M4A、WMAってどんな形式でしょう?非人気の形式を変換する方法は?

2021/07/28
  • 1. M4Aファイルをソフトに追加
  • 2. 出力フォーマットをWMA又は他の音楽形式に設定
  • 3. 変換を開始
拡張子が.m4aのファイルを見たとき最初はMP4と同じ動画形式だと思っていました。それを開いてみたら中身は音楽でした。それで同じ音楽形式のMP3とはどのような違いがあるのかを知りたくて質問させていただきました。
WMAとWAVの違いは何でしょうか?同じMVをWMAとWAVとしてダウンロードしてみたらWAVの方がサイズがだいぶ大きいですが、それってやはりWAVの方が音質が高いということでしょうか

確かに、一口音楽形式といっても色々ありますよね、MP3とか、FLACとか。

多くの方は人気のMP3をよくご利用されていますが、実は非人気のM4AやWMAの方がより高音質です。

ややこしい説明を抜きでずばり申し上げますと

同じファイルサイズの音質はWMA>M4A>MP3

それはつまり逆に音質が同じであれば.wmaファイルのサイズが一番小さいということになります。

今回は主にM4A をWMAに変換することを例として音楽ファイルの形式を簡単な操作で変換できるツールをご紹介します。

音楽形式について

一つの動画ファイルには静止画、音声、文字等のデジタルデータが含まれているのに対し、音楽ファイルには音声データだけが含まれています。

なぜ音声データをわざわざファイルに入れるのかというと、そういったデジタルデータは元々サイズが大きくパソコンでの扱いに不向きであるため、PCで扱うにはまず一度そのデータを「圧縮」してサイズを縮小する必要があるからです。

圧縮されたデータを格納するためのものが「ファイル」、つまりMP3、AAC、FLACの様な形式です。

そしてそのデータを圧縮する手段は「コーデック/エンコード」と呼んで、FLAC、WAV等、色々あります。

要するに、CDの様な音源データを一つのファイルに入れるのに「容器」と「入れる方法」が必要というわけです。

それぞれの「容器」が対応するコーデックもまちまちで、高音質の音楽ファイルを作成したいなら「容器」と「コーデック」を正しく選ばなければなりません。

また、コーデックを大まかに分けると三種類に分けられます。

WAV、AIFFは「非圧縮」で、文字通り音源データを圧縮せずにそのままファイルに入れるのでサイズは元のままで大きいだが音質も完璧です。

ALAC、FLACは「可逆圧縮」、つまり一応圧縮はするが元の非圧縮の状態に戻りたければいつでも戻せるという意味です。音質は非圧縮よりやや劣るがファイルは元の70%です。

それからMP3、AAC、WMA等の「不可逆圧縮」、一度圧縮したらファイルサイズはだいぶ小さくなるのだが、音質は劣化ししかも元の音質には戻れません。

ついでに言うと、「非圧縮」や「可逆圧縮」を「不可逆圧縮」に変換し、「ビットレート」という数値を上げれば音質の劣化は緩和できるが、逆に「不可逆圧縮」を前の二つの形式に変換しどんなにビットレートを上げても音質はよくなりません。

初心者でも簡単に操作可能!

HD Video Converter Factory Proはほぼ全ての音楽形式に標準対応できる上、WAV、FLACの様な高音質形式が出力フォーマットとしてプリセットされております

普段音楽ファイルを扱わない方でも気軽に形式を変換できて、音楽ファイルのサイズや音質を影響するビットレート等のパラメータ数値も調整できるようになっていて、数値をどれくらいに設定すればいいのか分からないようであれば「クイック設定」で出力フォーマットを「高品質」に設定すればオッケー

更に複数の音楽ファイルを一つとして結合、好きな音楽をスマホの着メロとして作成、動画から音声データを高音質の形式として抽出等の編集機能も搭載

無料ダウンロード
無料ダウンロード

M4AとWMAについて

音楽形式としてのWMAは主に「WMA Std」という不可逆圧縮形式のコーデックで圧縮されることは多いが、M4AはAAC(不可逆圧縮)とALAC(可逆圧縮)の二つのコーデックに対応できます。

前のパートでもお話しましたが、可逆圧縮形式の音質は高いがファイルサイズも大きい、逆に不可逆圧縮形式は音質は悪いけどファイルサイズも小さい、それぞれのメリット・デメリットは鮮明ですが例外もあります。

WMAは不可逆圧縮ではあるものの、MP3の約二倍の圧縮効率を誇り且つ音質はMP3よりずっと良い。

M4Aの圧縮効率はWMAより劣るが対応するコーデックが多く高ビットレートの場合はWMAを凌ぎFLACにすら引きを取らないとされています。

しかし、WMAはマイクロソフトがWindowsに標準対応できるよう開発した形式なので、Mac等のアップル社製品での再生は難しく、そしてM4Aはアップル社が開発した形式でWindowsとの互換性が悪い。

M4AをWMAに変換したいと思うのは大よそALACで圧縮されたM4Aのサイズを小さくしたいかもしくはWindows製品で音楽形式を扱いたい方でしょう。

音楽ファイルの形式を変換する方法

長々と概念上のことばかりお話しましたが、音楽形式を変換するツールは言ってませんでした。m(._.)m

ではM4AをWMAに変換/逆変換できるツールをご紹介します

メディアファイルの編集に慣れていない方でも気軽に形式を変換できるように開発された多機能付きの動画編集ソフト

MP3、AACを初めてMKA、OGGの様な非人気形式も出力フォーマットとしてプリセット、筆者が試したところWMA、M4Aはもちろん、もっと非人気なDTS、AT3等の形式にもサポートしており、オンラインサイトと同じ僅か三ステップで音楽ファイルの形式を自由に変換できます。

そして、ビットレート、サンプリングレート、エンコード等のパラメータの調整、複数の音楽ファイルをマージ好きな音楽をスマホの着メロとして作成等の機能も搭載されています。

おまけに、高音質の音楽形式を低音質の形式に変換しビットレートの数値をどれくらいに設定すればいいのか分からない時は「パラメータ設定」の画面の「クイック設定」で出力フォーマットを「高品質」にセッティングしてロスレスモード欄にチェックを入れれば高音質の音楽ファイルを最大限に音質を保ったままサイズを縮小できます。

ちなみに、このソフトは有料のものですが無料版無料版もあります。形式変換に関する機能は大差ありませんが無料版では一括変換の機能はありません。

AACでエンコードされたM4AをWMAに変換する手順

ステップ1、M4Aファイルをソフトに追加

・ソフトを立ち上げます

・最初の画面で「変換」をクリックします

・次の画面の左上で「ファイル追加」もしくは「フォルダ追加」をクリックして変換したいファイルを追加します

ヒント:一括変換できるので、同時に複数のファイルをソフトに入れることが可能です。

PS:ファイルを入れたあと[i]の様なアイコンをクリックすればファイル情報を確認できます

ステップ2、WMAを出力形式として設定

・画面の右側で「出力フォーマットを選択」という文字の下にある四角い枠をクリックします

・次の画面で「音楽」をクリックします

・「音楽」のカテゴリーで「WMA」をクリックします

・☆このステップでM4AをWMAの他に、FLAC、WAV等の形式にも変換できます。

・また、このソフトの出力フォーマットにM4Aもプリセットされているので、もちろんWMAをM4Aに変換することもできます。

PS:出力フォーマットをWMAに設定したら、「パラメータ設定」をクリックし、次の画面でビットレート音量を自由に調整できます。

ヒント:「不可逆圧縮」であるM4AやWMAをFLAC「可逆圧縮」、WAV「非圧縮」等の形式に変換することもできますが、オススメしません。

ステップ3、出力フォルダーを選択 変換開始

・画面の下にある小さい「▾」をクリックします

・出力フォーマットを選択したら、「OK」をクリックします

・ファイルを追加した時の画面の右下にある「変換」ボタンをクリックすれば変換が開始します

☆ネットの状況、コーデックや出力フォーマットに影響されることもありますが、M4AファイルをWMAに変換する場合は5秒以内に変換できます。

オンラインサイト

ソフトで形式変換するにはまずソフトをインストール必要があります。それでは少しややこしいと感じる方もいるかもしれません。

それに対しサイトではまずそんな面倒な操作しなくてもファイルの形式変換はできます。

とはいえ、殆どのサイトは追加できるファイルのサイズに制限をかけていて(大体100MBが上限)しかも変換速度はソフトと比べたらかなり遅い。悪意のあるサイトへ誘導したり、二次コードをスキャンするように仕向けたり、安全性が危ぶまれサイトも決して少なくありません。

ここでご紹介するのは長年運営し続けてきたサイトで、まず安全性の問題はありません。更に出力フォーマットが多くて変換速度もそこそこ速いです。

変換手順については「ファイルの追加」→「出力フォーマットの選択」→「変換開始」という流れで操作すればオッケーです。

Convertio

公式サイト:https://convertio.co/ja/

メリット

・変換速度はサイトの中でかなり速いほう

・URLを貼り付けるだけでファイルを追加できる

・出力フォーマットはかなり多い

・ビットレート、コーデック、周波数等のパラメータ数値を調整可能

・ファイル形式についての紹介が記載

デメリット

・ログインしない場合は追加できるファイルのサイズは100MBが上限

・有料サービスへ誘導される可能性あり

Anyconv

公式サイト:https://anyconv.com/ja/

メリット

・ポータルサイト

・携帯デバイスにも対応できます

・出力できるフォーマットは多い

デメリット

・追加できるファイルのサイズは100MBが上限

・一時間につき変換できるファイルの数は60個が限界

・広告あります

・一括変換できません

目次
人気記事

WindowsでM4AをWAVに変換する方法

MP3をM4Aに変換する簡単な方法まとめ

M4Aファイルが再生できない原因と対処法

形式変化だけじゃない!
  • 高画質で大サイズの動画ファイルを画質無劣化でサイズを縮小す「バッチ圧縮」
  • Youtube、ニコニコ動画等の300以上の動画サイトから無料でデジタルコンテンツをダウンロード
  • 放送中の番組やライブ配信の動画を時間制限なしで録画
  • 画像/動画をGIFとして作成 詳細を見る >
無料ダウンロード
無料ダウンロード

後書き

今回はM4AをWMAに変換するのを例とし、音楽ファイルの形式を変換できるツールをソフト、サイト別でご紹介しました。

また、音楽の形式や圧縮形式についても簡単にご説明しました、理解するのが些か難しいかもしれませんが、音楽ファイルのサイズや音質は主に「コーデック」と「ビットレート」によって決められていることを覚えて頂ければオッケーです。

筆者としては一つの音楽ファイルの形式を変換するくらいでわざわざソフトをダウンロードするのは億劫ですが、サイズが大きくまたは変換したいファイルが多すぎる場合はやはりサイトよりソフトの方が時間の節約になると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.