超簡単!動画の解像度を変更する方法

より多くのデバイスと互換性を持たせる、動画ファイルのサイズを縮小するなどの目的で、動画の解像度(画面サイズ)を変更することが多いでしょう。本文は、動画の解像度を変更する簡単な方法を紹介いたします。

サエ | 更新:2021/04/02

Part1. 動画解像度を変更する理由は?

Part2. 三つ一般的な解像度

Part3. 品質劣化せず、動画解像度を変更する方法は?

Part4. 動画解像度を変更する手順

Part5. 拡張知識:解像度を変更した後、画質が悪くなるのはなぜですか?

Part6. 動画解像度を変更する参考動画

動画解像度を変更する理由は?

高精細度技術の普及により、現在HDや4Kなどの高精細度動画はどこでも見られるようになっています。2021年現在は、最大8K(7680×4320)解像度のある動画が見られます。しかし、解像度が高ければ高いほど、良い視覚体験が得られるとは限りません。一部のデバイスは特定の解像度の動画しか再生できないことはご存知ですか。お持ちのデバイスがサポートしない解像度の動画を再生できるよう、またはより良い視覚体験を得られるよう、動画解像度変更ソフトを利用して、動画の解像度を上げる/下げる必要があります。

動画解像度を変える方法を詳しく説明する前、まずはよくある動画解像度タイプについて紹介いたします。

注目記事:4K VS 1080P720Pを1080Pに変換動画のアスペクト比を変更

三つ一般的な解像度

動画解像度は通常、幅×高さで表示され、値はピクセルを単位としています。例えば、「1280×720」は幅が1280ピクセル、高さが720ピクセルであることを示しています。解像度が高いほど、動画がより大きな画面で鮮明に表示できますが、ファイルサイズも大きくなります。

・標準解像度(SD):動画の標準解像度は640×360または720×480であり、DVDの標準解像度は720×480または720×576です。

・高精細度(HD):最も一般的な高精細度ビデオは1280×720(720P)または1920×1080(1080P、フルHDとも呼ばれる)です。

・4Kまたは8K(UHD):現在、主に4K(3840×2160(2160P))と8K(7680×4320(4320P))をUHDと呼ばれています。4KはQFHDとも呼ばれています。

HD Video Converter Factory Pro

この最高のビデオ解像度変更ツールは、独自の画像強化技術を利用することで、動画解像度を変更して、動画を最適化し、品質損失を最低限に抑えることができます。

品質劣化せず、動画解像度を変更する方法は?

この問題を解決するには、プロの動画解像度編集ソフトを使うことができます。ここで、WonderFox HD Video Converter Factory Proを強くお薦めします。このソフトは、動画を低い解像度から高い解像度へ、またはその逆に変更するのに優れています。ソフトをダウンロードし、インストールして、下記のガイドに従い、動画の解像度変更を試してみましょう。

無料ダウンロード

Windows向け

100%安全&安心

無料ダウンロード

HD Video Converter Factory Proを利用して動画解像度を変更する

始まる前、ソフトを無料ダウンロード 無料ダウンロードして、PCにインストールしてください。

ステップ1、ファイルをソフトに取り込む

「変換」アイコンをクリックし、「ファイル追加」をクリックするか、ドラッグアンドドロップしてファイルを読み込みます。バッチモードでは、最大10つのファイルを一気に変換できます。

ステップ2、希望の出力フォーマットを選択

解像度を変更する前、出力フォーマットを選択しましょう。ソフト右側にある「出力フォーマットを選択」を押すと、500種類以上のフォーマットやデバイスが含まれる出力フォーマットメニューが現れます。自分の必要に応じて一つ選びます。

ステップ3、解像度を上げる/下げる三つの方法

動画の解像度を変更するには、三つの方法があります。
方法1、低い解像度を高い解像度、またはその逆に変更したい場合、出力フォーマットメニューで4K/HDの解像度を選択してください。
方法2、「パラメータ設定」ボタンをクリックして、「解像度」のドロップダウンメニューで希望の解像度を選択するか、手動で解像度を入力します。
方法3、「クイック設定」のところで、スライダをドラッグすることで、動画の解像度を直接変更できます。

ステップ4、「変換」をクリック

「▼」ボタンをクリックして出力ファイルの保存先を設定し、「変換」をクリックして解像度を変更し始めます。

拡張知識:解像度を変更した後、画質が悪くなるのはなぜですか?

ビデオの解像度を上げることは、ビデオイメージをHDフォーマット(高解像度である)にスケールアップするという意味です。ピクセルが増えるだけで、画質は良くなりません。したがって、低い解像度(例えば320P)を高い解像度(HDまたは4K)に変更すると、動画の画質が悪くなる可能性が高いです。どんなソフトを使っても、期待される結果が得られません。解像度を上げるには、320Pから480P、480Pから720P、720Pから1080P、1080Pから2Kへ変更するほうがお薦めです。

逆に、4Kを1080P、720P、480Pなどに圧縮するなど、ビデオの解像度を下げる場合もあります。解像度が高いということは、もっと高いスペックが必要であることです。そのため、4Kを1080P、1080Pを720Pに変換したい人もいます。

最後に、使用するツールも重要な要素です。オンラインでも、オフラインでも、動画の解像度を変更したい場合、使用するツールが強い機能が備えていることを確認した方がいいと思います。

お薦めの動画解像度を変更する方法

WonderFox HD Video Converter Factory Proは動画解像度変更ソフトだけではなく、簡単な4K/HDビデオ編集ソフトでもあります。動画のサイズを圧縮したり、アスペクト比を変更したり、動画をカットしたりするなどができます。

動画解像度を変更する参考動画

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2020 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved