CPIファイルとは?CPIファイルを再生・MP4などに変換するには?

2021/10/29

カメラで動画を撮影した後、動画ファイルを保存したフォルダーにCPIファイル(拡張子が「.cpi」のファイル)を見つける場合があります。それらのCPIファイルを開いてみましたが再生できないことがわかったかもしれないです。では、CPIファイルは一体どのようなファイルですか?再生や他のフォーマットへ変換できますか?

CPIファイルとは?再生・変換できますか?

パソコンに拡張子が「.cpi」のファイルがありますが、再生できないです。どうやってCPIファイルを再生できますか?CPIファイル変換ソフトなどを使って、CPIファイルをMP4などのフォーマットに変換して再生することは可能でしょうか?
ソニーのデジタル一眼カメラαで動画を撮影した後、保存フォルダーにいくつかのCPIファイルやMTSファイルが生成されましたが、それらのCPIファイルを再生することはできないです。その理由は何でしょうか?CPIファイルはどのような動画ファイルでしょうか?
CPIファイルは、実際、HDデジタルカメラによって作成されるファイルで、通常、AVCHDやMTSの動画ファイルに関する様々な情報(動画のメタデータ、フレームレート、アスペクト比など)を記録するために使用されます
ヒント:CPIファイルは通常、「PRIVATE」→「AVCHD」→「BDMV」→「CLIPINF」に保存されています。
CPIファイルは情報を記録するために作成されるファイルであり、動画や音声データを含んでいないため、直接再生することはできなく、他のビデオフォーマットに変換することもできないです。
また、CPIファイルのない場合、MTSやAVCHDファイルのメタデータを見たいなら、まず、カメラで撮影した動画ファイルをパソコンにコピーし、動画ファイルを右クリックして「プロパティ」を選択し、「詳細」パネルを開きましょう。
MTS動画の結合・連結
XAVC SとAVCHDとの違い
MP4をAVCHDに変換
カメラで撮影した動画をMP4などに変換

動画変換ソフトWonderFox HD Video Converter Factory Proは、カメラで撮影されたH.264、MPEG4、AVCHD、HDV、DV、MPEG-2などの動画を、最高の品質を保ったまま、MP4などのより流行っているフォーマットに変換することができます。いつでも、どんなデバイスでも、互換性問題なく、カメラで撮影された動画を再生、自由に編集することができます。詳細を見る >

無料ダウンロード
無料ダウンロード
* 動画の解像度を最大7680×4320(8K)まで変換することがサポートし、ビットレート・フレームレートなどを簡単に設定できます。

カメラで撮影した動画をMP4などに変換するには?

前述によって、CPIファイルはAVCHDやMTSファイルに付属する情報記録ファイルだけであり、再生可能なMP4などの動画形式に変換することはできないです。ただし、MTSやAVCHDなどのカメラで作成された動画ファイルは、一部のデバイスや動画再生・編集ソフトとの互換性があまり高くないので、カメラで撮影した動画を再生・編集したい場合、まず、AVCHDやMTSの動画をカメラからパソコンにコピーして、MP4などに変換するという選択肢もあります。

プロな動画変換ソフトウェアWonderFox HD Video Converter Factory Proは、できる限り動画の元の品質を維持しながら、MTSやAVCHDファイルをMP4などの流行のビデオフォーマットに変換することができます。さらに、ほぼすべてのフォーマットの動画・音楽ファイルを500以上のビデオ・オーディオフォーマットへの変換にも対応しています。また、変換前に動画をカット、クロップ、回転、マージなどをしておくことができます。次に、WonderFox HD Video Converter Factory Proを使って、カメラで撮影した動画をMP4などに変換する手順をご紹介します。

3つのステップだけでMTS、AVCHD動画をMP4に変換

カメラで撮影したMTS、AVCHD動画をMP4に変換する前に、まず、プロな動画変換ソフトウェアWonderFox HD Video Converter Factory Proを無料ダウンロード無料ダウンロードしインストールしましょう~

ステップ1、カメラで撮影したMTSやAVCHDファイルを変換ソフトに取り込む

WonderFox HD Video Converter Factory Proを起動し、「変換」をクリックして動画変換ツールを開きます。「+ファイル追加」をクリックして、パソコンからMTS、AVCHDビデオを選択してソフトに取り込むか、直接MTS、AVCHDファイルを動画変換ツールにドラッグ&ドロップします。

ヒント:WonderFox HD Video Converter Factory Proは、バッチ変換をサポートしており、10個までの動画ファイルを一括変換することができます。

ステップ2、MP4を出力形式として選択

動画変換ツールの右側にある「出力フォーマットを選択」アイコンをクリックして「動画」タブで「MP4」を選択します。

ヒント:ファイルの下にあるツールバーの最後のアイコン「ファイルの元の情報」をクリックすれば、動画ファイルのメタデータ(タイトル、アーティスト、ファイルタイプ、ファイルの説明など)を手動で編集できます。また、インターフェースの右側にある「パラメータ設定」をクリックして、さまざまな動画パラメータ(ビットレート、アスペクト比、解像度、フレームレートなど)を設定することができます。

ステップ3、カメラで撮影したMTS、AVCHDファイルをMP4に変換

下の逆三角形のアイコンをクリックして、変換した動画ファイルの出力フォルダを設定します。最後、「変換」をクリックすると、カメラで撮影したMTS、AVCHDファイルのMP4への変換が開始されます。

目次
人気記事

MTSファイル結合フリーソフト

拡張子「.mts」のファイルを変換

Premiere ProでAVCHDの読み込み

多機能な動画変換ソフト

豊富な機能を持つ動画変換ツールWonderFox HD Video Converter Factory Proは動画の形式変換、エンコード、編集、ダウンロード、録画など様々な機能を備えている。詳細を見る >

  • 動画・音楽を500+のフォーマットやデバイス用フォーマットへ変換
  • 一番簡単な方法で動画を編集
  • ネットから動画をダウンロード
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* パソコン画面に表示される内容を録画、動画や画像をGIFアニメに作成する機能も搭載している。
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.