Davinci ResolveでMP4動画の出力方法

2021/10/22

DaVinci Resolveは、強力な動画編集機能を備えた人気の高い動画編集ソフトです。ただし、初心者にとっては、DaVinci Resolveで編集が終わった動画やプロジェクトファイル(.drpファイル)をMP4などの通常のフォーマットに出力する方法がわからない場合もあるでしょう。ツールバーの[保存]ボタンをクリックすれば、編集終了の動画は拡張子が[.drp]のプロジェクトファイルとして保存されます。

ヒント:オンラインのビデオコンバータやサードパーティの動画変換ソフトを使用しても、DRPファイルをMP4や他の通常のフォーマットに直接変換することができないです。

実は、DaVinci Resolve自体に、編集した動画やDRPプロジェクトファイルをMP4などのフォーマットに出力する機能が備わっています。本文では、Davinci Resolveで編集した動画をMP4に出力する方法を紹介いたします。DaVinci Resolveで動画の編集が終わり、Youtubeなどの動画共有サイトで公開したい、あるいは友達と共有したいけど、MP4に出力する方法がわからない方は、次の部分を読んでみてください。

強力な動画・音楽形式変換ソフト

動画編集に欠かせないツールWonderFox HD Video Converter Factory Proは、ほとんどの形式を対応できる動画&音楽変換ソフトで、ほぼすべての形式の動画/音楽をMP4・AVI・MOV/MP3・WAVなど汎用性が高い形式に変換できます。詳細を見る >

  • 普通の形式変換に加えて、Davinci Resolveで読み込めない動画・音楽ファイルをDavinci Resolveに対応する形式に変換
  • 複数の動画・音楽ファイルを一括処理
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* WonderFoxの第二代高速動画エンコード技術(GRVE-2)とハードウェアエンコード技術によって、動画・音楽の変換にかなり時間を短縮できます。

Davinci ResolveでMP4を出力する方法

次に、Davinci Resolveに搭載されている動画書き出し機能を使って、編集した動画やDRPプロジェクトファイルをMP4に書き出す方法を紹介いたします。

ステップ1、動画の編集が完了した、あるいはDRPプロジェクトファイルが読み込まれた後、インターフェースの底にあるロケットのような[デリバー]ボタンをクリックし、レンダー設定画面を開きます。

ヒント:[レンダー設定]ページがインターフェースの左上に表示されます。レンダー設定ページで、必要に応じて出力動画のパラメータ、出力ファイル名、出力先を設定することができます。

ステップ2、[カスタム]を選択して、[ビデオ]の下にある[ビデオの書き出し]パネルで、[フォーマット]をMP4に設定し、他のパラメータを調整して、[レンダーキューに追加]ボタンをクリックします。

ステップ3、レンダー設定が完了したら、右の[レンダー開始]ボタンをクリックすると、Davinci Resolveで動画の書き出し(MP4)を開始できます。

目次
人気記事

DaVinci ResolveにMOVを読み込めない

Premiere ProでAVCHDの読み込み

After EffectsでMP4が読み込めない

多機能な動画変換ソフト

多機能動画変換ソフトWonderFox HD Video Converter Factory Proは強力な動画変換機能を搭載しているだけでなく、動画の編集、YouTubeなどの動画共有サイトから動画・音楽のダウンロード、録画など様々な機能を備えています。詳細を見る >

  • 動画、音楽を500+の形式や端末へ変換
  • DaVinci Resolve、Premiere Pro、After Effects、PowerDirector、Filmoraなどの動画編集ソフトに対応する動画・音楽形式を提供
  • 複数の動画、音声ファイルを同時に変換
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* DaVinci Resolveに追加する前に、一番簡単な方法で動画ファイルを編集することができます。(切り取り、切り抜き加工、回転など)
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.