VLCでスライドショーを作成する方法

VLCは世界有名のフリーメディアプレイヤーとして、動画編集、動画変換、画面キャプチャ―などあらゆる機能を備えています。しかし、ほとんどの人がVLCでスライドショーを作成できることを知らないようです。本文では、VLCでスライドショーを作成する方法を紹介します。

ユシン | 2022/02/18

1、VLCでスライドショーを作成

2、各写真の滞留時間を変更

3、VLC代替ソフトを利用してスライドショーを作成

1、VLCでスライドショーを作成

私たち常にVLCを利用して、動画や音楽ファイルを再生するが、VLCが画像を再生できることに気づいていないようです。VLCは画像デマルチプレクサーを搭載して、画像を開く、再生することができます。そして、VLCはほとんどな画像形式をサポートするため、スライドショーを作成することができます。以下は詳しい使い方:

ステップ1:まず、VLC公式サイトで最新バージョンのVLCをダウンロードしてください:https://www.videolan.org/index.ja.html

ステップ2:シリーズ写真をスライドショーに作成(つまり、写真を動画に作成)します。VLCを実行し、メニューバーで「メディア」をクリックして、「複数のファイルを開く」を選択します。ご注意するのは、「ファイルを開く」を押しては、複数のファイルを追加できません。


ステップ3「ファイル」カテゴリーで、「+追加」ボタンを押して、スライドショーにしたい画像フォルダを開きます。「メディアファイル(*.3g2, *.3gp...)」の選択欄で、「すべてのファイル(*)」を選択した後、追加したいファイルが示されています。すべての追加したいファイルを選択し、「開く」をクリックします。そして、「再生」ボタンをクリックすれば、スライドショーが作成されています。


ステップ4:メニューバーの「メディア」をクリックして、「プレイリストファイルの保存」を選択します。これで、プレイリストが保存され、次でも「スライドショー」を再生することができます。


もう一つ操作簡単な方法があります。動画にしたい画像ファイルをVLCソフトのメイン画面に追加します。あるいは、「プレイリスト」(Ctrl+Lで開く)にドラッグして、自動にプレイリストを作成します。これで、画像はスライドショーのように順番で再生できます。また、「リップ再生モード」ボタンを押して、再生モードを切り替えることができます。

2、各写真の滞留時間を変更

既定の設定で、各写真は10秒の滞留時間があり、一つの画像が再生完了後、次の画像は自動再生されます。もし10秒が少し長いと思っている方々が、以下の手順に従って、VLCスライドショーの滞留時間を変更します。

ステップ1:VLCを起動し、メニューバーの「ツール」で「設定」を選択します。

ステップ2:左下の「すべて」を選択し、「詳細設定」に移動します。

ステップ3:左側のメニューで、「入力/コーデック」カテゴリーの下「デマルチプレクサー」を開き、「画像」を選択します。

ステップ4:右側の「時間(ミリ秒)」という欄で、滞留時間を変更します。

ステップ5「保存」ボタンを押します。

3、VLC代替ソフトを利用してスライドショーを作成

HD Video Converter Factory Proは多機能の写真を動画にするソフトです。僅かなステップでスライドショーを作成することができます。このソフトを無料ダウンロードして、以下の手順に従ってください。

おすすめスライドショー 作成 ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory Proは強い編集機能を持ち、簡単にスライドショーを作成することができます。また、GIF作成、スクリーン分割、ベル作成などの編集機能も備わっています。

スライドショーを作成する手順

始まる前、ソフトを無料ダウンロード してください。


ステップ1HD Video Converter Factory Proを起動し、「ツールボックス」をクリックして、「写真を動画に」を選択します。

ステップ2「+画像を追加」をクリックして、もしくは直接にファイルをソフトにドラックして、画像を追加します。

ステップ3:右側に、幅、高さ、出力品質、各写真の滞留時間が設定できます。

ステップ4:最後、下部で出力ファイルの保存先を設定し、「動画を作成」をクリックします。

マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved