DVDをパソコンに取り込む方法【Windows7向け】

2022/06/01
  • 自作・市販・レンタルDVDをWindows7パソコンに取り込む方法 >>
  • ステップ1、Windows7パソコンに取り込みたいDVDを追加
  • ステップ2、出力形式を選択
  • ステップ3、Windows7パソコンにDVDを取り込み
  • (*コピーガード解除に対応)

Windows7パソコンにDVDを取り込みたい!

* ご注意:本文はあくまで方法の解説を目的としています。市販・レンタルDVDを無断でコピーすることは著作権法違反に当たる可能性がありますので、ご注意ください。

Windows7パソコンにDVDを取り込みたいですが、ネット上でツールと方法を検索したところ、結果はほとんどWindows10/11向けでした、といった問題に困っている方はたくさんいらっしゃると思います。確かにWindows7はちょっと時代遅れの気がしますが、それでも現在はまだ多くの方に利用されています。そこで、今回はWindows7 DVDコピーガード解除、Windows7 DVD MP4変換といった問題も含めて、DVDをWindows7パソコンに取り込む方法について紹介したいと思います。

あわせて読みたい:「Windows10向」DVDをパソコンに取り込む方法 | Windows10でDVDをコピーして圧縮する方法

最強のWindows7 DVD取り込みソフト

市販・レンタルDVDをWindows7パソコンに取り込む方法を探している方に最強のWindows7 DVD取り込みソフトWonderFox DVD Ripper Proを強くお勧めします。自作・市販・レンタルを問わず、DVDコンテンツをソフトにインポートしたら、種々のコピーガードは自動的に解除されます。MP4、WMV、ISOイメージ、DVDフォルダ等、出力形式も様々です。 詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7以前と互換性がある。

DVDをWindows7パソコンに取り込む方法1:Windows7 DVD取り込みフリーソフト

まずはWindows7 DVD取り込みフリーソフトを使ってDVDをWindows7パソコンに取り込む方法を紹介しましょう。

Windowsパソコンで使える最強のメディアプレイヤーといっても過言ではないVLC Media PlayerはWindows XP SP3から最新のWindows 11まで、全てのWindowsバージョンで利用できます。MP4等の動画ファイルを再生できるだけでなく、DVD動画の再生にも対応しています。そしてDVD動画をMP4等に変換することもできますから、Windows7 DVD取り込みフリーソフトとしても使えます。

Windows7 DVD取り込みフリーソフトVLCを使ってDVDをMP4に変換してWindows7パソコンに取り込む方法は下記をご参考いただけます。

①VLCを起動してトップメニューから「メディア」>「変換/保存」を順次選択します。

②「メディアを開く」画面で「ディスク」タブに移動して「ディスクデバイス」を選択します。その後、「変換/保存」をクリックします。

③「変換」画面で「プロファイル」のドロップダウンリストから出力形式として「Video-H.264+MP3(MP4)」を選択します。もちろんほかのデジタル動画形式を選択してもオーケーです。

④「参照」ボタンをクリックしてMP4の出力先を設定します。

⑤最後に「変換」をクリックしてDVDをMP4に変換してWindows7パソコンに取り込みます。

VLCはWindows7 DVD取り込みフリーソフトとして、無料で使えるところはいいですが、DVDのコピーガードを解除できないため、市販DVDやレンタルDVDをWindows7パソコンに取り込むことはできません。また、DVDをMP4等の動画形式に変換することのみをサポートし、ISOイメージやDVDフォルダの作成はできません。

あわせて読みたい:VLCでDVDが再生できない?解決案をご紹介 | VLCでDVDをMP4に変換する方法

DVDをWindows7パソコンに取り込む方法2:プロのWindows7 DVD取り込みソフト

次にプロのWindows7 DVD取り込みソフトを使って自作・市販・レンタルDVDをWindows7パソコンに取り込む方法を紹介しましょう。

WonderFox DVD Ripper ProはWindows11/10/8/7/Vista等と互換性があり、自作・市販・レンタルを問わず、Windows7でDVDのコピーガードを解除してMP4等に変換することができます。また、デジタル動画形式の他、DVDコンテンツを1:1でコピーできるISOイメージとDVDフォルダの作成にも対応しています。

プロのWindows7 DVD取り込みソフトWonderFox DVD Ripper Proを使ってDVDのコピーガードを解除してWindows7パソコンに取り込む方法は下記になります。

自作・市販・レンタルDVDをWindows7パソコンに取り込む方法を読む前にはまず準備としてWonderFox DVD Ripper Proをお使いのWindows7パソコンに無料ダウンロード無料ダウンロードしてインストールしてください。

ステップ1、Windows7パソコンに取り込みたいDVDを追加

WonderFox DVD Ripper Proを実行します。そして「DVDディスク」をクリックしてドライブレターを選択します。その後、このWindows7 DVD取り込みソフトは自動的にDVDのコピーガードを解除して動画コンテンツをインポートします。メイン動画も自動的に選出されます。

ステップ2、出力形式を選択

画面右側にある大きな形式アイコンをクリックして出力形式リストを開きます。Windows7でDVDをMP4に変換したい場合は「Video」カテゴリからMP4を出力形式として選択してください。1:1のDVDコピーを作成したい場合は「1:1 Quick Copy」カテゴリからISOもしくはDVD Folderを選択してください。

ステップ3、Windows7パソコンにDVDを取り込み

画面右下の「RUN」ボタンをクリックして自作・市販・レンタルDVDをWindows7パソコンに取り込みます。このステップで少々時間がかかりますが、プロセスが終わったあと、「フォルダ開く」ボタンをクリックして出力されたコンテンツを確認できます。

あわせて読みたい:手軽にDVDをパソコンに取り込む方法

目次
人気記事

DVDからISOイメージを作成する方法

DVDを焼き増しする方法

DVDから映画を取り込み・コピーする方法

いろいろできるWindows7 DVD取り込みソフト
  • 自動的にDVDにかかっているコピーガードを解除します。
  • DVDディスク・ISOイメージ・DVDフォルダを様々な動画形式に変換します。
  • DVDコンテンツから音声を抽出してMP3などの音声形式で保存します。
  • 切り取り、切り抜き、回転などでDVD動画を手軽に編集します。
  • エンコーダ、解像度、ボリューム等、DVD動画のパラメータを変更します。
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows11/10/8.1/8/7以前と互換性がある。 詳細を見る >

後書き

以上、DVDをWindows7パソコンに取り込む方法をご紹介致しました。お役に立てますと幸いです。

プロのWindows7 DVD取り込みソフトWonderFox DVD Ripper Proは自作・市販・レンタルを問わず、Windows7でDVDのコピーガードを解除してDVDをMP4に変換したり、ISOイメージやDVDフォルダを作成したりできます。自作DVDをWindows7パソコンに取り込みたいなら、フリーソフトのVLC Media Playerを使えば十分ですが、市販・レンタルDVDをWindows7パソコンに取り込みたい場合は、ぜひ WonderFox DVD Ripper Proを使ってみてください。

無料ダウンロード
無料ダウンロード
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.