WebM MP4変換フリーソフトお薦め5選

「WebMとMP4の違いは何ですか?」「WebMをMP4に変換できるフリーソフトはありますか?」このような疑問を抱えているなら、本文で答えを見つけましょう。

WebMとMP4の違いを説明する上、WebM MP4変換フリーソフトをいくつかお薦めし、それぞれを利用してWebMをMP4に変換する方法を解説します。

サエ サエ | 更新:2023/07/11

WebMとは?

WebMとMP4の違いについて

WebM MP4変換フリーソフト1~WonderFox Free HD Video Converter Factory

WebM MP4変換フリーソフト2~VLC Media Player

WebM MP4変換フリーソフト3~Handbrake

WebM MP4変換フリーソフト4~XMedia Recode

WebM MP4変換フリーソフト5~Freemake Video Converter

WebMとは?

WebMはGoogleが開発されている、Matroskaメディアコンテナから派生した動画コンテナフォーマットです。映像コーデックにVP8・VP9・AV1、音声コーデックにVorbis・Opusを採用しています。ファイルの拡張子は「.webm」です。主に、HTML5ビデオまたはHTML5オーディオ要素で使用されるロイヤリティフリーの代替品を提供することを目標としています。

WebMはウェブのために作られました。最新バージョンのブラウザをインストールすれば、フラッシュプレイヤーがなくても、HTML5を使ってウェブブラウザでWebM動画を直接再生できます。

WebM MP4変換フリーソフト

Free HD Video Converter Factoryは、WebMをMP4、AVI、MKV、MOV、WMVなどの人気フォーマットやデバイス向けフォーマットに変換する最高の無料WebM MP4変換ソフトです。操作しやすいので、初心者でも直感的に使うことができます。

WebMとMP4の違いについて

ここでは、画質、サイズおよび互換性という三つの方面からWebMとMP4の違いについて説明させていただきます。

・画質:WebMとMP4のいずれも高画質を実現できますが、MP4はより高度なビデオコーデックH264やH265などを利用できますので、MP4の方が多少画質が良いです。

・ファイルサイズ:WebMとMP4、両者とも高圧縮率でありファイルサイズが小さいですが、WebMは主にインターネット用のために開発されたもので、WebMの方がサイズが小さいです。

・互換性/汎用性:MP4はほとんどの機器と互換性があり、ほぼすべてのデバイスやソフトがMP4の再生に対応しています。その一方、WebMはインターネット用のため、互換性が低いです。

上記から見ると、WebMとMP4はそれぞれのメリットとデメリットがあります。したがって、動画保存の際、ご自分のニーズに応じて必要なのを選ぶことができます。例えば、動画をYouTubeなどの動画共有サイトにアップロードしたい場合、WebMを選択した方がいいですが、自分のスマホで動画を再生したいなら、MP4を選択した方がいいです。

既存のWebM動画を手持ちのデバイスで快適に楽しみたい場合、WebMをMP4に変換することをお薦めします。それを実現するには、無料のWebM MP4変換ソフトを利用できます。次は、素敵なWebM MP4変換フリーソフトをいくつか紹介し、WebMをMP4に変換する方法を解説します。

関連記事:WebMをMP3に変換MP4をWebMに変換WebMを圧縮する方法

WebM MP4変換フリーソフト1~WonderFox Free HD Video Converter Factory

Free HD Video Converter Factoryは強力かつ使いやすいWebM MP4変換フリーソフトです。これを利用すれば、僅か三つのステップだけでWebM動画を無劣化でMP4などに変換できます。MP4の他、WebMをMPG、AVI、MOV、MP3、WAVなど様々な形式に変換することも可能で、MP4をWebMに変換することもできます。

形式変換以外、動画のサイズを圧縮したり、動画を編集(クロップ・トリミング・回転など)したりすることもサポートし、YouTubeなど500以上のサイトからWebM動画をダウンロードすることもできます。

このWebM MP4変換フリーソフトを利用してWebMをMP4に変換方法については下記のチュートリアルをご参考ください。

無料ダウンロード

Windows向け

安全&安心

無料ダウンロード

WebMをMP4に変換する手順

始まる前、WebM MP4変換フリーソフトを 無料ダウンロード 無料ダウンロードして、PCでインストールしてください。

ステップ1、WebM動画を変換ソフトにインポートする

WebM MP4変換フリーソフトを起動し、「変換」モードに入ります。「ファイル追加」をクリックして変換したいWebM動画ファイルをインポートします。もしくは、ファイルを直接ドラッグアンドドロップします。

ヒント:WebMを変換する以外、このソフトを利用すれば、MKVをMP4にMP4をMPEGにAACをAC3に変換するなどもできます。

WEBM動画をインポートする

ステップ2、出力フォーマットを「MP4」に設定する

出力フォーマットのメニューを開き、MP4を出力フォーマットとして選択します。

ヒント:MP4以外、他のフォーマットを選択することもできます。動画をAVI、MKV、WMVなどに変換することや、Android、iOS、タブレット、テレビ、PS4などのデバイスを選択することも可能です。

出力フォーマットを選択

ステップ3、出力動画のパラメータを調整する(スキップ可能)

経験のある方なら、「パラメータ設定」で動画の画質を左右する各パラメータを変更することができます。例えば、動画の解像度を変更動画アスペクト比を変更したり、動画のビットレート、フレームレートを調整したりするなど。

勿論、このソフトは出力フォーマットによって最適なパラメータを自動設定できますので、どう変更するのか分からない方は、ここで何もしなくてもかまいません。

動画パラメータ設定を変更

ステップ4、WebMをMP4に変換する

全ての設定が終わりましたら、「変換」をクリックしてWebMをMP4に変換します。

さらに、このWebM MP4変換フリーソフトの編集機能を利用して、WebM動画を短くカットしたり、エフェクトを追加したりするで編集することもできます。参考記事:動画を分割する方法動画にエフェクトを付ける

WebM MP4変換フリーソフト2~VLC Media Player

「VLC Media Player」はメディアプレイヤーとして知名度が高いですが、動画の形式変換機能も付いているので、WebM MP4変換フリーソフトとしても利用できます。ただし、変換機能は少し複雑で、初心者にとっては通常の変換ソフトより操作が難しいかもしれません。

【ダウンロード先】https://www.videolan.org/vlc/index.ja.html

WebM MP4変換フリーソフト~VLC Media Player

WebM MP4変換フリーソフト「VLC Media Player」でWebMをMP4に変換する:

ステップ1、VLCを起動し、メニューバーで「メディア」>「変換/保存」を順次クリックします。

ステップ2、「+追加」をクリックして変換したいWebMファイルを選択してから、「変換/保存」をクリックします。

ステップ3、WebMをMP4に変換するため、「プロファイル」から「Video-H.265+MP3(MP4)」を選択します。

ステップ4、「参照」をクリックして出力動画のファイル名と保存先を設定した後、「開始」をクリックすればWebMをMP4に変換することができます。

合わせて読みたい:VLC変換機能の使い方!VLCで動画/音楽ファイルを変換する方法

WebM MP4変換フリーソフト3~Handbrake

「Handbrake」はWebMをMP4、M4V、MKVに変換できるフリーソフトです。変換する際に、回転・反転、クロップなどでファイルを編集したり、動画のビットレート・フレームレートなどを変更したりすることも可能です。

変換手順は簡単ですが、編集などの機能はちょっと分かりにくいです。

【ダウンロード先】https://handbrake.fr/

WebM MP4変換フリーソフト~Handbrake

WebM MP4変換フリーソフト「Handbrake」でWebMをMP4に変換する:

ステップ1、Handbrakeを起動し、「ファイル」をクリックして変換したいWebMファイルをソフトに読み込みます。

ステップ2、「コンテナ」で「MP4」を選択します。

ステップ3、「参照」をクリックして出力動画のファイル名と保存先を設定します。

ステップ4、「エンコード開始」をクリックすればWebMをMP4に変換できます。

合わせて読みたい:【初心者向け】Handbrakeの使い方と設定について

WebM MP4変換フリーソフト4~XMedia Recode

「XMedia Recode」は幅広いジャンルの動画や音声ファイルの変換に対応するWebM MP4変換フリーソフトです。完全無料で動画を無劣化で変換できる上、編集機能も豊富です。

【ダウンロード先】https://www.xmedia-recode.de/en/download.php

WebM MP4変換フリーソフト~XMedia Recode

WebM MP4変換フリーソフト「XMedia Recode」でWebMをMP4に変換する:

ステップ1、XMedia Recodeを起動し、「ファイルを開く」をクリックして変換したいWebMファイルを選択します。

ステップ2、「形式」で「MP4」を選択します。

ステップ3、「参照」をクリックして保存先を指定します。

ステップ4、「リストに追加」をクリックし、「エンコード」をクリックすればWebMをMP4に変換できます。

合わせて読みたい:XMedia Recodeで動画を変換する方法

WebM MP4変換フリーソフト5~Freemake Video Converter

「Freemake Video Converter」は多くの機能が備わったWebM MP4変換フリーソフトです。WebMを変換できる他、ストリーミングビデオの変換、DVDの書き込み、スライドショーの作成なども対応します。

変換後の動画に「Freemake」のロゴが付いているのは最大のデメリットです。

【ダウンロード先】https://www.freemake.com/jp/free_video_converter/

WebM MP4変換フリーソフト~Freemake Video Converter

WebM MP4変換フリーソフト「Freemake Video Converter」でWebMをMP4に変換する:

ステップ1、「ビデオ」をクリックしてWebMファイルをソフトに追加します。

ステップ2、下部の出力フォーマットで「MP4」アイコンをクリックします。

ステップ3、出力フォルダなどを設定してから、「変換する」をクリックすればWebMをMP4に変換できます。

合わせて読みたい:Freemake Video Converterで動画/音楽を変換できない対策

まとめ

以上は、WebMとMP4の違い、およびWebM MP4変換フリーソフトに関する紹介でした。WebMを無料でMP4に変換したい場合、ぜひ本文をご参考ください。

WonderFox Free HD Video Converter FactoryはWebMをMP4に変換する他、動画編集や動画ダウンロードなどの機能も備わっています。ご興味がございましたら、ぜひ無料ダウンロードして体験してください。

無料ダウンロード

Windows向け

安全&安心

無料ダウンロード
マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2024 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved

Back to Top