「2022」YouTubeに4K動画をアップロードする方法

2022/08/24
  • 4K動画をYouTubeにアップロードするのに適した状態に変換する手順
  • ステップ1.4K動画を動画変換ソフトに取り込む
  • ステップ2.形式/エンコーダ/パラメータを設定
  • ステップ3.4K動画をYouTubeにアップロードするのに適した状態に変換
YouTubeに4K動画をアップロードする方法を教えてください。
4K解像度の動画をYouTubeにアップロードしたが、再生ページに行くと144p/240p/360pのバージョンしか表示されないのはどうしてでしょうか?YouTubeに4K動画を正しくアップロードするにはどうすればよいでしょうか?
今、4K解像度で動画を撮影したり、編集した動画を4K解像度で出力したりしてから、YouTubeに4K解像度でアップロードしようとする人が増えています。本文では、YouTubeに4K動画をアップロードする効果的な方法を紹介いたします。
Facebookに動画投稿できないYouTubeに動画をアップロードできない

YouTubeに4K動画をアップロードする前に知っておきたいこと

ご存知の通り、YouTubeは4K動画の再生/アップロードに対応しています。

ただし、YouTubeに4K動画をアップロードした後、YouTubeがアップロードされた動画を処理するために時間がかかります。そのため、YouTubeに4K動画をアップロードしても、再生ページで4K解像度を選択できないこともあります。この場合、通常は処理が終了したら、解像度を自由に選択できます。(参考記事:アップロード後の動画の画質が低い

また、特筆すべき点は、4K動画の元の品質をできるだけ保ち、YouTubeに4K動画をできるだけ速くアップロードしたい場合は、動画のコーデック、コンテナ形式、およびフレームレート、アスペクト比、ビットレート、チャンネルなどの各種パラメータがYouTubeへのアップロードに最適な状態であることを確保することが一番良いということです。

YouTubeに4K動画をアップロードする時の推奨設定

スキャン方式

プログレッシブスキャン

コンテナ形式

MP4

動画/音声コーデック

H264/AAC

チャンネル

ステレオまたは5.1チャンネル

サンプリングレート

48khz/96khz

フレームレート

24、25、30、48、50、60fps

動画ビットレート

24、25、30fpsのSDRの4K動画の場合:35〜45Mbps

48、50、60fpsのSDRの4K動画の場合:53〜68Mbps

24、25、30fpsのHDRの4K動画の場合:44〜56Mbps

48、50、60fpsのHDRの4K動画の場合:66〜85Mbps

音声ビットレート

ステレオ:384kbps

5.1チャンネル:512kbps

アスペクト比

16:9

参考記事:YouTubeにアップロードする動画におすすめのエンコード設定

以上の紹介で、YouTubeに4K動画をアップロードする前に、動画の様々なパラメータをどのような値に調整するのがベストなのか、ご理解いただけたと思います。次に、4K動画のパラメータをYouTubeにアップロードするのに適した値に調整する方法と、YouTubeに4K動画をアップロードする方法についてご説明します。ご興味のある方はぜひご一読ください。

YouTubeに4K動画をアップロード

今回ご紹介する、4K動画をYouTubeにアップロードするのに適した状態に調整できる動画変換・編集ツールは、「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」です。このソフトは、ほぼすべての4K動画の形式/コーデックを変換し、解像度/アスペクト比/フレームレート/ビットレートなどの動画パラメータ、ビットレート/チャンネル/サンプリングレートなどの音声パラメータを変更できます。MP4などの出力形式や、H264/AACなどの2つのエンコーダが利用可能です。また、プリセットされた出力形式「YouTube」は、動画パラメータの変更や形式変換に経験の十分でない初心者の方にも、非常に便利で高速な変換体験を提供できます。つまり、「ファイルを取り込む」「出力形式をYouTubeに設定」「ファイルを出力」というわずか三つのステップで、ほぼすべての4K動画をYouTubeにアップロードするのに適した状態に変換でき、さまざまな複雑な設定をする必要がないです。バッチ変換とビデオカード加速をサポートしているので、変換は高速かつ効率的で、独自のデコード&エンコード技術により、動画本来の画質で最大限に出力できます。形式変換やパラメータ変更に加え、YouTubeなどのサイトからの動画ダウンロードや動画からの音楽抽出などの機能により、さらに利便性は高まります。

ここでは、4K動画の形式/コーデック/パラメータをYouTubeへのアップロードに適したものに変更、およびアップロードする手順を詳しくご説明します。始める前に、WonderFox HD Video Converter Factory Proを無料でダウンロードしてインストールしてください。

無料ダウンロード
無料ダウンロード

ステップ1.4K動画を動画変換ソフトに取り込む

WonderFox HD Video Converter Factory Proを起動し、「変換」ツールを開きます。ワークスペースで「+ファイル追加」をクリックするか、4K動画を直接ソフトにドラッグ&ドロップします。

ヒント

・複数の4K動画を選択して一度に追加したり、フォルダ内のすべての4K動画を追加したりすることができます。

ステップ2.形式/エンコーダ/パラメータを設定

ワンクリックで設定

ワークスペースの右側にある大きな形式アイコンをクリックし、「出力形式を選択」パネルの「ウェブ」タブをクリックし、「YouTube・MP4」を選択します。

形式/エンコーダ/パラメータを個別に設定

「動画」タブで、「MP4」を選択します。次に、形式アイコンの下にある「パラメータ設定」をクリックし、YouTubeにアップロードされた4K動画の上記のパラメータと動画の元のパラメータに従って、各パラメータを設定します。完了したら、「OK」をクリックし、調整内容を保存します。

ステップ3.4K動画をYouTubeにアップロードするのに適した状態に変換

すべての準備が整ったら、下の逆三角形のアイコンをクリックして出力フォルダを設定し、右下の「変換」をクリックすると、4K動画をYouTubeにアップロードするのに適した状態に変換する作業が開始されます。

ステップ4.変換された4K動画をYouTubeにアップロード

YouTubeを開き、自分のアカウントにログインします。右上の「作成」をクリックし、「動画をアップロード」をクリックします。「ファイルを選択」をクリックし、変換した4K動画をアップロードします。アップロードすると同時に、動画の詳細/年齢制限/公開設定/サムネイルなどを設定し、YouTubeに4K動画をアップロードします。

目次
人気記事

4Kと2Kの違い/比較を解説

動画を4Kに変換

4K動画編集ソフトおすすめ

4K動画をYouTube仕様によって簡単変換

YouTube仕様によって特別にプリセットされた動画形式、及びMP4など500以上の動画形式を内蔵し、誰でも素早く簡単に4K動画を最適な形式に変換してからYouTubeにアップロードできます。それに加え、強力なパラメーター変更機能により、4K動画のコーデック、フレームレート、ビットレート、チャンネル、サンプリングレートなども手軽に設定することもできます。そのほか、YouTubeなど1000以上のサイトから動画/音楽をダウンロード、YouTubeライブを録画、YouTube動画から着信音を作成、YouTube動画からMP3/WAVを抽出、YouTube動画からGIFアニメーションを作成など、驚くほど幅広い機能を備えています。詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows 11/10/8/7/Vista/...と互換性があります。

まとめ

以上は、YouTubeに4K動画をアップロードする時の推奨設定及びYouTubeに4K動画をアップロード・投稿する効果的な方法です。お役に立てれば幸いです。YouTubeにアップロードするすべての4K動画をできるだけ速くアップロードし、その後最高の視聴体験を得たい場合は、アップロード前にWonderFox HD Video Converter Factory Proを使用して4K動画の形式/コーデック/パラメータを一括変換してみてください。

  • 無料ダウンロード↓↓↓
無料ダウンロード
無料ダウンロード
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.