Power Directorに動画を読み込めない原因及び対処法

2021/08/20
  • Power Directorに動画を読み込めない時の対処法ーー読み込めない動画の形式を変換
  • ステップ1、読み込めない動画ファイルを追加
  • ステップ2、出力形式を選択
  • ステップ3、形式の変換を開始

パワー ディレクターに動画を読み込めない原因

普段、Power Directorで動画を編集している時、動画ファイルが取り込めないという状況に遭遇することがあるでしょう。その理由は、通常Power Directorのバージョンが低すぎる/取り込んだビデオファイルのフォーマットやエンコード形式がPower Directorにサポートされていないということです。

Power Directorはとても強力なビデオ編集ソフトであり、様々なフォーマット/エンコード形式の動画に対応していますが、一部の珍しいや特殊なフォーマットのビデオファイルを読み込めない場合もあります。

Power DirectorにMP4動画ファイルを読み込めない?

汎用性の高いMP4形式の動画でも、MP4という動画コンテナは多くのエンコード形式を格納できるため、エンコード形式がPower Directorにサポートされていない場合、読み込めないエラーが表示される場合もあります。

ビデオの拡張子、コンテナフォーマット、エンコードフォーマットについては、下記の記事を参照してください。
Premiere ProにMOVを読み込めない時の対処法
多機能な動画変換ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory Proを使えば、Power Directorに読み込めない動画ファイルをPower Directorと互換性がある形式に変換できるだけでなく、あらゆる形式のオーディオ、ビデオを500種類以上の形式や端末へ変換できます。詳細を見る >

  • AVI、MP4、MTS、DIVX、MOV、MPG、MPEG4、H264、XVID、WAV、MP3、DTS、AC3、AAC、IPhone、SONY、Fireなど500種類以上の形式や端末に対応
  • H265「HEVC」、VP9などのコーデックもサポート
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* 一括変換モードでは、一番速いスピードで複数のビデオ、オーディオを同時に変換することができます。

パワー ディレクターに動画を読み込めない時の対処法

上記によってPower Directorに動画を読み込めない原因の一つは取り込みたい動画ファイルの形式・エンコード形式がPower Directorにサポートされていないということが判明しました。そのため、Power Directorに動画を読み込めない時、一番役に立つ対処法は動画変換ソフトを使って、取り込みたい動画ファイルの形式を変換するのだと思います。次、強力な動画変換ソフトWonderFox HD Video Converter Factory ProPower Directorに読み込めない動画ファイルをPower Directorと互換性がある形式に変換する方法を紹介いたします。

パワー ディレクターに読み込めない動画ファイルの変換方法

ステップ1、読み込めない動画ファイルを追加

Power Directorに読み込めない動画ファイルの変換を開始する前に、まず動画変換ソフトWonderFox HD Video Converter Factory Proを無料ダウンロード無料ダウンロードしインストールしましょう~

①WonderFox HD Video Converter Factory Proを立ち上げる

②メイン画面で「変換」をクリックして動画変換画面に入る

③変換画面の左上にある「ファイル追加」あるいは真ん中にある「+」をクリックし取り込めない動画ファイルを選択し追加するか、取り込めない動画ファイルを変換画面に直接にドラッグし追加する

ステップ2、出力形式を選択

①右の「出力フォーマットを選択」をクリックして出力形式選択画面に入る

「動画」リストにある「MP4」を選ぶ

ヒント:MP4は汎用性が一番高い動画形式であるため、Power Directorとの互換性も強いはずです。また、どのようなエンコード形式の動画ファイルが追加されても、「MP4」を選べば、自動的に汎用性が一番高いH264というコーデックは使用されます。

ステップ3、動画をカット(省略可)

WonderFox HD Video Converter Factory Proで内蔵される動画カット機能を使って、形式を変換する前に、まず動画ファイルをカットすることができます。それによって、変換終了後、必要なビデオクリップを直接入手することができ、Power Directorで動画素材をもう一度カットしなくても大丈夫です。また、動画素材をカットしておくことで、追加された動画ファイルの数が多すぎ、サイズが大きすぎるのに引き起こされるPower Directorが遅くなる問題を防ぐことができるかもしれないです。

①変換画面で、青いツールバーで二番目のハサミ型の「切り取り」ボタンをクリックし、動画カット画面に入る

②動画のプレビュー画面の下でスライダーをドラッグし動画クリップの先頭と末尾を設定する

③右の緑の「切り取り」ボタンをクリックする

ヒント:1つのビデオ素材を複数のビデオクリップに切り取り、一括書き出すことができます。

④カットを終了後、「OK」をクリックする

ステップ4、形式の変換を開始

①カット・形式選択終了後、変換画面の下の青い▼をクリックし出力先を選択する

②右下の「変換」をクリックしPower Directorに取り込めない動画ファイルの形式を変換する

変換が完了すれば、変換した動画ファイルをPower Directorに追加してみましょう~

目次
人気記事

PowerDirectorで動画をMP4形式として出力

PDSファイルをMP4形式に変換

Premiere ProにMP4を読み込めない

全形式対応のオーディオ、ビデオ変換ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory Proを使えば、あらゆる形式の動画・音楽をMP4、AVI、MOV、MP3、FLACなど500種類以上の形式や端末へ変換することができ、Power Directorに読み込めない動画ファイルをPower Directorと互換性がある形式に変換できます。詳細を見る >

  • 複数のファイルを一括処理
  • 最新のコーデックーーH265「HEVC」、VP9などをサポート
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* WonderFoxの第二代高速ビデオエンコード技術(GRVE-2)GPU加速とによって、変換速度が普通より最大50倍速い
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.