パソコンでDVDをダビングする方法

2022/03/24
DVDからDVDへダビングしたいですが方法が分かりませんので教えてほしいです。
ビデオカメラで撮影した動画を空きのDVDにダビングしたいです。パソコンでできる方法があれば教えてください。

今では、DVDはだんだん時代遅れとなっていますが、DVDを好んでいる方もかなりいるかと思います。他のメディアファイルを空きのDVDへダビングするという需要も未だに高いです。次の内容では、パソコンを使っている場合、DVDをダビングする方法について詳しく解説したいと思います。ご興味がありましたら、読み進めてください。

お薦め!高機能DVDリッピングソフト!

WonderFox DVD Video Converterは機能が強いDVDリッピングソフトです。通常のDVDはもちろん、市販・レンタルDVDなどプロテクトされたDVDから動画をリッピングすることも簡単にできます。リッピングしたDVDをMP4、MOV、MP3、WAVなど500以上の形式に変換することができます。

DVDディスクの他、ISOイメージファイルやDVDフォルダもリッピング可能です。その上、動画ダウンロード、動画編集の機能も搭載されています。

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7...と互換性がある。 詳細を見る >

Part1、DVDのダビングについて

ダビングとは、録画・録音されたものを別のテープに複製することです。DVDのダビングは、即ち録画・録音データをDVDディスクに焼く(書き込む)ことです。

パソコンでDVDをダビングするには、空きのDVDディスクとDVDダビングソフトが必要なものです。

Part2、DVDへダビングできるメディアファイル

DVDへダビングできるファイルは、主に下記5つがあります。

❶録画したテレビ番組
❷DVD
❸ビデオカメラで撮影した動画
❹8ミリカメラで撮影した動画
❺ビデオテープ

メディアファイルの種類によって、ダビングできるDVDディスクの種類も違います。次は、DVDディスクの種類について紹介します。

Part3、ダビング可能なDVDの種類

DVDは色んな種類があります。それぞれの特徴、容量、書き込み回数などが違います。下記にて主な種類の各DVDの特徴などを簡単にまとめております。

  • DVD-R

1回書き込み可能。容量は片面4.7GB・両面9.4GBである。CPRM対応。

  • DVD+R

1回書き込み可能。容量は片面4.7GB・両面9.4GBである。CPRM対応しない。

  • DVD-RW

書き換え・書き込み可能回数は1000回以上。容量は片面4.7GB・両面9.4GBである。CPRM対応。ファイナライズ処理可能。

  • DVD+RW

書き換え・書き込み可能回数は1000回以上。

  • DVD-RAM

書き換え・書き込み可能回数は10万回以上。容量は片面1.46–4.7 GB・両面2.92–9.4 GB。CPRM対応。

また、他にはビデオDVDデータDVDもあります。ビデオDVDは主にテレビ番組の録画に使用され、データDVDは主にパソコンで使用されます。

お使いの用途、対応可能のDVDプレーヤー、ダビングしたい対象の種類・長さなどによって、適切なDVDを選びましょう。例えば、テレビ番組の録画を記録するには、CPRM対応のDVDを使ったほうがいいです。

Part4、パソコンでDVDダビングする手順

メディアファイルをDVDにダビングするにも違う方法があります。例えば、録画した番組をDVDにダビングする場合、DVDレコーダーを使えばいいです。ビデオカメラで撮影した動画やDVDなどを空きのDVDへダビングするには、PC向けのDVDダビングソフトまたはDVD書き込みソフトが必要です。それから、専門業者へ依頼してダビングしてもらうという方法もあります。

ここでは、主にパソコンでDVDダビングソフトを利用して動画またはDVDをダビングする手順について紹介したいです。

そして、本文で利用するDVDダビングソフトは「DVDStyler」というソフトです。他のDVD書き込みソフトについては、動画をDVDに焼く無料ソフト5選でご確認いただけます。

1、パソコンで動画をDVDにダビングする

まずは、DVDStylerの公式サイト(https://www.DVDstyler.org/ja/)からソフトをダウンロードしてインストールします。そして、空きのDVDをDVDドライブに挿入します。

ステップ1、DVDStylerを起動します。「新規プロジェクト」というダイアログでダビングしたいDVDの容量、ビットレートなどを設定します。「映像形式」オプションでは「NTSC」を選択します。完了したら「OK」をクリックします。

ステップ2、「DVDメニュー用テンプレートを選択」というダイアログで、DVDのタイトルまたはチャプターを選択します。用意されているテンプレートから選択することも、テンプレートを使用せず自分で作成することも可能です。

ステップ3、DVDにダビングしたい動画ファイルを「動画ファイルをファイルブラウザーからここにドラッグします」にドラッグ&ドロップします。

ステップ4、ツールバーで「ファイル」>「DVD書き込み」をクリックすれば、動画をDVDにダビングすることができます。

2、パソコンでDVDからDVDへダビングする

DVDからDVDへダビングすることは、DVDのコピーとも呼ばれます。つまり、一つのDVDからコンテンツを一部または丸ごとに別の空きDVDに複製することです。

これを実現するには、二つの方法があります。一つはDVDリッピング機能が備えたDVDダビングソフトを使用して直接DVDからDVDへのダビングを完成することです。もう一つはまずDVDリッピングソフトを使ってDVDからコンテンツをリッピングしてから、DVDダビングソフトを利用することです。

今回は「WonderFox DVD Video Converter」というDVDリッピングソフトを使用してDVDをリッピングしてからダビングする手順について解説します。

ステップ1、DVDデータを読み込む

まずは、DVDリッピングソフト「WonderFox DVD Video Converter」を 無料ダウンロード 無料ダウンロードしてインストールします。

そして、ダビングしたいDVDをドライブに挿入します。ソフトを起動し、メイン画面で「DVDディスク」をクリックしてDVDデータをソフトに読み込みます。

ステップ2、出力フォーマットを選択する

DVDデータが読み込まれたら、画面右側のフォーマットアイコンをクリックして出力フォーマットを選択します。

DVD内容を丸ごとにダビングしたいなら、「1:1 Quick Copy」で「ISO」または「DVD Floder」を選択します。

DVDのメイン動画のみダビングしたいなら、「Video」タブでお気に入りの動画形式を選択すればいいです。

合わせて読みたい:DVDをISOに変換DVDをMP4に変換DVDをAVIに変換

ステップ3、DVDをリッピングする

ソフト下部の出力ファイル欄で保存先を設定した後、「変換」ボタンをクリックすれば、DVDを指定の形式にリッピングすることができます。

ステップ4、リッピングしたDVDを空きDVDにダビングする

次は、先程紹介したDVDStylerを利用して、リッピングしたDVD動画を空きのDVDディスクにダビングすれば完了です。

目次
人気記事

「2022最新」iPadにDVDを取り込み・iPadでDVDを再生する方法

ブルーレイ動画をMP4に変換する方法

「2022最新」DVD MP4変換フリーソフトお薦め5選

機能が豊富!強力なDVD変換ソフト!

WonderFox DVD Video Converterは各種DVDをリッピングすることで、パソコンでDVDからDVDへのダビングに役立ちます。それ以外、豊富な実用的機能が備わっています。

  • DVD・ISOイメージファイル・DVDフォルダを500+の形式に変換。
  • DVDを丸ごとにISO、DVDフォルダへリッピングする。
  • 動画、音楽ファイルを様々なフォーマットに変換する。
  • YouTubeを始め、1000超えのサイトから動画をダウンロードできる。
  • 動画編集、DVD編集、パラメータ設定、字幕追加/削除等々。
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7...と互換性がある。 詳細を見る >

後書き

今回はパソコンでDVDをダビングする方法について紹介いたしました。パソコンでダビングする以外、DVDレコーダーを使うことや専門業者に依頼することも可能です。ダビングする前、ダビングしたい対象・ダビング可能なDVD種類・利用したいダビング方法をよく確認しておきましょう。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.