【2022最新】動画編集アプリ(パソコン向け)おすすめ10選

更新:2022/03/18
  • 初心者向け多機能PC動画編集ソフトで動画を編集
  • ステップ1、動画を追加
  • ステップ2、動画を編集
  • ステップ3、編集した動画を出力

WonderFox HD Video Converter Factory Pro

初心者向け多機能PC動画編集ソフト

対応OS:Windows11/10/8/7/Vista/…

WonderFox HD Video Converter Factory Proは初心者向けの軽量多機能パソコン向け動画編集ソフトで、特殊効果の追加、画面の分割、カット、結合、クロップ、透かしの追加、回転、反転、字幕の追加などの動画編集機能を搭載しています。ほぼすべての形式の動画編集に対応し、編集済みの動画をMP4/MOV/AVI/WMV/MKVなど500以上の形式への出力に対応しています。基本的な動画編集機能に加えて、音楽編集、動画・音楽のダウンロード・形式変換、録画、GIF作成、着信音作成、字幕抽出、画像から動画への変換など、実用的な機能をたくさん提供しています。

メリット

初心者でも簡単に編集可能

シンプルな操作画面

高速なエンコード/デコード

最大8K解像度の動画編集をサポート

無料試用版あり

PCのパフォーマンスが高くなくてもスムーズに実行可能

デメリット

基本的な動画編集機能のみを提供

無料ダウンロード
無料ダウンロード

Aviutl

最も簡潔・軽量なPC動画編集ソフト

対応OS:Windows95以降

AviUtlは、個人に開発された非常に強力・軽量な動画編集ソフト(パソコン向け)です。すべてのパソコン向け動画編集アプリ中でも、AviUtlは最も小さなサイズ、簡潔な操作画面を持っていると言えると思います。AviUtl自体はあまり多くない動画編集機能を提供していて、AVIとWAVの形式の動画しか追加できなくて、AVI形式の動画しかエクスポートできないですが、超高い拡張性のおかげで、さまざまなプラグインを追加することで、AviUtlはほとんどどの形式の動画を編集でき、編集済みの動画をMP4など一般的な形式で出力することができます。ただし、様々なプラグインの導入やプラグインの実行環境の設定は初心者にとってチャレンジとなる可能性があります。

メリット

超簡潔な操作画面

超小さなサイズ

パソコンの性能が高くなくてもスムーズに実行可能

拡張性が優れて、多くのプラグインをインストール可能

公式サイトに提供されているチュートリアルが充実

デメリット

環境設定の難易度が高い

ソフト自体でサポートされている出力/読み込みビデオフォーマットはほとんどない

MOVを分割MKV動画を編集

Adobe Premiere Pro

最も専門的で高機能PC動画編集ソフトの1つ

対応OS:Windows 10(64ビット)日本語版バージョン 1909 以降、macOS v10.15(Catalina)以降

Premiere Proは世界で最も広く使われている動画編集アプリ(PC)の1つで、極めて強力で、さまざまな高い創造性の動画編集アイデアを実現できます。Premiere Proは専門的な動画編集ソフト(PC)ですが、ネット上のたくさんのチュートリアルのおかげで、すべての方がPremiere Proの基本的な使い方を習得できます。その一方、アドビ社は、他の実用性の高いパソコン動画、音楽、画像編集アプリを数多く開発しました。同じ会社に開発されたため、Premiere Proを含めてすべてのアドビ社のソフトの間に高い互換性があり、気軽に連携して使うことができます。また、いろいろな強力なプラグインをインストールすることで機能を充実させることもできます。

ヒント:Adobe After Effectsも強力なビデオ編集ソフト(パソコン)ですが、単独で動画/画像編集などにほとんど使用されないです。通常、アドビ社に開発された他のソフトと連携して素晴らしい特殊効果を作成するために使用されています。

メリット

カスタマイズ可能なワークスペース

さまざまなプリセットされたトランジション効果を提供

基本的なカラーグレーディング機能を持つ

効果の追加に自由度が高い

無料試用を提供

クラウドストレージサービスを提供

デメリット

MKV/FLVなどの動画および一部形式の音楽の読み込みをサポートしない

価格が高く、サブスクリプションのみで購入可能

実行環境を提供するには、高いPCパフォーマンスが必要

MKVファイルを結合FLVファイルを結合

ビデオ エディター

最高のWindowsパソコン向けの無料動画編集ソフト

対応OS:Windows11/10

Windowsビデオ エディターはマイクロソフト社が独自に開発したWindows11/10システムに内蔵されているパソコン向けビデオ編集ソフトなので、Windows11/10の利用者の方はマイクロソフトストアにビデオ エディターを直接ダウンロードしインストールして無料利用することができます。Movie Makerの後継ソフトであるビデオ エディターは、シンプルな操作画面と使いやすい使い方を継承して、動画にさまざまなトランジションや3D効果を加えたり、美しい文字を加えたりすることができます。もし貴方はWindowsユーザーで、基本的な動画編集作業を行いたいだけなら、ビデオ エディターは最高の選択肢の1つだと思います。

メリット

無料

使いやすい

シンプルな操作画面

Windows系ソフトとの互換性が高い

Windowsシステムに内蔵されている[フォト]ツールと連携して使える

デメリット

基本的な動画編集機能のみを提供

MOV、AVI、WMVなどの一般的な形式以外の動画との互換性は高くない

MP4形式の動画しか出力できない

WMVファイルを結合AVIファイルを結合

Corel VideoStudio

初心者向けPC動画編集アプリ

対応OS:Windows 11/10/8(64ビット)

Corel VideoStudioは初心者向けのPC動画編集ソフトで、たくさんのプリセットされたトランジションと特殊効果を内蔵しています。初心者にとって、Corel VideoStudioの使い方を学ぶのにかかる時間は、通常、他のプロ向けのPC動画編集ソフトよりも少ないです。複数の動画/画像の間に基本的なトランジションを追加したい場合、または動画に基本的な特殊効果を追加したい場合、Corel VideoStudioは良い選択だと思います。ただし、Corel VideoStudioの拡張性や他のソフトとの互換性はあまり高くないので、他のソフトと連携して使うことは難しく、機能を追加するための外部プラグインも少ないです。

メリット

プリセットされたテンプレートを使用して動画編集を簡単に実行

各種メディアフォーマットの追加・出力をサポート

無料試用を提供

デメリット

拡張性が低いため、複雑なエフェクトを作成できない

VEGAS Edit/VEGAS Pro/VEGAS Post

違うニーズに応えるPC動画編集ソフト

対応OS:Windows11/10(64ビット版)

今まで、MAGIX社はVegasをベースに3つのPC動画編集ソフトを開発し、バージョン19に更新しました。Vegas Editは、直感的で強力な動画編集ツールを提供する初心者向けのPC動画編集ソフトで、さまざまなエフェクト/フィルター/トランジション、字幕などを動画に追加できます。Vegas Proはプロ向けのPC動画編集ソフトで、Vegas EditのベースにGPUアクセラレーション、HDR色補正、AIカラーグレーディング、より多くのフィルターとトランジション、ライブ配信用のVegas Stream機能を追加搭載します。Vegas Postは、Vegasのすべての機能を集めたVegasシリーズの中で最も強力な動画編集ソフトで、スタジオでの使用に適しています。

メリット

優れたオーディオ編集機能を搭載

違うニーズに応える

クラウドストレージサービスを提供

PCの性能が高くなくてもスムーズに実行可能

高速のレンダリング

デメリット

動画編集の自由度が低い

DaVinci Resolve

最強のカラーグレーディング機能を搭載したPC動画編集ソフト

対応OS:Windows10、macOS 10.13.6 High Sierra以降、Linux(CentOS 7.3)

DaVinci Resolveは近年人気が高まっているプロ向けPC動画編集ソフトで、動画編集機能がほかのパソコン動画編集ソフトとほぼ同じですが、最も群を抜くのはパワフルなカラーグレーディング機能です。DaVinci Resolveには、編集した素材のパラメータによって色を自動的に調整できる自動カラーバランス機能があります。もちろん、出力動画のカラーを完全に手動で調整することもできます。そのため、初心者がDaVinci Resolveを活用するには、基本的な使い方を習得する必要があるほか、カラーに関する知識も学ばなければならないです。また、Blackmagic DesignはDaVinci Resolveと一緒に使用するために一連の周辺機器を開発しました。例えば、特殊な編集キーボード、カラーコントローラー、オーディオパラメーター調整器などです。それらの周辺機器を利用することで、DaVinci Resolveの動画・音楽編集機能を最大限に活かすことができます。さらに、他のPC動画編集ソフトで編集した動画をDaVinci Resolveに読み込んでカラーを調整することもできます。

メリット

超プロカラーグレーディング機能を搭載

強力なオーディオ編集機能

無料版がある

さまざまな周辺機器と連携して使用可能

デメリット

専門性が高い

基本的な動画編集機能は、一般的なPC動画編集ソフトほど便利ではない

Final Cut Pro

macOSのPCで大人気の動画編集ソフト

対応OS:macOS 11.5.1以降

Final Cut Proは強力な動画編集機能を備えて、macOS上で最も人気の動画編集ソフトの1つと言えます。アップル社に開発されたプロ向けPC動画編集ソフトとしては、Final Cut ProはmacOSおよびmacOS上の他の動画/音楽編集ソフトとの互換性や連携性が高いです。もし普段主に使っているパソコンのシステムがmacOSであれば、Final Cut Proはきっと最も良い選択の1つに違いないと思います。

メリット

簡単な使い方

簡潔な操作画面

デメリット

値段が高い

インポート/エクスポート可能なメディア形式が少ない

iMovie

アップルデバイス共通の初心者向けPC動画編集ソフト

対応OS:macOS Catalina 10.15.6以降

上で紹介したFinal Cut Proと同じ、iMovieもアップルに開発された動画編集ソフトです。ただ、iMovieの使い方は簡単で、初心者でも上手に使えます。また、iMovieはMac版とiOS版があるため、iPhoneやiPadで編集したプロジェクトファイルをiCloudにアップロードしたり、iTunesでMacに直接転送したりできます。もちろん、iMovieもFinal Cut Proと連携して利用できます。一言に言うと、アップルのデバイスを使って動画を編集したい初心者の方は、まずはiMovieを試してみると悪くないと思います。

メリット

簡潔な操作画面

簡単な使い方

どのアップルデバイスでも利用可能

無料

デメリット

基本的な動画編集機能のみを提供

インポート/エクスポート可能なメディア形式が少ない

Camtasia

録画と動画編集を一体化したPC動画編集ソフト

対応OS:macOS 10.14以降、Windows 10 (64 ビット) バージョン 1607 以降

Camtasiaは、録画と動画編集機能を同時に提供するPC動画編集ソフトです。そのため、Camtasiaで録画した動画ファイルを直接編集、マウスポインタにハイライト表示などの効果を加えることができます。また、パワーポイントを動画に変換、ウェブカメラをキャプチャでき、複数のプリセットしたトランジションも動画編集をより簡単にすることもできます。

メリット

録画+動画編集を一体化

多くの出力フォーマットがプリセットされる

パワーポイントを動画に変換可能

無料試用版があり

デメリット

基本的な動画編集機能のみを提供

無料試用版であれば出力動画にウォーターマークが追加される

目次
人気記事

WAVファイルを結合

MP4編集フリーソフト

MP4動画の音量を調整

多機能動画編集ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory Proは多機能なPC動画編集ソフトで、動画編集に加えて、動画・音楽の形式変換・ダウンロード、録画など様々な機能が備わっている。詳細を見る >

  • 動画をAVI / MP4 / MKVなどを含む500種類以上の形式や端末用フォーマットへ変換
  • YouTube・Twitter・ニコニコ動画など1000+のサイトから動画をダウンロード
  • パソコンの画面および音声(システム音とマイク音)をキャプチャー
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows 11/10/8/7/Vista/...と互換性がある。

まとめ

以上は推奨する動画編集アプリ(パソコン)です。お役に立てれば幸いです。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.