ASFファイルの扱いにお困りですか?無造作にASFをより扱いやすい形式に変換する方法

動画ファイルを扱う際にASFっていう形式のファイルを見たことありますか?

.asf動画はWindowsに対応できる製品なら簡単に再生・編集できますが、それ以外の製品や端末(Mac、iPhone等IOS製品)での再生は難しいです。なぜならば、ASF形式は元々マイクロソフトがWindowsに対応できるよう作った形式だからです。汎用性や知名度はAVIほどではないが、実はAVIの跡継ぎとして開発された形式で、圧縮効率や画質の面ではAVIよりも優れているのです。

しかし、その汎用性の低さゆえ、Windows以外の製品でASFをサポートしているソフトはそれほど多くありません。

なので、どのOSにいても手軽にASFファイルを扱えるようにするため、ASFをほかの形式に変換するという方法が一般的な解決策とされています。

今回はASFファイルをより手軽に扱えるように、ASFをMKV、MP4の様な便利な形式に変換する方法をご紹介します。

元サヤ | 2021/06/09

ASFについて

MKVについて

MKVとMP4どっちがいい?

ASFをより扱いやすい形式に変換する方法

後書き

ASFとは

ASFはマイクロソフトが動画の作成、ストリーミング配信に対応できるよう開発したWindows専用のマルチメディア形式で、正式名称はAdvanced Systems Formatです。

一つのファイルに画像、音声、静止画、URL、テキスト等のデータ格納できることと画像データを高画質を保ったままファイルサイズを小さくできるなどといったことがASFの特徴で、圧縮率はMP4すら凌ぐとされています。

元々AVIの後継ぎとして作られた形式なので、AVIと同じインターネット経由のストリーミング配信によく利用されています。近年はWindows以外のOSでもASFに対応できるソフトが続々と増えていますが、それでも有料のものの方が多いです。

一方、ASFはH.265、MPEG-4等の先端的なコーデックにも対応できるため、汎用性よりも画質を重要視する方は動画作成の際に、ファイルサイズと画質との間のバランスを総合的に考え、逆にMP4よりASFを選ぶ人も増えつつあります。

PS:同じコーデックの場合はMP4より、ASFの方がより高画質で小さいサイズの動画ファイルを圧縮できます。

人気記事:ASFをMP3にMTSをMP4にWFPをMP4に

スピーディーにASFを汎用性の高い形式に

HD Video Converter Factory Pro

このソフトには複数のASFファイルをMP4、AVI、MKVを含めた500以上のメディア形式に一括変換できる上、出力ファイルのサイズや画質を影響する「コーデック」、「解像度」、「ビットレート」等のパラメーター数値を自由に調整する機能も備わっています。

MKVとは

なぜこのパートでMP4ではなく、わざわざMKVを紹介するのかというと、MKVの優れたところを知れば納得できると思います。

MKV(Matroska Video)とは様々な映像、音声、字幕等のデータを一つのファイルに格納するためのコンテナフォーマットで、単体のファイルとして作成された場合の拡張子は.mkvです。

他の形式と比べて、多重字幕・音声を格納できることと字幕表示のON・OFFを自由に調整できること及び様々コーデックに対応できるなどといった優れた特徴を持つ多機能な形式です。

デメリットとしてはMKVを使って圧縮した動画ファイルのサイズが大きいことと対応デバイスが少ない等のことが挙げられていますが、先端的なコーデックを使えば逆にファイルサイズをより小さくする場合もあります

更に、MKVは「.avi」と「.omg」の様な形式のデメリットをカバーする為に開発された形式なので、それに加えてWindows10にも標準対応できるようになったことだし、これからMKVの汎用性はますます高まる一方でしょう。

MKVとMP4どっちがいい?

先ほどはMKVという形式の概念についてご説明しました、MP4との相違点に関してはまだ話していませんでしたね

このパートでMKVとMP4という二つの形式の違いを詳しく見てみましょう

画質(コーデックが同じくH.265の場合)

・MP4よりもMKVの方が良い、またMP4が対応できないVP9をコーデックとして圧縮すれば、高画質で小サイズのMKVファイルを作れます。

対応できるコーデック

・MKV:「MP4が対応するコーデックを含め、「VP9」、「AVC1」等ほぼ全ての映像圧縮コーデックに対応するできます

・MP4:MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4(H.264)のようなMPEG系のコーデックしか対応できません

格納できるデータ量

・MKV:MKVは複数の映像、音声、字幕等のデータを一つのファイルに格納できます

・MP4は一つの音声、映像、字幕等のデータしか入れられません。

対応できる端末/ソフト

・MKV:Windowsに対応する製品

・MP4:ほぼ全て

汎用性

・MKVは高解像度の動画や複数の音声、字幕トラックを入れる必要のあるファイルの作成時によく使われます

・MP4ほぼ凡ゆる分野で利用されているが、高解像度動画の作成の時に基本時に利用されていません

こうしてMKVとMP4の違いを並べ立てると、汎用性の面で劣っている以外はMKVの方が優れていると言えます。

という訳で、どのデバイスでも気軽に動画ファイルを扱いたいのなら、MKVではなくMP4を選んだ方が便利であるのに対し、より多くのコーデックを選択したいや画質を劣化させずに映像データをできる限り小さくしたいという時は動画形式をMKVにしたほうが得策でしょう。

ASFをより扱いやすい形式に変換する方法

先ほどのパートでMKVとMP4の優劣についてお話しましたが、このパートからASFをMKV、MP4及び他の便利な形式に変換できるソフトをご紹介します。

HD Video Converter Factory Pro

このソフトを使えば、ASFをMP4、AVI、MKVの様な動画形式に変換するのはもちろんとして、MP3、AACなど音楽形式にも変換できます。

変換速度が速いうえ、変換が失敗したり、変換後のものが再生できなくなったりする様なことはありません。

それから、例え複数のASFファイルがあっても、このソフトに入れれば他の形式に一括変換できます。

更に、何より僅か三ステップでASFをほかの形式に高速で変換できるというところが実にポイント高いと思います。

無料ダウンロード

Windows向け

100%安全&安心

無料ダウンロード

ASFを他の形式に変換する手順

WonderFox HD Video Converter Factory ProWonderFox HD Video Converter Factory Proをインストールして、ASFをより便利な形式に変換してみましょう。

ステップ 1 ASFファイルをソフトに追加

・Free HD Video Converter Factoryを立ち上げます

・「変換」をクリックします

・「ファイル追加」または「フォルダ追加」をクリックしてASFファイルをソフトに追加します

ステップ 2  MKVを出力フォーマットに

ここでは例としてMKVを出力フォーマットに設定します

・画面の右側でMP4、AVIの様な形式が表示されている四角い枠をクリックします

・次の画面で「動画」をクリックします

・「動画」のカテゴリーで「MKV」をクリックします

このステップでASFをMP4、AVI等の形式にも変換できます。

PS:出力フォーマットをMKVに設定したら、「パラメータ設定」をクリックし、次の画面で「コーデック」や「ビットレート」それと「解像度」を簡単に調整できます。

また、出力フォーマットがMKVの場合はコーデックを「VP9」に設定することを推奨します。

ステップ3 出力フォルダーを選択して変換を開始

・画面の下にある小さい「▾」をクリックします

・出力先を選択したら、「OK」をクリックします

・画面右下の「変換」ボタンをクリックして変換を開始させます

ネットの状況やファイルサイズ、及びコーデックの違いで変換速度は遅かったり速かったすることもありますが、1GB以下のASF動画なら五分間以内にMKVに変換できます。

PS:ほかの形式をASFに変換したい場合は、同じ手順で出力フォーマットをASFに設定すればオッケーです。

先のパートでASFをMKVに変換する方法をご紹介しました。勿論、そのソフトで他の形式をASFに変換することもできますが、この部分で使い勝手さからして、より便利なオンラインサイトを二つご紹介します

Anyconv

公式サイト:https://anyconv.com/ja/

メリット

・ポータルサイト

・携帯デバイスにも対応できます

・操作簡単

・変換速度はそこそこ速い

デメリット

・広告あります

・出力できるフォーマットが少ない

変換手順

・公式サイトにアクセスします

・「ファイルを選ぶ」をクリックし、MP4ファイルを追加します

・出力形式のプルダウンメニューで「ASF」を選択します

・「変換」をクリックします

・変換したファイルをダウンロード

Convertio

公式サイト:https://convertio.co/ja/

メリット

・操作簡単

・変換速度が速い

・URLを貼り付けるだけでファイルを追加できます

・300以上の出力フォーマットがプリセットされています

・出力フォーマットのパラメータ数値を調整できます

デメリット

・広告あり

・有料サービスへ誘導される可能性あります

・サインアップしない場合は追加できるファイルのサイズは100MBが上限

変換手順

・公式サイトにアクセスします

・「ファイルを選ぶ」をクリックし、MP4ファイルを追加します

・出力形式のプルダウンメニューで「ビデオ」→「MP4」の順で選択します

・「変換」をクリックします

・変換したファイルをダウンロード

後書き

今回はASFを他の動画形式に変換する方法をご紹介しました。

ASFを汎用性の高いMP4に変換する方はさぞ多かろうと存じますが、画質を重要視する方は出力フォーマットをMKVにしたほうが宜しいかと思われます。

また、ASF形式に対応できる端末が増えれば、いずれはAVIよりも有名な形式になれると筆者は思うのですが、残念ながら今はWindows以外の製品でASFに対応できるソフトはまだまだ少ないようです。

❀長い文章を最後まで読んでくれてありがとうございました。

好きな動画を高画質でダウンロード

HD Video Converter Factory Proの他の機能

このソフトを使えば、300以上の動画サイトから無料で高画質の動画をダウンロードできるうえ、ダウンロードし動画の解像度を最大8Kまで上げられます。

また、どうしてもダウンロードできない様な動画なら、このソフトの「録画」という機能で動画を時間制限なしに録画できます。

さらに、サイズの大きすぎる動画ファイルを画質無劣化でファイルサイズを元の半分くらいにするという「バッチ圧縮」機能もちゃんと備わっています。

マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved