「超簡単」Googleドライブの動画を再生できないエラーを解決する方法6選

Googleドライブにある動画を再生する時、「エラー。問題により、この動画を再生できません」、「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください」など、いろいろな予知できないエラーが表示される可能性があるでしょう。そのため、本文では、六つのGoogleドライブの動画を再生できないエラーを解決する方法を紹介させていただきます。

スイカ | 2021/05/19

Googleドライブとは(詳しい方は読み飛ばしても大丈夫です)

Google Driveに保存した動画を再生できない原因及び再生できない時の対処法

1.Google ブラウザやGoogleドライブアプリケーションのバージョンが古すぎる

2.ブラウザのキャッシュファイルとクッキーが多すぎる

3.ブラウザの拡張機能に引き起こされるエラー

4.ネットワークの調子が悪い

5.動画のサイズ(容量)が大きすぎる

6.動画のフォーマットはGoogleドライブでサポートされていない

Googleドライブとは(詳しい方は読み飛ばしても大丈夫です)

Googleドライブ(グーグルドライブ)とは、Googleが提供するオンラインストレージサービスで、Googleアカウントでログインすることができます。Google ドライブで、ビデオ、写真、ドキュメント、PDFなど、さまざまなファイルを安全に保存して共有することができます。

ですが、グーグル ドライブに保存した動画を見れない場合は少なくないです。そのため、本文では、Google Driveに保存した動画を見れない原因及び見れない時の対処法を紹介いたします。

関連記事:QuickTimeでMOVを再生できない

パワポで「コーデックを使用できません」の解決策

100%無料のHD動画変換ソフト

動画や音楽ファイルを動画共有サイト、SNSやGoogleドライブのようなクラウドストレージにアップロードしたい場合、大きすぎるファイルサイズに引き起こされたアップロードエラーを避けるため、WonderFox Free HD Video Converter Factoryでメディアファイルの品質を保つ同時にサイズ(容量)を圧縮できます。

Google Driveに保存した動画を再生できない原因及び再生できない時の対処法

1.Google ブラウザやGoogleドライブアプリケーションのバージョンが古すぎる

まず、お使いのGoogle ブラウザやGoogleドライブアプリケーションのバージョンを確認しましょう。バージョンが古すぎるなら、最新のバージョンにアップデートしたほうがいいです。アップデートを完了するあと、Google ブラウザやGoogleドライブを再起動して、もう一度お試しください。

2.ブラウザのキャッシュファイルとクッキーが多すぎる

Cookie(クッキー)とは、サイトを訪問したユーザーの情報を保存するデータです。 キャッシュファイルとは、訪問したサイトの情報を保存するデータファイルです。 ブラウザのキャッシュファイルとクッキーを削除するあと、Google ブラウザを再起動して、もう一度お試しください。

3.ブラウザの拡張機能に引き起こされるエラー

Google ブラウザにインストールした拡張機能を一つずつ確認して、エラーを引き起こす拡張機能を発見すれば、削除しあるいは無効にしましょう。そして、Google ブラウザを再起動してもう一度お試しください。

4.ネットワークの調子が悪い

有線または無線ネットワークの接続状態を確認し、必要があればルータを再起動しますか、セキュリティソフトを使ってネットワークの障害を修正します。そして、Google ブラウザを再起動してもう一度お試しください。

5.動画のサイズ(容量)が大きすぎる

動画のサイズが大きい場合、トランスコードと読み込みは時間がかかる場合もあります。その時、「この動画をロードしています、あとで確認してください。あるいはすぐにダウンロードしてください」などのメッセージが表示される可能性があります。その場合、ページを再読み込みしてもう一度お試しください。通常、数分から数時間まで待つと再生することができます。ですが、長時間経過しても保存した動画をロードできない、あるいは再生できないなら、動画ファイルはもう破損してしまった可能性もあります。その場合、その動画をダウンロードし、PCにあるメディアプレイヤーで再生できるかどうかを確認したほうがいいと思います。

ちなみに、必要があれば、動画編集ソフトで大きすぎる動画のサイズを圧縮することができ、破損した動画を修復することもできます。

6.動画のフォーマットはGoogleドライブでサポートされていない

Google ドライブの動画に関する制限事項の詳細については、下記をご参照ください。

①解像度

あらゆる解像度の動画を保存できますが、1920 x 1080までの解像度の動画だけを再生できます。そこで、解像度の制限を超えた動画をGoogle ドライブで再生する必要があれば、まずその動画の解像度を変換しなければならないです。

②形式

WebM ファイル(Vp8 動画コーデック、Vorbis オーディオ コーデック) MPEG4、3GPP、MOV ファイル(h264 動画コーデック、MPEG4 動画コーデック、AAC オーディオ コーデック)

AVI(MJPEG 動画コーデック、PCM オーディオ)

MPEGPS(MPEG2 動画コーデック、MP2 オーディオ)

WMV

FLV(Adobe - FLV1 動画コーデック、MP3 オーディオ)

MTS

OGG

ちなみに、端末によってはサポートされていない可能性もあります。

関連記事:Windows10でDVD再生できないChromeで動画再生できない

動画の形式を変換する必要があれば、これらの無料な動画変換ソフトを体験してみましょう。

100%無料のHD動画変換ソフト

ほとんどの動画・音楽ファイルをGoogle Driveに適した形式に変換することで、再生できないなどのエラーを回避することができます。(動画をMP4、MOV、AVI、MTS、HD MP4、HD AVI、HD MPG、AVCHDなど一般的なフォーマットに変換できます。)

まとめ

以上はGoogleドライブで「動画を再生できません」というエラーは表示される原因及び再生できない時の対処法です。お役に立てれば幸いです。ニーズに合ったソリューションをお選びましょう!

オールインワンの動画変換ソフトウェア

WonderFox HD Video Converter Factory Proで、

WonderFox独自のビデオエンコード技術を採用することで、HD Video Converter Factory Proは数多くの変換ソフトから際立ち、より高い品質の動画を出力できます。手軽にあらゆる動画や音楽ファイルをGoogleドライブでサポートされている形式に変換することにより、Google ドライブに保存した動画を再生できないエラーを簡単に解決できます。さらに、メディアファイルを圧縮や編集することもできます。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved