで分かりやすいソリューションも提供しています。インターフェースの下にある「バッチ圧縮」というボタンをクリックして0%~100%の圧縮率を調整するだけでいいです。圧縮率の変化に従って出力ファイルの推定サイズも変化しますので参考になれます。

さらに、WebM動画から不要な部分を切り取ることによって、ファイルサイズを小さくすることもできます。切り取りの他、回転、クロップなど、WebM動画を簡単編集することもできます。

ステップ5.圧縮開始

最後は出力フォルダ欄の「▼」をクリックして出力フォルダを指定し、「変換」をクリックしてWebM動画の圧縮プロセスを始めます。

あとがき

デスクアプリケーションを利用する他、オンラインでWebM動画を圧縮することもできます。これらのWebM動画圧縮サイトはインストール必要もなく、なかなか便利ですが、たくさんの広告が掲載されていて、クリックすると不要なソフトをインストールさせられてしまう可能性があります。やはりより迅速かつ安全、安定的にWebM動画を圧縮できるWonderFox HD Video Converter Factory Proのほうがいいと思います。

単なる動画圧縮ソフトではない!

WonderFox HD Video Converter Factory Proは動画圧縮の他、動画&音楽の形式を変換したり、YouTube等の動画共有サイトから動画&音楽をダウンロードしたりすることもできます。さらに、録画、GIF作成、ツールボックスなどいろいろの役に立つ機能も利用できます。

マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved