[無料で無制限!]簡便にMTSをMP4に変換する方法

Q:「MTS動画ファイルをMP4に変換するには、どのようにすればいいのでしょうか?」

Q:「12分くらいのMTSファイルを、HandBrakeを使ってMP4に変換したら、なぜか4分しか変換されませんでした。何度やっても4分だったのですが、解決策はありますでしょうか?もしくは他おすすめアプリありますでしょうか?」

Q:「.mtsの動画を.mp4に変換できる良いフリーソフトはありますか?自分でも調べたのですが、フリー版では制限があり、5分程度しか変換できません。」

確かにインターネットにまつわる関連技術の凄まじい発展により、今や動画形式を変換するツールなどぎょうさんあるが、本当に無料で且つ使用時間に制限がかけられていないものはそう多くはないようです。しかも、変換後のものが普通に再生できなくなったり、変換の途中で失敗したりするようなツールも決して少なくありません。

今回は筆者の使用経験に基づいて、本当に無料で如何なる制限もかけられていないフリーソフトといくつか便利なオンラインサイトをご紹介します。

元サヤ | 2021/05/19

MTSについて

MP4について

MTSとMP4の違い

MTSをMP4に変換する方法

フリーソフト

オンラインサイト

後書き

MTSとは

.mtsとはソニー、パナソニックにとって共同開発された両社のデジタルカメラが撮った動画の規格であるAVCHD(Advanced Video Coding High Definition)の拡張子です。

MTSという動画形式は高解像度デジタルビデオに対応できるよう特別にデザインされていて、MPEG4やH.264等の先端的技術を用いられたエンコードにも対応できるうえ、720および1080HDの動画もサポートします。

また、MTSという形式は録画した後、動画編集するなどの用途では高精細なデータを劣化させることなく取り扱えるといったメリットがあるとされていますが、データが高精細であるがゆえに、ファイルサイズもその分大きくなってしましいます。

ちなみに、MTSファイルは互換性の問題で、MTSの再生や編集に対応できるツールはどのOSにおいてもそう多くありません。MTSを編集・再生したく思い、無理やりMTSをサポートしていないツールに入れた場合はエラー表示が出てくる可能性はかなり高いです。

通常の場合、MTSファイルはそのまま保存していくようなものではなく、DVDやブルーレイなどといったディスクに書き込んで保存するとか、またはMP4など別の動画フォーマットに変換(エンコード)するなどの方法でサイズを圧縮してから保存するのが普通です。

人気記事:VOBをMP4にMOVをMP4にWMVをMP4に

MTSを無劣化でMP4に変換

Free HD Video Converter Factory

このソフトを使えば、僅か三ステップでMTSをMP4に変換できるうえ、変換したファイルの解像度を変えたり、動画にエフェクトかけたりすることも簡単にできます。

MP4とは

MP4とはMPEG (Moving Picture Experts Group)という映像を圧縮する際に用いられる標準規格を策定し、映像を圧縮してデータ化することに専念しているグループによって定められた圧縮の国際規格の一つです。

その特徴としては携帯電話、デジカメ等のモバイルデバイスで幅広く利用されている動画規格で、圧縮効率が高いうえ圧縮した動画のサイズも元のファイルサイズよりかなり小さいです。そのファイルの拡張子は通常.MP4とされていますが、他にも.m4v、.m4p等があります。

MP4の特徴

・汎用性が高く、凡ゆる端末・メディアプレーヤーに対応できます

・圧縮率も高く、MP4に対応できる「H.265」というコーデックを使った場合は、元のファイルサイズを1/10ぐらいに圧縮できるが、その分画質も落ちます

MTSとMP4の違い

先ほどのパートで、MTSとMP4という二つの形式の概念や特徴について別々にご紹介しましたが、このパートではMTSとMP4を合わせてそれぞれの利点と欠点を見てみましょう。

まずは汎用性の面

何れのOSにおいてもMP4に対応できるツールは殆どないと言えるでしょう。MP4は開発されて以来、編集しやすい形式として様々な場合で利用されてきました。

それに対し、ソニー、パナソニックによって開発された高解像度用の動画形式であるMTSは、ファイルサイズが大きいだけに保存には向いていません。更に、Windows OSはそれなりにMTSファイルに対応できるツールはあるが、IOSにはMTSをサポートしているツールは少ないです。

サポートできる解像度及びファイルサイズ

元々は高解像度の動画を撮れるデジカメに対応できるよう作られたMTSは、720pはもちろんとして、1080のようなブルーレイディスクにも対応できます。

その一方、MP4は高圧縮率であるために、ファイルサイズをかなり小さくできるが、その分の画質も落ちてしまいます。

つまり、高解像度の動画を編集する際には、ファイルサイズが大きいというデメリットをスルーできれば、MTSを選んだほうが良いというのに対して、画質は劣ってもサイズが小さければいい又はどんなメディアプレーヤーでも気軽に動画を再生したいという考えの方はやはりMTSよりMP4を選んだ方が良策でしょう。

MTSをMP4に変換する方法

色々理論上のことについて話しましたが、肝心な動画MTSをMP4に変換する方法についてはまだ言ってませんでしたね。

最初のパートでもご説明した通りに、その気になれば動画形式を変換できるツールなどいくらでも見つけられますが、本当に使い勝手の良いものは決して多くありません。

なので、このパートでホントに便利で且つ簡単な操作でMTSをMP4に変換できるツールをご紹介します。

フリーソフト

Free HD Video Converter Factory

このソフトにはMP4を始め、AVI、MKV、WMVの様な主流形式を含んだ500以上の動画形式がプリセットされているばかりでなく、動画の長さを切り取ったり、解像度を調整したりする様な動画の編集機能も備わっています。

また、最初の質問で出てきた「変換が失敗」「使用時間又は追加できるファイルのサイズに制限あり」等の問題は一切ないうえ、シンプルなインターフェースなので、動画編集に詳しいプロの方でなくても、簡単な操作でMTSをMP4に変換できます。

無料ダウンロード

Windows向け

100%安全&安心

無料ダウンロード

三ステップでMTSをMP4に変換する手順

Free HD Video Converter FactoryFree HD Video Converter Factoryをインストールして、動画の形式変換を試してみましょう。

ステップ 1 MTSの動画ファイルをソフトに追加

・ソフトを立ち上げます

・最初の画面で「変換」をクリックします

・次の画面で「ファイル追加」もしくは「フォルダ追加」をクリックします

ステップ 2  MP4を出力形式に設定

・ファイルが追加されたら、画面の右側で「MP4」、又は「AVI」等のようなファイル形式が表示されている四角い枠をクリックします

・次の画面で「動画」をクリックします

・「動画」のカテゴリーで「MP4」をクリックします

PS:MP4の他に、AVI、WMVなどの形式もプリセットされているので、好みの形式にもしくはお持ちの携帯デバイスと同じ形式に直接変換することも可能です。更に、このステップで出力フォーマットを「MP4」に設定したら、「パラメータ設定」の画面でエンコードや解像度等のパラメータ数値を変えたりすればMTSを無劣化でMP4に変換できます

ちなみに、同じ手順でほかの形式をMTSに変換することもできます。

ステップ 3 出力フォルダーを選択 変換開始

・画面の下で「」をクリックします

・出力先を選択したら、「OK」をクリックします

・青色の「変換」ボタンをクリックします

変換速度はネットの状況やエンコードの違いにより影響されます、サイズが200MB辺りのMTSファイルなら、1分間程度でMP4に変換できます。

変換後のファイルをもう一度このソフトに追加し「再生ボタン」をクリックすれば変換したファイルを再生できます。

PS:このステップを終えて、ソフトの編集機能を使えば動画の長さを切り取ったりエフェクトをかけたりすることも自由に行えます。

VLC Media Player

元々動画・音声ファイルを手軽に再生できるメディアプレーヤーとしてヨーロッパ圏だけで利用されていたが、動画・音楽形式の変換機能が搭載されてから、ヨーロッパ圏だけでなく今は日本でもかなり人気があります。

変換速度はFree HD Video Converter Factoryよりやや劣り、そして出力できる形式もそう多くはないですが、変換が失敗したりなんならの制限がかけられていたりする様なことはありません。

ここで例としてMTSをMP4に変換する手順をご紹介します。

VLCの公式サイト:https://www.videolan.org/vlc/index.ja.html

変換手順は下記となります

・公式サイトにアクセスしVLCをPCにインストールします

・インストール済みのVLCを立ち上げます(黄色い円錐型のアイコンがVLCです)

・画面の上の方にあるツールバーで「メディア」をクリックします

・「メディア」のプルダウンメニューで「変換/保存(R)」をクリックします

・次の画面の「ファイル(F)」のカテゴリーで「+追加」をクリックしてMTSファイルを追加します(複数の動画ファイルを同時に追加可能)

・ファイルを追加したら、画面の下にある「変換/保存(o)」をクリックします

・次の画面の「プロファイル」のプルダウンメニューで「Video-H.264(又はH.265)+MP3(MP4)」を選択します

PS:エンコード等のパラメータ数値を調整したい場合は、プロフィール選択の右にあるレンチの様なアイコンをクリックして、次の画面へ進んだらビデオコーデックのカテゴリーで動画のエンコードを調整できます、調整したら「保存」をクリックします

・最後に「参照」をクリックし、出力先を選択(複数のファイルが追加された場合、変換したファイルは元のファイルが保存された場所と同じフォルダーに保存されます)

・「開始」をクリックします

オンラインサイト

Convertio

公式サイト:https://convertio.co/ja/

メリット

・日本語対応

・形式変換のサイトにおいて、変換速度はずば抜けて速い

・長年運営しているサイトなので、安全性が保証される

・出力できるフォーマットはかなり多い

・出力フォーマットのパラメータ数値を詳しく調整できる

・プラグイン不要、ウイルス感染の心配は要らない

・全てのデバイスに対応できる

デメリット

・広告あり

・サインアップしない場合は追加できるファイルサイズの上限は100MBまで

・有料サービスへ誘導される可能性あり

変換手順についてはソフトと同じ「ファイル追加」→「出力フォーマットを選択」→「変換」の順で操作すれば、無事に変換できるでしょう。

Convertfiles

公式サイト:https://www.convertfiles.com/

メリット

・多機能サイト

・変換速度そこそこ速い

・出力できるフォーマットは多い

・プラグイン不要、ウイルス感染の心配は要らない

デメリット

・英語しかサポートしていない

・広告あり

変換手順は少しややこしいなので、ここにてご説明します

・公式サイトにアクセスします

・「Choose a local file」の欄で「Browse」をクリックしてMTSファイルを追加します

・ファイルが追加されたら、「Input format」の欄にMTSのファイルが表示されてきます

・「Output format」のプルダウンメニューで「MPEG-4 Video File(.mp4)」を選択します

・「Convert」をクリックします

・変換完了後、「Click here to go to the download page」をクリックすれば次のページへ飛びます

・次の画面で、「Please download your converted file」という文字の下にあるリンクを右クリックして、「名前を付けてリンク先を保存」をクリックし、ファイル名を入力したら、「保存」をクリックします。

anyconv

公式サイト:https://anyconv.com/ja/

メリット

・日本語対応

・多機能サイト

・出力できるフォーマットは多い

デメリット

・広告あり

・変換が失敗する可能性あり

日本語対応はできるが、いくつかのファイルで試した後、無事変換できたものは普通に再生できるものの、変換途中で変換が失敗してしまったものもあるので、最後に紹介することにしました。

後書き

今回はMTSをMP4に変換できるツールを纏めてご紹介しましたが、筆者としては一つや二つのファイルならサイトで変換したほうが手間も時間もを省けるが、10以上のファイルの形式変換となると、サイトよりソフトの方が断然速いと思います。

何れにしても、皆さんはこの記事で自分にとって使い勝手がいいと思えたツールを見つけたら大変嬉しく思います。

長い文章を最後まで読んでくれてありがとうございました。

動画の好きなシーンをGIFとして作成する方法

HD Video Converter Factory Pro

このソフトに動画や画像をGIFとして作成する機能が備わっている上に、三ステップでMTSを4K画質のMP4に変換できます。

更に、300以上の動画サイトからURLを貼り付けるだけで好きな動画を無料ダウンロードできるような機能と好きな番組を高画質で録画する様な機能も内蔵されています。

マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved