クラスルームにアップした動画が再生できない時の対処法

2022/08/12
  • 圧縮でクラスルームの動画が再生できないエラーを解決
  • ステップ1.クラスルームで再生できない動画をソフトに追加
  • ステップ2.設定
  • ステップ3.クラスルームで再生できない動画の圧縮を開始

本文では、クラスルームにアップした動画が再生できない時の対処法を紹介いたします。クラスルームの動画が再生できない問題を解決したい方は、この記事を読んでみてください。

クラスルームの動画が再生できない時の対処法

通常、動画をクラスルームにアップロードできる場合は、動画ファイル自体が壊れておらず、動画形式がクラスルームでサポートされていることを意味します。この場合、クラスルームで動画を再生できない主な理由は、動画ファイルサイズが大きすぎて、アップロードやストリーミングに時間がかかるかもしれないです。特に、講師がGoogleドライブからクラスルームに動画をアップロードする/YouTube動画をアップロードする/URLで動画をアップロードすることでなく、PCからローカルに動画をアップロードする場合は、その可能性が強くなります。また、アップロードのプロセスも通信状態の不安定に左右されやすいです。そのため、大容量の動画をクラスルームにアップロードして配信する場合は、動画を圧縮しておくとよいでと思います。圧縮された動画は、Googleドライブ経由でも、PCから直接アップロードしても、より短時間でクラスルームにアップロードできます。そうすると、クラスルームでファイルサイズが大きくなって動画が再生できなくなるようなエラーはほぼ解消されるはずです。次に、おすすめの優れた動画圧縮ソフトと圧縮方法をご紹介します。ご興味のある方はぜひご一読ください。

圧縮でクラスルームの動画が再生できないエラーを解決

今回おすすめしたいワンクリックで動画を一括圧縮できる機能を持つソフトは、「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」です。ワンクリックで圧縮率を設定できるほか、ビットレート/フレームレート/解像度など動画サイズに影響するパラメータを小さくしたり、コーデックを変更したり、動画をカット/クロップしたりすることで圧縮することも可能です。また、ほとんどすべての動画をMP4などの一般的なフォーマットに変換することもサポートしています。圧縮とフォーマット変換を併用することで、クラスルームに動画をアップロードできないことによる再生できないエラーの出る可能性を最小限に抑えられます。

サイズが大きすぎて、クラスルームで動画が再生できない問題を解決するために、次に動画を圧縮する手順を詳しくご説明します。その前に、WonderFox HD Video Converter Factory Proを無料でダウンロードしてインストールし、お試しください。

無料ダウンロード
無料ダウンロード

ステップ1.クラスルームで再生できない動画をソフトに追加

WonderFox HD Video Converter Factory Proを起動し、「変換」ツールを開きます。次に、クラスルームで再生できない動画ファイルをソフトにドラッグするか、左上の「ファイル追加」をクリックし、ソフトに読み込みます。

ステップ2.設定

「出力フォーマットを選択」アイコンをクリックすると、出力形式リストが表示され、出力形式を選択できます。「MP4」を選択することをおすすめします。ここで出力形式としてMP4を選択したのは、出力ファイルとクラスルームとの間で最高の互換性を確保するためです。つまり、出力形式としてMP4を選択することで、形式がサポートされないのでクラスルームに動画がアップロードできないという問題を解決できる可能性もあります。

方法1

「パラメータ設定」をクリックします。ここで、「解像度」「ビットレート」「フレームレート」を低い値に変更すると、クラスルームで再生できない動画のサイズを小さくすることができます。終了したら、「OK」をクリックして変更を保存してください。

方法2

変換画面の下部にある「圧縮」ボタン(「変換」ボタンの左側/「フォルダ」アイコンの右側)をクリックします。スライダーをドラッグすることで、ワンクリックで圧縮率を調整できます。圧縮率を調整することで、クラスルームで再生できない動画の容量を小さくすることができます。ちなみに、圧縮率が高いほど出力動画のサイズは小さくなるが、画質は悪くなります。

方法3

ファイルの下にある「切り取り」または「クロップ」をクリックすると、動画から不要な部分/画面を削除することで、クラスルームで再生できない動画ファイルのサイズを小さくすることもできます。終了したら、「OK」をクリックして変更を保存してください。

ステップ3.クラスルームで再生できない動画の圧縮を開始

変更を保存したら、出力ファイルの推定サイズが表示されます。すべての設定が終了したら、下部の逆三角形のボタンをクリックし、出力フォルダを選択します。そして、「変換」ボタンをクリックすると、クラスルームで再生できない動画の圧縮が始まります。圧縮したら、もう一度クラスルームに動画をアップロードし、再生できないかできるかを確認します。

目次
人気記事

MP3を再生|Windows10

H264を再生(Windows10で)

ニコニコ動画が見れない

クラスルームで再生できない動画の圧縮に加え

WonderFox HD Video Converter Factory Proは、一括圧縮/パラメータ変更により、動画サイズが大きすぎてクラスルームで動画が再生できない問題を解決できるだけでなく、他にも様々な便利な機能を備えています。動画/音楽フォーマット変換、動画ダウンロード、PC画面録画、GIF作成など、どんな機能でも使いやすく、安全で安定した、オールインワンの音声・動画処理プログラムです。詳細を見る >

  • 互換性が低いためにメディアファイルが再生できない/開けない/読み込めない/取り込めないなどの問題を解決できます。
  • YouTube/ニコニコ動画/FC2など1000以上のオンライン動画共有サイトから動画をダウンロードし、一般的な動画/音楽形式に変換できます。
  • ほとんどの動画/音楽ファイルの読み込みに対応しています。
  • MP4/MOV/WAV/MP3などの一般的なフォーマットに加え、一部のデバイス/ウェブサイトと互換性の高い動画フォーマットを内蔵し、500以上の出力形式を提供します。
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows 11/10/8/7/Vista/...と互換性があります。

まとめ

以上は、クラスルームにアップした動画が再生できない時の対処法です。お役に立てれば幸いです。今回ご紹介した方法で、「サイズが大きすぎてクラスルームで動画が再生できない」という問題だけでなく、「形式に対応していないため、動画をクラスルームにアップロードできない」という問題も解決できると思います。

マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2022 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.