動画コーデックを確認する方法三つ

2022/06/09
  • 動画コーデックを確認する手順>>
  • 手順1、動画コーデック確認ソフトを起動する。
  • 手順2、コーデックを確認したい動画ファイルを読み込む。
  • 手順3、「ファイル情報」で動画コーデックを確認する。

一部の再生ソフト、プログラムなどで動画を再生・編集しようとする時、「コーデックが見つかりません」「ビデオを再生するにはコーデックが必要です」みたいなコーデックエラーのメッセージが表示されて、動画を再生・編集することはできない場合が時々あります。こんな時、動画はどんなコーデックを使用しているか知りたい方がいらっしゃると思います。

ということで、今回は動画のコーデックを確認する方法について紹介したいと思います。

動画コーデックとは?

動画コーデックとは、特定のソフトウェア、機器あるいはプログラムを通して動画や音声データをコンテナフォーマットに圧縮する圧縮方式です。各コーデックには、動画を圧縮/エンコードするエンコーダ、および動画をデコードするデコーダが含まれています。H.264、HEVC、XVID、DIVX、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、VP8、VP9、AV1などは現在よく使用されている動画コーデックです。我々はよく話しているMP4、MKV、MOV、WMV、AVI、WebMなどは動画コーデックで圧縮された動画データを格納するコンテナフォーマットのことです。

動画を再生・編集する時、「コーデックが見つかりません」などのコーデックエラーが出る場合、この動画のコーデックは再生ソフトや編集ソフトにサポートされていない可能性が高いです。このようなエラーを解消するために、動画のコーデックを確認する必要があります。ですが、パソコンで確認できる動画情報には通常コーデックが表示されません。どうやって動画コーデックを確認できるのでしょうか?

ご心配なさらないでください。次は、三つの動画コーデック確認方法を紹介いたします。

関連記事:「ビデオを再生するにはコーデックが必要です」エラー対策 | 「コーデックが見つかりません」エラー対策

動画コーデックの確認方法1:変換ソフト

「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」は動画の処理に様々なソリューションを提供している多機能ソフトです。動画のコーデックを簡単に確認できる他、動画のコーデックを変換したり、動画の形式を変換したり、動画を編集したりすることなどもできます。動画はもちろん、音楽のコーデックを確認/変換、音楽を編集することも可能です。

Windows対応のため、Windows10などで動画コーデックを確認したい場合、このソフトがお薦めです。

今すぐこのソフトを 無料ダウンロード 無料ダウンロードして、下記の手順に従い、動画のコーデックを確認しましょう。

動画のコーデックを確認する手順

ステップ1、コーデックの確認したい動画を読み込む

ソフトを起動し、メインインターフェイスで「変換」をクリックします。

そして、「+ファイル追加」をクリック、またはファイルをドラッグ&ドロップしてコーデック確認したい動画ファイルをソフトにインポートします。

ステップ2、動画のコーデックを確認する

ツールバーに並んでいる「i」のようなアイコンをクリックすれば、動画のコーデックを確認できます。ちなみに、動画情報をコピーやエクスポートすることも可能です。

ご注意:このソフトでは、動画のコーデックを「ビデオエンコーダ」と表示しております。

ステップ3、動画のコーデックなどを変換する(スキップ可能)

このソフトでは、動画の形式を変換、動画のコーデックや解像度などのパラメータを変更することもできます。

「出力フォーマットを選択」下のアイコンをクリックすれば、お気に入りの形式を選択できます。「パラメータ設定」をクリックすれば動画のコーデック、解像度、ビットレートなどを変更できます。

動画コーデックの確認方法2:MediaInfo

MediaInfoは無料・簡単でありながら実用的なプログラムです。これを使えば、動画のコーデックを調べること以外、動画の詳しい情報を分析・確認することができます。下記はMediaInfoを使って動画コーデックを確認する手順です。

1、公式サイト(https://mediaarea.net/ja/MediaInfo)からMediaInfoをダウンロードしてインストールします。

2、MediaInfoを実行し、ファイルをソフトにドラッグ&ドロップすれば、動画の情報が直ちに分析・表示されます。ここで、動画のコーデックを簡単に確認することができます。

3、より詳細な動画情報を確認する場合、ツールバーの「表示」をクリックしてください。様々な方式で動画情報を確認できます。例えば、「ツリー」をクリックすれば、動画情報はツリー形式で表示され、例の動画コーデックは「AV1」であることが確認できます。それ以外、動画のサイズ、長さ、ビットレート、解像度など多くの情報が確認できます。

4、動画情報を出力して保存したい場合、「ファイル」>「エクスポート」をクリックして保存先を設定してから「OK」をクリックすればいいです。

ちなみに、MediaInfoはオンラインサービスも提供しております。パソコンにソフトウェアをインストールしたくない場合、オンラインのMediaInfoを利用して動画コーデックを確認することもできます。

MediaInfoのオンラインサイト(https://mediaarea.net/MediaInfoOnline)にアクセスして、「ファイルを選択」をクリックして動画ファイルをアップロードすればオンラインで動画コーデックを確認できます。

動画コーデックの確認方法3:メディアプレイヤー

MediaInfoは無料のオープンソースプログラムであるため、多くのメディアプレイヤーにはMediaInfoが内蔵されています。そのため、一部のメディアプレイヤーで動画を再生する際動画のコーデック情報を直接確認することも可能です。

ここでは、VLC Media Playerで動画コーデックを確認する手順について説明させていただきます。

1、VLCで動画ファイルを開きます。

2、ツールバーで「ツール」>「コーデック情報」をクリックします。

3、「コーデック」タブでは動画のコーデックを確認できます。

目次
人気記事

【超簡単】動画・音楽ファイルのメタデータを確認し編集する方法

AV1変換ソフトでAV01コーデックの動画をMP4などに変換

2022最新 | MP4変換アプリお薦め9選

動画コーデック確認以外にもたくさんできる!

WonderFox HD Video Converter Factory Pro

  • 動画や音楽ファイルを500+プリセットに変換する。
  • ライブ配信、ゲーム実況、ストリーミング動画を録画。
  • 1000以上のサイトから動画、音楽、プレイリストをダウンロード。
  • 動画をトリミング、クロップ、回転、結合、エフェクト追加、字幕追加/抽出。
  • コーデックを含む動画の各パラメータを変更。
  • 品質損失を最小限に抑えながら動画ファイルを圧縮。
  • 動画や画像を素材としてGIFに作成。
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7...と互換性がある。 詳細を見る >

後書き

以上は動画コーデックを確認する三つの方法でした。ちなみに、再生ソフトや編集ソフトが動画コーデックをサポートしない場合、動画コーデックパックをインストール、または動画コーデックを変換することで問題を解決することができます。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.