H.264とMPEG-4の違い・H.264とMPEG-4を相互変換する方法

2022/07/15

動画コーデックH.264とMPEG-4の違いについて知っていますか?動画をエンコードする際、H.264とMPEG-4のどっちを選べばいいのか迷っていますか?ここでは、H.264とMPEG-4を比較して、両者の違いを詳しく説明いたします。また、H.264をMPEG-4に変換、またはMPEG-4をH.264に変換する方法も合わせて紹介いたします。

H.264 MPEG-4変換ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory Proは様々な動画コーデックをサポートするプロの変換ソフトです。H.264をMPEG-4に変換またはその逆に変換することが簡単にできます。もちろん、H.264とMPEG-4を他のコーデックに変換することも可能です。

動画コーデックの他、動画や音声ファイルのフォーマットを変換することもでき、動画編集・動画ダウンロードなど多くの機能が備わっています。

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7...と互換性がある。 詳細を見る >

Part1、H.264とMPEG-4の違い

ここでは、定義、ファイルサイズ、品質と汎用性といった四つの方面からMPEG-4とH.264の違いを説明したいと思います。

  • 定義

MPEG-4:MPEG-4はMoving Picture Experts Group phase 4の略称であり、ISO/IECのMPEG委員会が策定した動画・音声データの圧縮方式の一つです。MPEG技術の発展により、MPEG-4は複数の「部(Part)」に分れて標準化されています。通常MPEG-4動画と言えば、第二部(MPEG-4 Part 2)のことを指すことが多いです。

ちなみに、MP4はMPEG-4の略称だと思われる場合も多くあります。しかし、MP4は通常MPEG-4 Part 10のことを指し、動画コーデックではなく、動画や音声データ格納する動画コンテナーフォーマットのことです。それに対して、MPEG-4は動画コンテナーフォーマットに格納される動画や音声データを圧縮する方式です。

H.264: MPEG-4 Part 10 Advanced Video Coding(MPEG-4 AVC)とも呼ばれます。ISO/IECとITU-Tが共同で策定した動画圧縮方式です。つまり、H.264はMPEG-4の技術に基づいて、より高い性能が備わっている圧縮規格です。

  • ファイルサイズ

MPEG-4に比べて、H.264の圧縮率がもっと高いです。他の動画パラメータが同じの場合、H.264でエンコードされた動画はMPEG-4動画より、ファイルサイズが1~2倍小さいです。

  • 動画品質・画質

H.264はそれ以前の動画コーデックに比べて、より高い圧縮率で同じ画質の動画をエンコードすることができます。そのため、H.264とMPEG-4動画の品質を比較すると、H.264の方が高いです。

  • 汎用性

MPEG-4はオンライン動画、携帯電話の動画形式、Blu-ray Discの動画記録形式の標準の一部、地上デジタル放送などによく採用されています。デジタルカメラや、スマートフォンの撮影・録画機能の動画形式としてもよく利用されています。H.264は高品質の動画をより効率的にストリーミングできるという需要の高まりとともに開発された規格で、ほとんどの機器、プログラム、プラットフォームと互換性があります。

関連記事:H.264とH.265の違い | MPEG4とMP4の違い | MP4をMPEGに変換

Part2、H.264とMPEG-4を相互変換する

H.264をMPEG-4に変換またはその逆に変換してから両者の違いを確認することもできます。

WonderFox HD Video Converter Factory Proは多機能の動画変換ソフトであり、動画&音声ファイルのコンテナーフォーマットを変換するだけではなく、動画や音声ファイルのコーデックを変換することもできます。操作はとても簡単で、僅かな手順でH.264からMPEG-4へ、またはMPEG-4からH.264へ変換することができます。また、H.264とMPEG-4をH.265やAV1などのコーデックに変換したり、他のコーデックからH.264やMPEG-4に変換したりすることも可能です。

今すぐこのソフトを 無料ダウンロード 無料ダウンロードして、H.264やMPEG-4動画を変換してみましょう。

H.264とMPEG-4を相互変換する手順

ステップ1、変換したい動画を読み込む

変換ソフト「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」を起動し、メインインターフェイスで「変換」をクリックします。

次に、「+ファイル追加」または「+フォルダ追加」をクリックして、変換したいH.264動画またはMPEG-4動画を追加します。ファイルを直接ドラッグ&ドロップして追加することも可能です。

ステップ2、H.264またはMPEG-4を選択する

画面右側の形式アイコンをクリックして、「動画」カテゴリで「H264」を選択すれば、出力動画のコーデックをH.264に変換できます。

MPEG-4に変換する場合、「動画」カテゴリで「MP4」を選択してから、「パラメータ設定」をクリックし、「動画パラメータの設定」セクションで「エンコーダ」を「MPEG4」に設定してください。同じ方法で、他のコーデックへ変換することもできます。

ステップ3、動画を書き出す

下部の逆三角形ボタンをクリックして動画の保存先を指定します。

「変換」をクリックして動画を書き出します。

目次
人気記事

最高のコーデックパックおすすめ5選【2022最新】

動画コーデックを確認する方法三つ

【無料】MP4変換フリーソフトお薦め10選

動画をH.264またはMPEG-4に変換

WonderFox HD Video Converter Factory Proを使えば、簡単に動画を再エンコードし、動画のフォーマットを変換することができます。

  • H.264、H.265、VP9、MPEG-4、MPEG-2などで動画を再エンコードする。
  • 動画を無劣化・高速に変換する。
  • 動画を200+のフォーマットまたは300+のデバイスへ変換する。
  • 切り取り、回転、切り抜き、結合、エフェクト追加などで動画を編集する。
  • YouTube、FC2、ニコニコ動画など1000+のサイトから動画、音楽をダウンロード。
  • ライブ配信、ゲームプレイ画面、PC画面を録画。
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7...と互換性がある。 詳細を見る >

Part3、後書き

以上は、H.264とMPEG-4の違いおよび相互変換の方法に関する紹介でした。お役に立てれば幸いです。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.