Windows10/11「コーデックが見つかりません」エラー対策7つまとめ

2022/04/01
Windows10の映画&テレビで動画再生できないのはなぜですか?MP4やMOVを開こうとした際に「コーデックが見つかりません」「このアイテムは、サポートされていないフォーマットでエンコードされています」のメッセージが飛び出して開けませんでした。エラーコードは0xc00d5212でした。修復方法を教えて頂けますと助かります。

0xc00d5212エラーは通常Windows10/11 PCのWindows Media Player又は映画&テレビで動画を再生する際に発生します。このエラーが発生すると、「コーデックが見つかりません」「このアイテムは、サポートされていないフォーマットでエンコードされています」等のメッセージも出てきますから、多くの人がそれを見ると、なるほど、ファイルのせいか、と決めつけてしまいます。実はこれは考えられる原因のひとつに過ぎないです。様々な状況で発生する0xc00d5212エラーは様々な修復方法があります。今回はこの「コーデックが見つかりません」エラーを修復するために7つのソリューションをまとめて紹介します。

あわせて読みたい:動画/音声ファイル再生時の0xc00d36c4エラーを修復する4ソリューション

「コーデックが見つかりません」にさよなら!

WonderFox HD Video Converter Factory ProはWindows PCで使える最強の動画変換ソフトです。用意されている500以上のプリセットを利用してメディアファイルをWindows対応の形式に変換することによりWindowsアプリケーションで動画又は音声ファイルを再生する際の0xc00d5212エラーを修復します。操作は極めて簡単で専門知識などは一切必要ありません。 詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7以前と互換性がある。

Windows10/11「コーデックが見つかりません」エラーを解消する7つの対策

前述の通り、「コーデックが見つかりません」「このアイテムは、サポートされていないフォーマットでエンコードされています」などが出る主な原因はファイル形式がサポートされていないからです。したがって、最初にチェックする必要があるのは動画がアプリに十分にサポートされているかどうかです。サポートされていない場合はまず方法1と方法2をお試しください。

1. 欠如のコーデックを補足

特定の動画又は音声コーデックが欠如している場合、Windows Media Player及び映画&テレビは動画のデコードに失敗し、「コーデックが見つかりません」メッセージと共に0xc00d5212エラーと飛び出します。Windowsアプリケーションは通常、デフォルトで利用可能な新しいコーデックを自動更新しますが、利用者自ら第三者コーデックパックをインストールして再生機能を拡張することも可能です。K-LiteコーデックパックはWindows最適な選択肢として高く評価されています。このコーデックパックをインストールすればWindowsでほとんどの動画&音声ファイルを正常に再生できるはずです。

K-Liteコーデックパックダウンロード先:https://codecguide.com/download_kl.htm

2. 再生できない動画を変換

コーデックパックをインストールしたくない方にWonderFox HD Video ConverterFactoryProを使って動画形式を変換することをおすすめします。このWindowsで使える最強の動画変換ソフトはWindows PCに特化したプリセットを備えており、動画変換に関して何にも知らない方でも手軽に動画を変換できます。「コーデックが見つかりません」0xc00d5212エラーを修復するには下記の手順を踏んで実行してください。

①WonderFox HD Video Converter Factory Proを無料ダウンロード無料ダウンロードしてインストールします。
②ソフトを実行し、メイン画面で「変換」を選択します。
③「ファイル追加」をクリックして動画ファイルをソフトに追加します。
④画面右側の形式アイコンをクリックして出力形式リストを開き、「動画」カテゴリに移動してWMVを選択します。音声ファイルを変換する場合は「音楽」カテゴリに移動してWMA又はMP3を選んでください。
⑤「変換」をクリックします。

あわせて読みたい:Androidで動画再生できない | Windows Media Playerで音楽再生できない | SONY BRAVIAで動画再生できない

3. ディスプレイアダプターをアップデート

ディスプレイアダプターはグラフィックカードまたはビデオカードとも呼ばれており、コンピュータシステムにおいてグラフィック処理を担当します。ディスプレイアダプターをアップデートすることによって効果的に「コーデックが見つかりません」エラーを解消できることはすでに証明されています。下記にてディスプレイアダプターをアップデートする手順を説明します。

①Windowsの検索ボックスに「デバイスマネージャー」を入力してデバイスマネージャーを開きます。
②ディスプレイアダプターを右クリックして「ドライバーの更新」を選択します。
③「ドライバーを自動的に検索」を選択します。その後、Windowsは自動的にパソコン上又はインターネットから最新のドライバーを検索し、アップデートを実行します。

自動アップデートが失敗した場合はデバイスメーカーのウェブサイトにアクセスして手動で最新バージョンのディスプレイアダプターをインストールすることもできます。

4. 音声ドライバーをアンインストール

さらに、第三者音声ドライバーをインストールした場合、これを削除して「コーデックが見つかりません」0xc00d5212エラーの修復を試みることもできます。同じデバイスマネージャーで「サウンド、ビデオ、及びゲームコントローラー」を選択し、削除したい音声ドライバーを右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。次に、「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します。」のチェックを入れ、「アンインストール」をクリックします。

5. Windowsをアップデート

WindowsをアップデートすることによってWindows機能を改善したり新しい機能を追加したりできます。「コーデックが見つかりません」エラーが出た場合はWindowsをアップデートして問題を解消できるかどうかをお試しください。

①キーボードで「Windows+I」を押します。
②「更新とセキュリティ」を開きます。
③「Windows Update」に移動します。
④「更新プログラムのチェック」をクリックします。その後、利用可能なアップデートは自動的にダウンロード&インストールされます。

6. システム復元

Windowsをアップデートしたあと、「コーデックが見つかりません」が飛び出してくる場合もあります。対策としてWindows 10/11システムを復元して問題の原因となったシステム変更を元に戻すことができます。

①Windows検索ボックスに「システム復元」を入力して「復元ポイントの作成」を開きます。
②「システムの保護」タブで「システムの復元」を選択します。
③「次へ」をクリックして復元ポイントを選択します。
④「次へ」「完了」を順次クリックします。

ヒント:「システムの復元」が灰色になっている場合は使用可能な復元ポイントがないからです。また、この機能を使用するには管理者としてサインインする必要があります。

7. 他のメディアプレイヤーを使用

Windows10の映画&テレビ等で動画再生できない時、他のより強力なメディアプレーヤーを使用することはより迅速かつ効果的なソリューションです。VLCはほとんどのメディアファイルを簡単に開ける魅力的なメディアプレイヤーで、Windows media playerや映画&テレビの代替としてはベストチョイスと言えます。VLCを使えば、もう二度と「コーデックが見つかりません」を見ることはないでしょう。

目次
人気記事

Windows Media PlayerでDVDが再生できない場合の対処法

プロジェクターでUSBメモリの動画が再生できない問題の対処法

Xperiaで曲・音楽が再生できない問題の対処法

迅速に「コーデックが見つかりません」エラーを修復

WonderFox HD Video Converter Factory Proを使用して動画&音声ファイルをWindowsプログラムと互換性があるものにして簡単に「コーデックが見つかりません」「このアイテムは、サポートされていないフォーマットでエンコードされています」などのエラーを修復します。動画をご希望の形式にスマートに再エンコードすると同時にビットレート、フレームレート、解像度などのパラメータ設定を高度にカスタマイズすることもサポートします。さらに、便利な動画編集ソフト、YouTube動画ダウンロードソフト、PC画面録画ソフトなどとしても利用できます。詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7以前と互換性がある。

あとがき

上記でWindows10/11「コーデックが見つかりません」「このアイテムは、サポートされていないフォーマットでエンコードされています」エラーを修復する7つの対策をご紹介いたしました。様々な状況で0xc00d5212エラーが出る可能性がありますので、7つの対策全部を試す必要がある場合もあります。全体から言えば、特定のファイルを再生する時のみこのエラーが出る場合、ファイルの形式又はコーデックが原因だと推測されます。それ以外の場合、ファイルを正常に再生するにはパソコンの設定を変更する必要があります。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.