プロジェクターでUSBメモリの動画が再生できない問題の対処法

2021/11/19
  • プロジェクターでUSBメモリの動画が再生できない?
  • ステップ1、動画をソフトに追加
  • ステップ2、動画の出力形式、各パラメータなどを設定
  • ステップ3、動画を適切な形式・解像度などに変換
昨日、自宅でNebulaプロジェクターを使用して、USBメモリに保存した動画を再生したところ、再生できない問題が発生しました。その問題の原因と解決方法を教えてください。
プロジェクターを使ってUSBメモリの動画を再生してみた時、再生できる動画があると同時に再生できない動画もありました。その理由は何ですか?USBに保存されている動画の中に、今使用しているプロジェクターが対応していない形式のものがあるからでしょうか?プロジェクターはエプソン製です。
USBメモリの動画をpopInプロジェクターで再生して、同じMP4動画であっても再生できるものと再生できないものがあります。一部のMP4形式の動画がpopInプロジェクターで再生できないのはどうしてでしょうか?

プロジェクターでUSBメモリの動画が再生できない原因

最近、プロジェクターがますます普及してきて、USBポートが付いているものも多くなるので、見たいがプロジェクターで直接見られない番組や映画などをUSBメモリに保存して、プロジェクターで再生するのが人気の視聴方法になっています。ただし、USBメモリの一部の動画ファイルをプロジェクターで開くことができない場合もあります。その原因は通常、再生したい動画ファイルのファイル形式、ファイルサイズ、解像度などのパラメータが、お使いのプロジェクターにサポートされていないことです。

動画形式・解像度変換ソフト

プロの動画形式・解像度変換ソフトWonderFox HD Video Converter Factory Proを使えば、プロジェクターで再生できない動画を適切な形式・解像度に変換できる詳細を見る >

  • バッチ変換モードでは、複数の動画ファイルを同時に変換
  • 動画変換と同時に、動画の画質を良くすることが可能
  • ファイルサイズが大きすぎる動画の品質を維持しながら圧縮
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* 動画の解像度を1280×720や1920×1080、2560×1440など、最大7680×4320(8K)まで変換可能

プロジェクターでUSBメモリの動画が再生できない問題の対処法

上記によって、動画ファイルの形式、解像度、ファイルサイズを変更できるツールを使って、動画ファイルの各パラメータを適切な値に変更できれば、USBメモリの動画ファイルをプロジェクターで再生できないという問題を解決できるではないでしょうか。WonderFox HD Video Converter Factory Proは、複数の動画の形式を一括変換しながら、動画の解像度を変更したり、動画を圧縮したりすることができる多機能な動画変換ソフトです。次、それを使って、動画形式の変換、動画のパラメータ変更、動画の圧縮などを行う方法を詳しくご説明します。

ヒント:動画ファイルのパラメータを変更する前に、お使いのプロジェクターのブランドの公式サイトの製品ページで、プロジェクターがサポートしている動画ファイルの各パラメータを確認しておいてください。

また、プロジェクターでUSBメモリの動画が再生できない問題を解決するために、動画形式の変換、動画のパラメータ変更、動画の圧縮などを行う前に、まず、多機能な動画変換ソフトWonderFox HD Video Converter Factory Proを無料ダウンロード無料ダウンロードしインストールしましょう~

ステップ1、プロジェクターで再生できない動画をソフトに追加

①HD Video Converter Factory Proを立ち上げる

②メイン画面で「変換」ボタンをクリックし動画変換画面に入る

③左上の「+ファイル追加」ボタン、あるいは真ん中の「+」ボタンをクリックし、プロジェクターで再生できない動画を選択し追加するか、ソフトに直接ドラッグする(複数の動画を一括追加可能)

ステップ2、プロジェクターで再生できない動画の出力形式を設定

再生したい動画ファイルの形式が、お使いのプロジェクターに対応されていない場合、下記の通り動画の出力形式を変更しましょう。

①変換画面の右の「出力フォーマットを選択」ボタンをクリックし、出力形式選択画面に入る

②お使いのプロジェクターが対応している動画形式がわかっている場合、出力フォーマット選択画面で、お使いのプロジェクターが対応している動画形式いずれかを選択する(わからない場合、最も汎用性が高い「MP4」を選択)

ステップ3、解像度を変更

再生したい動画ファイルの解像度がお使いのプロジェクターに対応していない場合、下記の通り動画の解像度を変更しましょう。

変換画面の右の「クイック設定」の下のスライダをお使いのプロジェクターに対応される値にドラッグする(このクイック設定は、出力動画の解像度設定)

あるいは、「パラメータ設定」ボタンをクリックし、「解像度」のドロップダウンメニューで対応の解像度を選択する(手動入力も可能)

ステップ4、圧縮率を設定

再生したい動画ファイルのファイルサイズが、お使いのプロジェクターにサポートされている最大ファイルサイズを超えている場合、下記の通り動画の圧縮率を変更して動画のファイルサイズを小さくしましょう。

①変換画面の下の「バッチ圧縮」ボタンをクリックする

②表示される青いバーで白いボタンをドラッグし圧縮率を設定する(左から右までドラッグすると、「0%」から「100%」まで圧縮率を選択可能)

ヒント:圧縮率が高すぎると出力動画の画質が悪くなる可能性があるので、圧縮率を高く設定しないほうがいい

ステップ5、プロジェクターで再生できない動画を変換

すべての設定が完了したら、下記の通り動画を書き出しましょう。

①変換画面の下の「▼」ボタンをクリックしファイルの出力先を設定する

②右下の「変換」ボタンをクリックし、プロジェクターで再生できない動画の各パラメータを変換する

目次
人気記事

iPhoneでMPGを再生

iPadで動画を再生する方法

Xperiaで音楽が再生できない

多機能動画変換ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory Proはプロジェクターで再生できない動画の形式・解像度などを変更できるだけでなく、動画の編集、ダウンロード、録画など様々な機能を備えている詳細を見る >

  • 動画をAVI/MP4/MKVなど500種類以上の形式や端末向けの形式へ変換
  • 切り取り、結合、エフェクト追加など、最も基本的な編集機能を搭載
  • YouTube・Twitter・Dailymotionなど300以上のサイトから動画をダウンロード
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* WonderFoxの第二代高速動画エンコード技術(GRVE-2)とGPUアクセラレーションによって、普通より最大50倍速いの変換速度が実現できる

まとめ

以上はプロジェクターで再生できない動画ファイルの形式・解像度・ファイルサイズなどを、そのプロジェクターに適した値に変換する方法です。お役に立てれば幸いです。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.