(Windows)WMV形式の動画が再生できない時の対処法

Q:「WMVの動画はWindows10で再生できない、.wmvのファイルをほかの形式に変換できますか。」

Q:「WMVとはwindows media videoのことなのでしょうか?Windows Media Player で再生できる動画の事をいうのでしょうか?教えてください。」

Q:「WMVを再生できるフリーソフト教えてください。今はWindows media playerを使ってます、一時停止や再生をスペースキーでできるソフトありますか?」」

WindowsでWMV形式の動画ファイルを再生する時に何らかの原因で上手く再生できない時はありますよね。

例えばWindows media playerでWMVを再生する時、「ファイル再生中WMVに問題が発生しました」というエラーが表示されてきて、再生中のWMV動画は急に再生できなくなったりとか、Windows media playerではなく他のメディアプレーヤーで再生しても「サポートされていない形式」といったエラーが出てきて最初から再生できないとか…

今回はWindowsにおいて.wmv形式のファイルが再生できない原因とその対処法についてご紹介します。

元サヤ | 2021/05/13

WMVとは

WMVが再生できない原因

Windows Media PlayerでWMVを再生できない時

WMVを再生できるフリーソフト

破損したWMVファイルを修復するツール

後書き

WMVとは

簡単に言えば、WMVがマイクロソフト社が自社製品に対応できるような動画ファイルを圧縮する為の映像圧縮形式で、「Windows Media Video」の略称です。

またその形式によって圧縮された動画ファイルの拡張子は「.wmv」です。

.wmv形式のファイルに対応できる端末はほぼWindows Media Playerの様なマイクロソフト社の製品なんですが、それ以外にも一部プレーヤーで再生できます(VLC Media Player/5K Player等)。

WMVファイルの特徴:

・WindowsのPCでは普及率がかなり高いです

・マイクロソフトが開発した形式なので、Macの様なアップル社の製品とは互換性がなく、そういった製品で再生できません

人気記事:WindowsでMKVが再生できないWindows10でMOVが再生できないWindowsでFLVをMP4に変換

破損したWMVファイルを修復

Free HD Video Converter Factoryはほぼ全てのファイル形式に標準対応の動画編集にソフトで、非人気形式の動画ファイルを再生するメディアプレーヤーも搭載されています。また、高い解析機能で破損したファイルを検出し修復できる上、非人気の形式を汎用性の高いより便利な形式に高画質で変換することも可能です。

WMVが再生できない原因

一つのファイルが再生できない原因は、大まかにファイル自体の問題とそのファイルを再生する端末/プレーヤーの問題という二つに分けられます。原因の違いによりその解決策も異なります。

このパートではまずはWindowsでWMVが再生できない原因について分析してみましょう。

・圧縮の際にファイルが破損

・ファイルの拡張子を強制的に変換(手動入力で.wmvを.mp4等の形式に書き換える)

・ファイルデータの書き込み中デバイスとの接続を切断(USB端子を抜く)

・WMV動画をダウンロードする際にダウンロードが中断

・プレーヤーがWMVをサポートしていない

・動画の再生中、端末の電源が切断

・端末がウイルス感染

・端末もしくはWMVファイルの入っているUSB自体が物理的な衝撃を受けた。

Windows Media PlayerでWMVを再生できない時

WMVファイルについてご紹介した時、そもそもWMVとはマイクロソフト社が自社製品に対応できるよう開発した映像圧縮形式形式で、その自社製品であるWindows Media PlayerでWMVを再生できないとなると、WMVがサポートされていないという原因はまず考えられません。

なので、WMVファイル自体が破損していない限り、Windows Media Playerから解決策を見出すしかありませんね。

Windows Media PlayerでWMVを再生できない原因として考えられるのは下記のようになります

①Windows Media Playerのパージョンが遅れている(最新バージョンにアップグレードしていない)

②WMVの再生に必要とされているコーデックが備わっていない

①に対する解決策はWindows Media Playerを最新バージョンにアップすることです。

操作手順

・Windows Media Playerを立ち上げます

・最初画面の空白の所を左クリックして、「Alt」キーを一回押します

・そうしたら一つのプルダウンメニューが表示されてきます

・そのプルダウンメニューで「ヘルプ(H)」→「更新プログラムの確認(U)」の順で、Windows Media Playerを最新バージョンにアップグレードします

・最新バージョンになったWindows Media Playerをもう一度立ち上げます

PS:Windows Media Playerを立ち上げる時はそのアイコンを右クリックして「管理者として実行(A)」をクリックという流れで立ち上げた方が色々な制限を解除できます。

②に対する解決策はWMV再生に必要とされているコーデックをダウンロード、導入することです。

操作手順

https://filehippo.com/download_media-player-classic/

https://filehippo.com/download_klite-codec-pack/

この二つのサイトからWindows Media Playerに対応できるコーデックをダウンロードできます。

Q:「PCにインストールされているコーデックを確認するにはどうすればいいですか。」

A:「Windows Media Player の [ ヘルプ ] メニューで、[ windows Media Player のバージョン情報] を選択します。 [ヘルプ] メニューが表示されない場合は、[→レイアウトの整理] を選択し、[メニューバーの表示]をクリックします。

[バージョン情報]ダイアログボックスで、[テクニカル サポート情報] を選択します。

Webブラウザーによって、PCにインストールされた関連バイナリファイル、コーデック、フィルター、プラグイン、サービスに関するさまざまな詳細情報が記載されたページが開きます。」

WMVを再生できるフリーソフト

WindowsにおいてWMVファイルを再生できるプレーヤーはWindows Media Playerの他にもいくつかあります。Windows Media PlayerでどうしてもWMVを再生できなくなった時は他のプレーヤーを試してみても一つの方法です。

そこで、このパートにてWindowsにおけるWMVを再生できるフリーソフトをご紹介します。

MPC-BE

ダウンロードリンク:

https://www.gigafree.net/media/MediaPlayer/MPC-BE.html

このソフト本体のサイズは軽量で、標準状態でほとんどのメディアファイルを再生することができます。更にCD/DVD/Blu-ray/YouTube動画の再生にもデフォルトで対応しています。

インストール手順

・ダウンロードリンクにアクセスします

・「ダウンロード(公式)」をクリックします

・最新バージョンである1.5.7(2021年5月11日時点で)をクリックします

・緑色のバーの「Download Latest Version」をクリックします

・ダウンロードされたパッケージを開きます

・「MPC-BE.1.5.7.6180.x64.exe」をクリックします

・「日本語」→「同意する」→「インストールフォルダーを選択」→「次へ」→「インストール」の順でクリックすればインストールできます。

PotPlayer

多形式に対応できる軽量メディアプレイヤー。スピーディーな動作ができるうえ、再生速度の変更、色調補正、音声同期等の機能も備わっています。

ダウンロードリンク:

http://potplayer.daum.net/

インストール手順

・ダウンロードリンクにアクセスします

・「64bit DOWNLOAD」をクリックします

・ダウンロードされたパッケージを開きます

・「実行」→「日本語」→「次へ」→「同意する」→「次へ」→「インストール先を選択」→「インストール」→「閉じる」の順を追ってクリックすればインストールできます。

Vlc Media Player

VLCがこの世を訪れた当初はヨーロッパ圏だけで使われていたが、対応できるメディア形式が多いうえ、いくつかのバージョンアップを経たあと、動画形式の変換機能まで揃えたこともあって、今では日本でもかなりの人気を集めたメディアプレーヤーとして利用されています。

公式サイト:

https://www.videolan.org/vlc/index.ja.html

インストール手順

・公式サイトにアクセスします

・「ダウンロードVLC」をクリックして、数秒待ちます

・ダウンロードされたパッケージを開きます

・「実行」→「日本語」→「次へ」→「インストール先を選択」の順を追ってクリックすればインストールできます。

破損したWMVファイルを修復するツール

WMVが再生できない原因についてご紹介したとき、「ファイル自体が破損してしまった」という条目がありました。ファイル自体が壊れてしまったら、如何なるメディアプレーヤーでも再生不可能です。一つのWMVファイルを複数のメディアプレーヤーで再生してダメだった場合は、ファイル自体の破損を考えるべきです。

そういう場合は破損したファイルを修復するか、又はそのファイルを動画編集ツールで他の形式に変換するかという二つの解決策しかありません。しかし、ファイルの修復は決して容易いことではありません、なのでそのファイルをほかの形式に変換するのが唯一残された道です。

Free HD Video Converter Factory

このソフトは500以上の動画形式がプリセットされているうえ、僅か三ステップでWMVをMP4、AVI、MKV等汎用性の高い形式に変換できます。更に、無料ソフトでありながら、広告や使用時間の制限などは一切ありません。

なお、破損したファイルをこのソフトに入れて、ほかの形式に変換し、ファイルが破損していることが検出されたら、形式変換の途中で破損したファイルを自動的に修復してくれます。

具体的な操作方法を見てみましょう

Free HD Video Converter FactoryFree HD Video Converter FactoryをPCにインストールします

・ソフトを立ち上げます

・最初の画面で「変換」をクリックします

・次の画面で「ファイル追加」もしくは「フォルダ追加」をクリックします

・画面の右側でファイル形式が表示されている四角い枠をクリックします

・次の画面で「形式を選択する」という文字の下にある「動画」をクリックします

・「動画」のカテゴリーで「MP4、AVI」又はお好きな形式をクリックします

・(省略可)出力フォーマットを設定したら、「パラメータ設定」をクリックして進んだ次の画面で動画のサイズを左右する要素である解像度やエンコード(MP4を例として、H265を選択すればファイルサイズを最小限に圧縮できます)を自由に調整できます。

・画面の下にある小さい「」をクリックします

・出力フォルダーを選択して「OK」をクリックします

・画面右下にある青色の「変換」ボタンをクリックします

PS:変換速度はネットの状況によって影響されますが、1GB以下の動画であれば5分間以内に変換できます。

後書き

今回はWindowsでWMV形式のファイルが再生できない原因とその対処法についてご紹介しました。

覚えて頂きたいのは

WindowsにおいてWMVは汎用性の高い形式ですが、アップル社の製品では再生できない

再生できない原因を具体化し、その原因を踏まえて異なる対処法を取る

ということです。

最後に、長い文章を最後まで読んでくれてどうもありがとうございました。

動画の解像度を上げる方法

HD Video Converter Factory Pro

このソフトは動画形式を自由に変換できるうえ、変換した動画の解像度を最大8K(7680×4320)まで上げられます。また、ファイルサイズが大きすぎてそれを圧縮したい場合は「バッチ圧縮」という機能を使い、ワンステップで動画の画質を殆ど落とさずにサイズを元の半分ぐらいにできます。

マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved