【2022】AviUtlからWMVを出力する方法「プラグイン不要」

2022/01/28
  • AviUtlから出力した動画をWMVに変換する方法
  • ①AviUtlから出力した動画をソフトに追加
  • ②「WMV」を出力形式として選択
  • ③AviUtlから出力した動画をWMVに変換
AviUtlを使ってWMVビデオを出力したいなら、対応する機能を持つプラグインをダウンロードしてインストールする必要があることを知っていますが、それは少し面倒だと思います。AviUtlからWMVをもっと簡単に出力する方法はありませんか。
「WMV出力Plus」をインストールし、インターネット上のチュートリアルによって動作環境を設定した後、AviUtlからWMVファイルの出力にかかる時間は非常に長く、出力されるWMVファイルサイズは大きいが画質は特に良くないことに気づきました。AviUtlから最適なパラメータでWMVファイルを出力できるより迅速な方法はあるでしょうか?
ご存知のように、AviUtlからWMVファイルを出力するには、その機能を持つプラグインをダウンロードしインストールして、必要に応じてさまざまな出力パラメータを設定する必要があります。それは初心者の方にとって簡単なことではなく、しかも多くの場合に時間がかかります。そこで、この記事では、出力プラグインをインストールせずに、初心者向けの簡単かつ迅速なWMVファイル出力方法「出力動画のパラメータを最適に自動設定するのをサポートするサードパーティ動画変換ソフトを使用して、AviUtlから出力されたAVIファイルをWMVに変換」を提供いたします。直接出力できないですが、操作方法は非常に簡単です。必要があれば、読み続けてみてください。
AviUtlでMP3の読み込みAviUtlでMP3を出力ムービーメーカーでMP4を保存
AviUtlからWMVを出力したい?

初心者向けの動画変換ソフトWonderFox HD Video Converter Factory Proを使えば、僅かな手順でAviUtlから出力した任意の形式の動画をWMVに変換できます。もちろん、AviUtlから保存した動画・音楽を好きな形式に変換できるほか、AviUtlに読み込めない動画・音楽をAviUtlに適した形式に変換することもできます。詳細を見る >

  • 「自動設定」機能では、元ファイルの情報と出力ファイルの形式によって、最適なのパラメータを自動的に設定できます。
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* WonderFox独自のデコード・エンコード技術によって、最速で複数のファイルを一括処理できます。

AviUtlからWMVファイルを出力

上記によって、編集した動画をAviUtlからWMV形式で出力したい場合、サードパーティの動画変換ソフトを使用する必要があることがわかるでしょう。ここでは、自動パラメータ設定機能を備える初心者向けの動画変換ソフトウェアWonderFox HD Video Converter Factory Proをお薦めします。ファイルを追加して出力形式を選択するだけで、元のファイルの情報に基づいて出力パラメータは最適な値に自動設定されます。つまり、それを使用すると、複雑な環境設定を必要とせずに、AviUtlから出力された動画ファイルを最適なパラメータでWMVに変換できます。もちろん、その変換機能を使って、AviUtlに追加できない様々な形式の動画/音楽ファイルをAviUtlにサポートされる形式に変換したり、AviUtlが出力された動画/音楽ファイルを好きな形式に変換したりすることもできます。

また、その動画編集の最高のパートナーのダウンロード機能を使えば、YouTube/ニコニコ動画など1000以上の動画サイトから動画/音楽/字幕を編集素材としてダウンロードすることができ、録画機能を使えば、パソコンの画面を録画できます。

次、AviUtlから間接的にWMV動画を出力する方法について詳しく説明いたします。始める前に、HD Video Converter Factory Proを無料ダウンロード無料ダウンロードしてインストールしましょう。

AviUtlからWMVの出力の詳しい手順

①AviUtlから編集した動画を任意の形式で出力します。

②HD Video Converter Factory Proを実行し、「変換」をクリックします。

「+ファイル追加」をクリックし、AviUtlから書き出した動画をソフトに取り込みます。

ヒント:複数の動画を一括追加・変換できます。

④右側の「出力フォーマットを選択」をクリックし、「動画」タグで「WMV」を出力形式として選択します。もちろん、必要に応じて他の形式を選択することできます。

ヒント2:右側の「パラメータ設定」をクリックすれば、出力WMVファイルのパラメータを変更できます。ちなみに、HD Video Converter Factory Proは元のファイルの情報によって出力パラメータを最適な値に自動設定できるため、パラメータをどのように設定するのがよいかわからない初心者の方は、わざわざパラメータを変更しなくても全然大丈夫です。

⑤下の逆三角形をクリックし、出力WMVファイルの保存先を選択します。

⑥右下の「変換」をクリックし、AviUtlから出力した動画をWMVに変換し始めます。

目次
人気記事

FFmpegで動画を結合

FFmpegでTSをMP4に変換

Handbrakeの使い方

多機能動画変換ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory ProはAviUtlから出力動画をWMVに変換できるだけでなく、音楽の形式変換、動画・音楽の編集・ダウンロード、録画、GIF作成など様々な機能が備わっている詳細を見る >

  • YouTube・Twitter・ニコニコ動画など1000+のサイトから動画をダウンロード
  • パソコンの画面および音声(システム音とマイク音)をキャプチャー
  • 動画や画像をGIFアニメに作成
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows 11/10/8/7/Vista/...と互換性がある

まとめ

以上はプラグインを使わずにAviUtlからWMVを間接的に出力する方法です。お役に立てれば幸いです。その方法を使えばソフトウェアをダウンロードしてインストールする必要がありますが、最も面倒な環境設定のプロセスを完全にスキップできます。今すぐ初心者に最適な動画編集パートナーWonderFox HD Video Converter Factory Proを試してみましょう。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.