PowerDVDでDVD・ブルーレイが再生できない原因と対策

スイカ
Publish date
更新:2023/10/27
PowerDVDでDVD・ブルーレイが再生できない原因と対策
  • PowerDVDで再生できないDVDをリッピング/コピー
  • 1、PowerDVDで再生できないDVDを変換ソフトに追加
  • 2、出力フォーマットを選択(500+の出力形式を用意・ISOファイル/DVDフォルダーとしてコピーすることをサポート)
  • 3、PowerDVDで再生できないDVDをリッピング/コピー
  • * ほぼすべてのコピーガード/リージョンコード制限を解除

CyberLink PowerDVD 12・10・15・9などでDVD・ブルーレイが再生できない、再生できなくなった?本文では、CyberLink PowerDVDでブルーレイ、DVDが再生できない原因と再生できない時の対処法をそれぞれ紹介いたします。

CyberLink PowerDVDでブルーレイが再生できないよくある原因

1、PowerDVDのバージョンが再生するブルーレイ形式に対応していないです。

2、ブルーレイドライブが故障しているか、ドライブとパソコンの接続が不安定です。

3、再生するブルーレイディスクが破損または汚れています。

4、HDCP(著作権で保護された映像コンテンツが表示装置へ伝送される間に不正にコピーされるのを防止する暗号化技術)に対応したモニターやグラフィックカードが使用されていないです。

CyberLink PowerDVDでブルーレイが再生できない時の対処法

1、PowerDVDのバージョンが再生するブルーレイ形式に対応しているかどうか確認します。対応していない場合は、最新バージョンにアップグレードするか、他のブルーレイ再生ソフトに交換します。ちなみに、PowerDVD22は今、最も多くのブルーレイ形式をサポートする最新バージョンです。

2、ブルーレイドライブに不具合がないかどうか、ドライブとパソコンの接続が安定しているかどうかを確認します。必要があれば、ドライブ/接続ケーブルを修理または交換します。

3、再生するブルーレイディスクに傷や汚れがないかどうか確認します。その場合は、きれいな柔らかい布でやさしく拭くか、破損や汚れのない別のディスクに交換します。

4、使用するモニターやグラフィックカードがHDCPに対応しているかどうか確認し、対応していない場合は、HDCP対応デバイスに交換しないと、著作権保護されたブルーレイを再生することができません。

CyberLink PowerDVDでDVDが再生できないよくある原因

1、再生するDVDの形式がPowerDVDでサポートされていないです。

2、DVDドライブが故障しているか、ドライブとパソコンの接続が不安定です。

3、再生するDVDディスクが破損または汚れています。

4、DVDディスクには、違法なコピーや再生を防止するためのコピーガードがかかっています。

5、DVDドライブが再生するDVDのリージョンコードに対応していないです。

CyberLink PowerDVDでDVDが再生できない時の対処法

1、PowerDVDのバージョンが再生するDVDの形式に対応しているかどうか確認します。対応していない場合は、最新バージョンにアップグレードするか、対応する他のDVD再生ソフトを使用します。または、CyberLink PowerDVDのホームページからPowerDVDのパッチファイルをダウンロードし、インストールすることで、互換性や安定性に関する問題を解決できる可能性もあります。

2、DVDドライブに不具合がないかどうか、ドライブとパソコンの接続が安定しているかどうかを確認します。必要があれば、ドライブ/接続ケーブルを修理または交換します。

3、再生するDVDディスクに傷や汚れがないかどうか確認します。その場合は、きれいな柔らかい布でやさしく拭くか、損傷や汚れのない別のディスクに交換します。

4、DVDドライブのリージョンコードをPCで変更します。また、DVDコピーガード/リージョンコード制限を回避できる再生ソフトを使って再生するか、DVDコピーガード/リージョンコード制限を解除できるソフトを使ってDVDをリッピング/コピーしてから再生します。

以上は、CyberLink PowerDVDでブルーレイ、DVDが再生できないよくある原因と再生できない時の対処法です。お力になれれば幸いです。次に、DVDのコピーガード/リージョンコードの制限を解除できるソフトを使って、PowerDVDで再生できないDVDをリッピング/コピーする方法をご説明します。ご興味のある方はご一読ください。ちなみに、この方法は、DVDの形式にサポートされていないため、PowerDVDでDVDが再生できない問題も解決できます。

PowerDVDで再生できないDVDをリッピング/コピー

PowerDVDで再生できないDVDをMP4/MOVなどのデジタル動画形式にリッピングすることは、DVDのコピーガードやリージョンコード制限を回避しながらDVDの汎用性を大幅に高め、DVDの保存/再生/共有/アップロード/編集/転送などを簡略化できる利点があります。一方、PowerDVDで再生できないDVDを他のDVDにコピーすることは、DVDのコピーガードやリージョンコードの制限を回避しつつ、DVDディスクの寿命を延ばすことができるという利点があります。もちろん、ISOファイルやDVDフォルダとしてコピーしてからPCで直接再生するのも悪くはないと思います。

今回、PowerDVDで再生できないDVDのリッピング/コピーにオススメしたいツールは「WonderFox DVD Ripper Pro」です。これはWindows PCでスムーズに動作する初心者向けのDVDリッピング/コピーツールです。強力な専用DVDデコード機能により、リージョンコードを無視し、ほぼすべてのコピーガードを解除し、DVD、ISOファイル、DVDフォルダを読み込めます。高度な動画エンコードとGPUアクセラレーション技術により、より高速で、可能な限り元の画質を保ったままDVDリッピングできます。ワンクリック画質設定、音量調整、分割などもサポートしています。MP4/MOV/AVI/WMV/MKV/MPG/VOB/H264/MPEG4/HEVCなどの複数の出力形式を用意し、ISOファイルやDVDフォルダとしてのDVD丸ごとコピーもできます。字幕の追加/選択、オーディオトラックの選択にも対応しています。

次は、PowerDVDで再生できないDVDをリッピング/コピーする手順について詳しくご説明します。その前に、このDVDリッピング/コピーソフトをWindows PCに無料ダウンロードしてください。

Free download 無料ダウンロード
Free download 無料ダウンロード

ステップ1、PowerDVDで再生できないDVDを変換ソフトに追加

まずPowerDVDで再生できないDVDをWindows PCのDVDドライブに挿入します。

変換ソフトWonderFox DVD Ripper Proを起動します。

「DVDディスク」をクリックし、PowerDVDで再生できないDVDを選択して変換ソフトに追加します。

PowerDVDでDVDが再生できない DVD追加
PowerDVDでDVDが再生できない DVD追加

ステップ2、出力フォーマットを選択

PowerDVDで再生できないDVDを変換ソフトに追加したら、メイン動画にチェックが付けられます。他の動画をリッピングしたい場合手動で選択しましょう。

右の「出力フォーマット」をクリックして形式選択パネルを開きます。

必要によって、「Video」(動画)をクリックして「MP4」などのデジタル動画形式を選択するか、「1:1 Quick Copy」(1:1速くてコピー)をクリックして「ISO」・「DVD Folder」を選択します。

PowerDVDでDVDが再生できない 形式選択
PowerDVDでDVDが再生できない 形式選択

ステップ3、PowerDVDで再生できないDVDを変換

右側の「画質・速度」スライダーをドラッグし、出力動画の画質をワンクリックで設定します。

「...」をクリックし、出力フォルダを指定します。

「RUN」(実行)をクリックし、PowerDVDで再生できないDVDをリッピング・コピーします。

リッピング・コピーが終わったら、PCで直接再生するか、新しいDVDに焼いて再度再生してみてください。

PowerDVDでDVDが再生できない 変換
PowerDVDでDVDが再生できない 変換

今すぐ、このDVDコピー・変換ソフトをWindows PCに無料ダウンロード無料ダウンロードし、インストールしましょう~

目次
人気記事
DVDがコピーできない

DVDがコピーできない

ライブDVDをスマホに取り込む

ライブDVDをスマホに取り込む

合法的にDVDをリッピング

合法的にDVDをリッピング

dvc
DVD・動画・音楽変換ソフト

WonderFox DVD Video Converterは、DVD/ISOファイル/DVDフォルダ/動画/音楽変換、動画/音楽ダウンロードなどの機能をオールインワンで提供します。 詳細を見る >

  • コピーガードを解除/リージョンコード制限を回避し、PowerDVDで再生できないDVDをコピー/変換。
  • 変換/再エンコードでメディアプレーヤーで動画/音楽ファイルを再生できない問題を解決。
  • YouTubeなどの1000以上のサイトから動画/音楽ファイルをダウンロード。
Free download 無料ダウンロード
Free download 無料ダウンロード
* Windows 11/10/8/7/Vista/...と互換性があります。 詳細を見る >

まとめ

以上、CyberLink PowerDVDでブルーレイ・DVDが再生できない原因と解決策をご紹介しました。お読みいただき、ありがとうございました。CyberLink PowerDVDでDVDが再生できない問題を解決すると同時に、DVDの汎用性を向上させたり、DVDディスクの寿命を延ばしたりしたい場合、この記事で紹介したDVDコピー/リッピングソフトを試してみてはいかがでしょうか?

  • 無料ダウンロードはこちら↓↓↓
Free download 無料ダウンロード
Free download 無料ダウンロード

PowerDVDでDVD・ブルーレイが再生できない原因と対策「Windows11」

ハードウェアの不具合

DVD・ブルーレイディスクに傷や汚れがある場合は、再生できない可能性があります。その場合は、柔らかい布で優しく拭いたり、別のディスクに交換したりしてみてください。

DVD・ブルーレイドライブが故障しているか、ドライブとパソコンの接続が不安定な場合は、再生できない可能性があります。その場合は、ドライバーを再インストールしたり、ドライブや接続ケーブルを修理または交換したりしてみてください。

ソフトの不具合

PowerDVDのバージョンが古いか、バグがある場合は、再生できない可能性があります。その場合は、最新バージョンにアップグレードしたり、パッチファイルをインストールしたりしてみてください。

PowerDVDのプランが無料版か廉価版の場合は、対応できないディスク種類がある可能性があります。その場合は、プランをアップグレードしたり、別の再生ソフトを使ったりしてみてください。

システムバージョンがWindows 11の場合は、互換性や安定性に問題がある可能性があります。その場合は、システムを更新したり、以前のバージョンに戻したりしてみてください。

ディスク種類がPowerDVDで対応できない場合は、再生できない可能性があります。その場合は、別の再生ソフトを使ったり、ディスクを動画ファイルに変換したりしてみてください。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2024 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.

Back to Top