ビデオカメラで撮った動画が再生できない・正常に見れない原因と対策

2022/12/02
  • 動画変換を通じてビデオカメラで撮った動画が見れない・正常に再生できない問題を解決 >>
  • ステップ1、見れない・再生できないビデオカメラ動画を読み込む
  • ステップ2、必要に応じて出力形式を選択
  • ステップ3、出力動画のコーデックを設定
  • ステップ4、見れない・再生できないビデオカメラ動画を変換
ビデオカメラで撮った動画が見れない問題が発生しました。SDカード内の動画をパソコンに転送して再生しようとしたら開けませんでした。何か対策を教えてください。
ビデオカメラの動画がパソコンで再生できないんです。フォーマットがサポートされていない、とかのメッセージが出ていました。

ビデオカメラで撮った動画が再生できない・正常に見れない原因

ビデオカメラで撮った動画が再生できない、正常に見れない、みたいな問題に遭遇したことがありませんか?現在、ビデオカメラを持っている人がますます多くなっており、撮った動画をパソコンで視聴したり、友人に送ったり、動画共有サイトにアップロードしたりするなど、プロのカメラマンじゃなくでも様々な楽しみ方があります。しかし、時々ビデオカメラで撮影した動画が再生できない、映像/音声が出ない等して正常に見れない問題が発生してしまいます。ビデオカメラ内ではちゃんと再生できたのに、なぜパソコンなどに転送したら再生できなくなってしまうのでしょう?

ビデオカメラで撮った動画が見れない、再生できない問題が発生する原因として主に動画ファイルのコンテナ形式とコーデックの非互換性が考えられます。メーカーによって出力動画は様々なものがありますが、ソニーを例にしますと、出力動画はよくM2TS(H264+AC3)で保存されます。M2TSというコンテナ形式は一部のデバイスまたはプレイヤーにサポートされないから、ソニーのビデオカメラの動画が再生できない問題が発生する可能性があります。一方、コンテナがサポートされていても、コーデックがサポートされない場合もビデオカメラで撮った動画が正常に見れない問題が発生するかもしれません。動画コーデックがサポートされない場合は映像が出ない、音声コーデックがサポートされない場合は音が出ない問題が発生します。

それでは、ビデオカメラで撮った動画が再生できない、正常に見れない問題が発生した場合はどうすれば解消できるのでしょう?次に効果的な対策をご紹介します。

あわせて読みたい:AVCHD規格のM2TS/MTSファイルの音が出ない原因と対策GoProで撮ったMP4が再生できない原因と対策

ビデオカメラで撮った動画が再生できない・正常に見れない場合の対策

上記にもお話したように、撮った動画が見れない、ビデオカメラの動画が再生できない等の問題は主に動画コンテナ形式とコーデックの非互換性が原因です。従って、正常に見れない・再生できないビデオカメラ動画のコンテナまたはコーデックを変換するのが最も効果的な解決策になります。

ここではWonderFox HD Video Converter Factory Proという強力な動画変換ソフトをおすすめします。僅か3~4ステップだけで高品質を維持しながら超高速で動画のコンテナ形式またはコーデックを変換して、撮った動画が見れない、ビデオカメラの動画が再生できない等の問題を簡単に解決できます。MP4やMOV等一般的な動画形式の他、YouTubeやFacebook等のプラットフォーム、AndroidやiPhone、iPad等のデバイスの仕様に最適化したプリセットにビデオカメラ動画を変換することで、動画の再生・共有をより簡単にすることができます。正常に見れない・再生できないビデオカメラ動画を変換しながら、手軽に動画を編集したり、動画を画質落とさずに圧縮したり、音声の追加/削除/抽出を行ったりすることも可能です。

次にWonderFox HD Video Converter Factory Proを利用して正常に見れない・再生できないビデオカメラ動画のコンテナ形式とコーデックを変換する手順をご紹介します。

準備:まずはこの素晴らしい動画変換ソフトをお使いのWindowsパソコンに無料ダウンロード無料ダウンロードしてインストールしておきましょう。

ステップ1、見れない・再生できないビデオカメラ動画を読み込む

WonderFox HD Video Converter Factory Proを実行し、5つのメイン機能から「変換」を選択し、「ビデオコンバータ」画面を開きます。次に「ファイル追加」ボタンをクリックして正常に見れない・再生できないビデオカメラ動画を読み込みます。複数の動画を一括で読み込んで変換することが可能です。

ステップ2、必要に応じて出力形式を選択

画面右側の形式アイコンをクリックして500以上のプリセットから構成する出力形式リストを開き、必要に応じて出力形式を選択します。再生できないビデオカメラ動画のコンテナ形式を一番普及度の高いMP4に変換することをおすすめします。

あわせて読みたい:ソニーとパナソニックのビデオカメラ動画(AVCHD)をMP4に変換する方法

ステップ3、出力動画のコーデックを設定

「パラメータ設定」ボタンをクリックして新しい画面を開きます。「動画パラメータの設定」セクションにある「エンコーダ」ドロップダウンリストからほとんどのデバイス/プレイヤーとよい互換性を持っているMPEG4またはH264を選択します。「オーディオパラメータの設定」セクションにある「エンコーダ」ドロップダウンリストからMP3またはAACを選択します。これで動画の映像/音が出ない等、撮った動画が正常に見れない問題を解決できます。

あわせて読みたい:MP4の映像が出ない原因と対処法まとめMP4動画の音が出ない四つの原因と対策

ステップ4、見れない・再生できないビデオカメラ動画を変換

「▼」アイコンをクリックして出力動画の保存先を設定します。全ての準備ができたら、「変換」ボタンをクリックして正常に見れない・再生できないビデオカメラ動画を変換するプロセスを始めます。

目次
人気記事

動画がカクカクする原因と対策まとめ

USBメモリに入っている動画が再生できない原因と対策

MOVが開かない?MOVの映像/音が出ない?原因と対策をご紹介

最高のビデオカメラ支援ソフト
  • 保存:フレームレートや解像度等画質を影響しないパラメータを下げることで画質落とさずにビデオカメラで撮った動画のファイルサイズを削減し、保存に必要なスペースを節約します。
  • 再生:動画のコンテナ形式またはコーデックを変換することで撮った動画が見れない、ビデオカメラの動画がパソコン等で再生できない問題を解決します。また、フレームレートやビットレート、解像度などを調整することでパラメータが高すぎることに起因するビデオカメラ動画再生時のカクカク現象を解消します。
  • 編集:高品質を維持しながらビデオカメラで撮った動画を結合、切り取り、クロップ、回転・反転、透かし、エフェクトなどで編集します。また、ビデオカメラ動画から音声を抽出したり、動画に音楽/字幕を入れたりすることも可能です。
  • 共有:ビデオカメラで撮った動画をYouTubeやFacebook等のプラットフォームの仕様に特化したプリセットを変換することで、動画をこれらのプラットフォームにアップロードした後の品質劣化を最小限に抑えます。
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7以前と互換性がある。 詳細を見る >

後書き

以上、撮った動画が見れない、ビデオカメラの動画を再生できない等の問題が発生する原因と対策をご紹介致しました。お読みいただき、どうもありがとうございました!

WonderFox HD Video Converter Factory Proを利用してビデオカメラの動画がパソコン等で再生できない問題を解決できるだけでなく、GoProで撮ったMP4が再生できない、動画がカクカクする等の動画再生時の不具合に対しても効果的なソリューションを提供しています。今すぐこの素晴らしいソフトをインストールして無料体験してみましょう!

無料ダウンロード
無料ダウンロード
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2023 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.