パワーディレクター(PowerDirector)にiPhone動画の取り込み方

2021/12/03
  • iPhoneで撮影した動画ファイルをPowerDirectorに正常に取り込める形式に変換
  • ステップ1、取り込めないiPhone動画を追加
  • ステップ2、取り込めないiPhone動画の出力形式を選択
  • ステップ3、取り込めないiPhone動画を変換
PowerDirectorにiPhoneで撮影した動画を取り込んで編集しようとしたところ、「メディアライブラリーのファイルを読み込み中にエラーが発生しました」というエラーメッセージが表示されました。そのエラーを解決するにはどうしたらいいでしょうか?PowerDirector 365を使用しています。
PowerDirector 20にiPhoneで撮影した動画の取り込みは失敗しました。インターネットで検索して、おそらくパソコンにiPhoneで撮影した動画を読み込めるコーデックが搭載されていないことがわかりました。CyberLink社の公式サイトの対処方法に従って、最新版のQuickTimeをインストールしたのですが、まだ取り込めなかったです。ほかの役立つ方法がありませんか?
iPhoneで撮影した動画をPowerDirector(13)に取り込めないです。カスタマーサービスによると、その原因はファイル名やファイルが保存されているパスに2バイト文字が含まれているかもしれないということです。しかし、ファイル名とパス名を変更しても、ファイルを取り込むことができないです。どうすればいいですか?
絶賛される動画変換ソフト

WonderFox DVD Video Converterは、ほとんどすべての形式の動画ファイルをMP4/AVI/WMVなどのよく見られる形式に変換できる非常に優れた動画変換ソフトです。つまり、PowerDirectorに動画ファイルを取り込めない場合、このソフトを使って、読み込めない動画ファイルをPowerDirectorに対応する形式に変換することができます。 詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* 4K、2K、1080P、720P、480Pなどの解像度をサポートするため、ご自分の必要に応じて、出力動画の解像度を変更することもできます。 詳細を見る >

パワーディレクターにiPhone動画の取り込み方

今、PowerDirectorはすでに多くの動画形式に対応していますが、iPhoneで撮影した動画をうまく取り込めない場合、まだ動画ファイルの形式やエンコード規格がPowerDirectorに対応していないことが原因である可能性が高いです。そのため、その問題を解決する最善の方法は、iPhoneで撮影した動画ファイルを最も汎用性の高い動画形式(特にH264でエンコードされたMP4)に変換することです。

WonderFox DVD Video Converterは、iPhoneで撮影した動画ファイルを、PowerDirectorやほかの動画編集ソフトとの互換性が一番高いH264でエンコードされるMP4ファイルへの変換をサポートする動画変換ソフトです(バッチ変換にも対応)。次、具体的な変換方法をご紹介します。

ヒント:変換後に、iPhoneで撮影した動画ファイルの形式はMP4になりますので、QuickTimeがインストールされていなくても、PowerDirectorに正常に取り込まれます。

iPhoneで撮影した動画ファイルをPowerDirectorに正常に取り込める形式に変換する前に、まず、強力な動画変換ソフトDVD Video Converterを無料ダウンロード無料ダウンロードしインストールしましょう~

ステップ1、PowerDirectorに取り込めないiPhone動画を追加

①動画変換ソフトDVD Video Converterを立ち上げる

「ファイル追加」をクリックし、iPhoneで撮影した動画ファイルを選択し追加するか、iPhoneで撮影した動画ファイルをソフトに直接ドラッグする

ヒント:バッチ変換機能により、複数のiPhoneで撮影した動画ファイルを一度に取り込むことができます。

ステップ2、PowerDirectorに取り込めないiPhone動画の出力形式を選択

①右の「出力フォーマット」をクリックし、出力形式選択画面に入る

「Video」をクリックし、「MP4」を選択する

「出力フォーマット」の下の「設定」をクリックし、「ビデオ」リストで「エンコーダ」「自動設定」から「H264」に変更する

「Ok」をクリックし、設定を保存する

ステップ3、PowerDirectorに取り込めないiPhone動画を変換

①下の「・・・」をクリックし出力動画ファイルの保存場所を設定する

②右下の「変換」をクリックしPowerDirectorに取り込めないiPhone動画ファイルを変換する

ヒント:最新のNvidia NVENCおよびIntel QSV加速技術によって、動画変換の速度を最大50倍上げられる

目次
人気記事

VideoPadで動画の保存方法

VEGASでMP4・MOVを読み込めない

Davinci ResolveでMP4を出力

絶賛される多機能の動画&DVD変換ソフト

WonderFox DVD Video Converterは、PowerDirectorに取り込めない動画ファイルを、MP4などの汎用性の高いフォーマットに変換できるだけでなく、DVDリッピング、オンライン動画ダウンロードなどの機能も備えている詳細を見る >

  • YouTube、ニコニコ動画、Gyao!、Dailymotionなど300以上のサイトから動画・音楽を編集素材としてダウンロード
  • DVDをリッピングして、DVDのメイン動画を編集素材として直接抽出
  • 動画をカットしておくことができ、後の編集の時間を節約
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* 自動最適化機能によって、動画を出力する際に、動画の品質は劣化しない 詳細を見る >

まとめ

以上は、QuickTimeをインストールしていない場合、パワーディレクターにiPhone動画の取り込み方です。お役に立てれば幸いです。もちろん、iPhoneで撮影した動画に加えて、この記事で紹介した方法でPowerDirectorに取り込めないほほすべての動画ファイルを変換してから取り込むことができます。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.