「2022」パソコンで動画が再生できない原因と対処法

2022/09/16
  • 変換・再エンコードでパソコンで動画が再生できない問題を解決
  • ステップ1.PCで再生できない動画をソフトに追加
  • ステップ2.出力フォーマットを選択
  • ステップ3.PCで再生できない動画を変換/再エンコード

パソコンで動画が再生できない?

パソコンで動画を再生する場合、オンライン・オフラインを問わず、再生できないや画面が途切れるなどの不具合が発生する可能性があります。パソコンで動画が再生できない原因や効果的な対処法をお探しの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。この記事では、パソコンで動画が再生できない最もよくある原因と対処法をご紹介します。

パソコンで動画が再生できない原因と対処法

PCで動画が再生できない原因はさまざまあります。今回は、PCでオンライン動画とオフライン動画が再生できない原因とその時の対処法を順番にご説明します。

パソコンでオンライン動画が再生できない原因と対処法

原因

パソコンでオンライン動画が再生できない原因はわかりやすく、通常はネットワーク環境が不安定であることです。

また、動画を見るのにお金が必要であったり、アップロード者が動画を非公開に設定していたりするなど、閲覧権限がない可能性もあります。

対処法

閲覧権限がないためにパソコンで動画が再生できない場合は、アップロード者に連絡して閲覧権限を取得するか、必要な料金を支払って視聴するのが最善の策だと思います。 インターネット環境が不安定や、通常速度が遅いなどの原因でパソコンで動画が再生できない場合は、まず無線 LANルーター・LANケーブルなどのハードウェアに不具合があるかどうか、そしてルーター・LANケーブル・パソコンの間の接続が安定しているかどうかを確認するのが良いと思います。故障を発見した場合は、ネットワーク保守のために修理部門に相談するか、状況に応じてご自身で修理してみましょう。

パソコンでオフライン動画が再生できない原因と対処法

原因

オフラインの動画、つまりパソコンに保存されている動画がパソコンで再生できない原因は、通常2つあります。1つ目は、動画ファイルが破損していることです。動画ファイルが破損する原因は、動画の転送/ダウンロード/エンコード中にその処理が中断された、珍しいエンコーダや規範に合わないエンコード方法で動画がエンコードされたなど、様々な可能性があります。動画ファイルの破損の程度は、原因によって異なる場合があります。2つ目は、動画ファイルのコンテナや圧縮の仕様がプレーヤーに認識されないことです。

対処法

動画ファイルが破損していることに引き起こされたオフラインの動画がパソコンで再生できない場合、動画ファイルを修復することが唯一の対処法かもしれないです。動画ファイルの破損がひどい場合は、修復のしようがないと思います。動画ファイルが中程度に壊れている場合は、データ復旧サービスやファイル修復サービスなどを利用することで修復できる可能性があります。破損の程度が軽微な場合は、動画を再エンコードすることで修復できるはずです。

動画ファイルのコンテナや圧縮仕様がプレーヤーに認識されない場合、動画のコンテナ形式を変換したり、ありふれたエンコーダで動画を再エンコードしたりすることで、動画の汎用性が格段に向上します。つまり、一度変換・再エンコードすれば、その後長くパソコンで動画が再生できないのにイライラしなくなります。もちろん、より強力なエンコード機能付きメディアプレーヤーを使ったり、パソコンに追加のコーデックをインストールしたりすることも解決策になります。ただし、後者の2つの方法は、最初の方法ほど成功率が高くなく、簡単でもないです。

動画再生機能を帯びる推奨動画変換・再エンコードソフト:WonderFox HD Video Converter Factory Pro

推奨動画プレーヤー:VLCメディアプレイヤー

推奨メディアコーデックパック:K-Lite Codec Pack

成功率と安全性が高く、シンプルで初心者に適しているので、次に、コンテナ形式の変換や再エンコードで、パソコンで動画が再生できない問題を解決する方法をご説明します。ご興味のある方はぜひご一読ください。

変換・再エンコードでパソコンで動画が再生できない問題を解決

WonderFox HD Video Converter Factory Proは、初心者向けの動画変換・再エンコードソフトです。このソフトを使えば、パソコンで再生できない動画ファイルを、「ファイルを取り込む→出力形式を選択→書き出す」の3ステップで簡単に変換/再エンコードできます。様々なコーデックを内蔵しているので、破損の少ないものを含め、ほとんどの動画ファイルをデコードして読み込めます。H264/H265(HEVC)/MPEG4/VP9/DIVX/XVID/AVC1/WMVなどの一般的なエンコーダで動画をエンコードでき、MP4/MOV/AVI/MKV/WMVなどの一般的なコンテナ形式を提供しています。つまり、このソフトで、パソコンで再生できないほとんどの動画ファイルを、一般的な圧縮仕様で手軽に一般的な形式に変換できます。こうして、パソコンで動画ファイルが再生できない問題はもちろん、特定のソフト/デバイスに動画が取り込めないなど、互換性がないために起こる問題もほぼ解決できます。また、バッチ変換/知的なパラメータ自動設定/GPU加速などの機能により、変換/再エンコードの効率が大幅に向上する一方、動画ダウンロード/動画からの音楽抽出/録画/GIF作成などの機能は、ソフトの有用性をさらに高められます。

次に、動画の形式変換/再エンコードの手順について詳しく説明いたします。この方法でパソコンで動画が再生できない問題を解決したい方は、まずWonderFox HD Video Converter Factory Proを無料でダウンロードし、インストールしてください。

無料ダウンロード
無料ダウンロード

ステップ1.PCで再生できない動画をソフトに追加

HD Video Converter Factory Proを起動し、「変換」をクリックします。

「+ファイル追加」をクリックし、PCで再生できない動画を選択してソフトに追加します。

ヒント

・動画のサムネイルにある再生ボタンをクリックすると、取り込んだ動画が再生されます。

ステップ2.出力フォーマットを選択

右側で「出力フォーマットを選択」の下のフォーマットアイコンをクリックします。

MP4は最も汎用性の高いフォーマットであるため、「動画」「MP4」を順次にクリックし、PCで再生できない動画の出力フォーマットとしてMP4を選択します。もちろん、場合によって、ソフトにプリセットされている他の出力フォーマットを選択しても問題ないです。要するに、PCで動画が再生できない問題を解決することに主眼が置かれています。

ヒント

・右側の「パラメータ設定」ボタンをクリックすると、エンコーダ、つまり動画を変換/再エンコードするときに使用する圧縮仕様を選択できます。出力フォーマットをMP4に設定した場合、選択できるエンコーダは「MPEG4」「H264」「H265」です。汎用性を考えると、最初の2つを選択することをおすすめします。

ステップ3.PCで再生できない動画を変換/再エンコード

下の「▼」をクリックし、出力先を設定します。

準備ができたら、「変換」をクリックし、PCで再生できない動画の変換/再エンコードを開始します。

変換・再エンコードが完了したら、書き出された動画をPCで再生してみてください。

目次
人気記事

iPhoneでDVDを再生

DellのパソコンでDVDを再生

MP4再生フリーソフトおすすめ

多機能メディア再エンコード・変換ソフト

WonderFox HD Video Converter Factory Proは、ほとんどすべての動画/音楽ファイルをMP4/MOV/WAV/MP3および他の500以上の形式に変換/再エンコードすることによって、PCで動画/音楽が再生できない問題を解決できるだけでなく、多目的に使用できます。詳細を見る >

  • YouTube/ニコニコ動画/FC2など1000以上のサイトから、PCで再生できないオンライン動画をダウンロードしてからオフラインでスムーズに再生できます。
  • ウェビナー/オンライン講座/オンラインミーティング/ビデオ通話/ライブなどを録画できます。
  • 動画/画像からGIFアニメに作成できます。
  • 動画/音楽を結合/分割/圧縮し、動画/音楽パラメータをカスタマイズできます。
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows 11/10/8/7/Vista/...と互換性があります。

まとめ

以上が、PCで動画が再生できない一般的な原因と対処法です。具体的な状況に応じて、最も適切な対処法を選択してください。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.