iPhone動画を圧縮する2つ簡単な方法。iPhoneの容量不足を解消する!

iPhoneを使って動画を撮影する際、「ストレージの空き領域が足りません」と表示されたことがあるでしょうか。動画のサイズが大きすぎて、より多くのiPhoneストレージが必要であるため、iPhoneストレージの空き容量を増やさなければなりません。iPhone動画のサイズを小さくするのは一つの解決策です。そこで今回は、iPhone動画を圧縮する二つ簡単な方法をシェアしたいと思います。

サエ | 2021/01/08

方法1、iPhoneで動画を直接圧縮する簡単な手順

方法2、品質劣化せず、iPhone動画のサイズを小さくする2つ簡単なステップ

iPhoneは優れたiSightカメラがあり、4Kビデオを撮影することをサポートできるため、最も人気の高いデバイスの一つになります。iPhoneで日常の素晴らしい瞬間を記録する人が多くいます。しかし、高い品質の一方、動画のサイズがますます大きくなります。例えば、iPhoneで撮影した4Kビデオは、1分間のビデオのサイズはおよそ350MBです(ご参考までに)。そのせいで、iPhoneの容量が不足になったり、電子メールで動画を送信できなかったりなどの問題が発生します。では、どうやってiPhone動画のサイズを小さくしますか?ご心配なさらないでください。本文では、iPhone動画を圧縮するための二つ簡単な方法を紹介いたします。

品質劣化せずiPhone動画を圧縮する

HD Video Converter Factory Proは、iPhone動画のサイズを小さくする様々なソリューションを提供しております。ビットレートを変更したり、高度なエンコーダを利用したり、バッチ圧縮で圧縮率を調整したりすることを通してiPhone動画を圧縮できます。すべての機能が一目瞭然であるため、自分の必要に応じて任意の動画を楽に圧縮することができます。

無料ダウンロード

Windows向け

100%安全&安心

無料ダウンロード

方法1、iPhoneで動画を直接圧縮する簡単な手順

iPhoneは、動画を撮影する前に解像度を変更することをサポートします。iPhoneで動画を圧縮したいなら、下記のステップに従い直接圧縮してください。

「設定」で「カメラ」(iPhone 6s以上は「写真&カメラ」)をクリックます。そして「ビデオ撮影」で必要な解像度を選択します。低い解像度を選択すればiPhone動画を圧縮できます。

この方法を使えば、iPhone動画の品質が低くなり、撮影された動画の画質も落とします。したがって、iPhone動画のサイズを圧縮すると同時に、高い品質も保ちたいなら、HD iPhone動画圧縮ソフトが一番のお薦めです。

方法2、品質劣化せず、iPhone動画のサイズを小さくする2つ簡単なステップ

ビットレートを下げることでiPhone動画のサイズを小さくすることもできますが、動画の画質が悪くなってしまう傾向があります。では、品質を劣化せず、iPhone動画を圧縮する方法はないでしょうか。ここで、HD Video Converter Factory Proを強くお薦めです。このソフトは、品質損傷なく動画サイズを縮小できます。例えば、高品質で4Kビデオを圧縮したり、メール添付用の動画サイズを小さくしたり、wavファイルを圧縮したりするなど。したがって、HD Video Converter Factory Proを利用すれば、品質損なわずに、iPhone動画のサイズを楽に変更できます。早速ですが、iPhone動画圧縮の手順を見てみましょう。

高品質でiPhone動画のサイズを小さくする二つ簡単なステップ

始まる前、HD Video Converter Factory Proを無料ダウンロード 無料ダウンロードしてPCにインストールしてください。

ステップ1、iPhone動画圧縮ソフトに動画を取り込む

iPhone動画を圧縮するには、まず、パソコンでソフトを実行し、「変換」に入ります。そして、「ファイル追加」をクリック、もしくはファイルをドラッグアンドドロップしてiPhone動画をソフトに取り込みます。

ステップ2、H.265エンコーダ、バッチ圧縮もしくはビットレートを通して、iPhone動画を圧縮

周知の通り、iPhoneで撮影する動画はほとんどH.264エンコーダでエンコードされます。H.264の後継として、H.265は動画の圧縮に優れています。たとえサイズを小さくしても、iPhone動画の画質を損害しません。そのため、iPhoneはH.265をサポートしている場合、H.265エンコーダを利用してiPhone動画のサイズを縮小することをお薦めます。

まず、ソフト右側の「出力フォーマットを選択」を押し、「動画」タブで「H.265 for MP4」を選択します。そして、「変換」をクリックして圧縮を始めます。

一方、iPhoneはH.265をサポートしているかどうか知らない場合、「変換」インターフェースの一番下にある「バッチ圧縮」を利用することも可能です。「バッチ圧縮」アイコンをクリックして、スライダーをドラッグすれば出力ファイルの圧縮率を調整できます。また、「パラメータ設定」でビットレートを変更することもできます。ですが、iPhone動画の高品質を保つため、圧縮率を調整しすぎたり、ビットレートを下げ過ぎたりしないことをお勧めです。

iPhone動画の圧縮が完了したら、Wi-FiまたはUSBケーブルを使って変換後の動画をiPhoneに転送することを忘れないでください。

iPhone動画を別の形式に変換したいですか?これをお試してみては!

先に述べた通り、HD Video Converter Factory Proを利用して品質劣化せずに、iPhone動画を簡単に圧縮できます。それ以外、圧縮した動画を他の形式に変換することもできます。例えば、iPhoneで撮影したMOV動画をMP4に変換したり、MP4をMPEGに変換したり、ビデオをオーディオに変換したりするなど。

無料ダウンロード

Windows向け

100%安全&安心

無料ダウンロード
マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2020 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved