VLCでYouTubeが再生できない原因及び対処法

2023/01/18
  • URLでVLCで再生できないYouTubeのビデオを保存して再生
  • 1.VLCで再生できないYouTubeのビデオのURLを分析
  • 2.VLCで再生できないYouTubeのビデオを保存
  • 3.PCで直接再生するか、携帯などのモバイル端末に転送して再生

VLCでYouTubeを再生する習慣がある?

VLCメディアプレーヤーを使ってYouTubeを見る習慣がある方は多いのではないでしょうか。ただし、VLCメディアプレーヤーを使用してYouTubeを再生できない場合もあります。このエラーは、いくつかの原因によって引き起こされます。今回は、VLCメディアプレーヤーでYouTubeが再生できないエラーが発生するよくある原因をまとめ、有効かつ簡単な対策を提案してみます。興味のある方は、読んでみてはいかがでしょうか。

VLCでYouTubeが再生できないよくある原因と対策

VLCでYouTubeが再生できない原因は、通常、VLCプログラムには不具合がある、YouTubeのビデオに視聴制限がある、ネットワーク環境が悪いことに分けられます。

●VLCプログラムには不具合がある

VLCのプログラムのバージョンが低すぎる場合や、ファイルが見つからない場合、正常に動作せず、YouTubeを再生できないことがあります。この場合、VLCをアンインストールし、最新版のVLCを再インストールして、再度YouTubeの再生を試みるとよいでしょう。

●YouTubeのビデオに視聴制限をかける

YouTubeのビデオに視聴制限がかかっている場合、VLCで再生できないこともあります。例えば、特定の地域・時間範囲でしか視聴できない、年齢制限がある、有料でないと視聴できないなどの状況があります。この場合、ビデオ再生許可が得られないと、VLCでYouTubeが再生できないだけでなく、YouTubeで直接視聴することも難しいです。

●ネットワーク環境が悪い

ネットワーク環境が悪いのでVLCでYouTubeが再生できないという問題を比較的簡単に解決することができます。ネットワーク環境が安定してくるまで待つか、ご自身でネットワーク環境を最適化することで、通常、再生が可能になります。

上記の方法を試しても、VLCでYouTubeがまだ再生できない場合は、続きをお読みください。次、その問題に対するほかの2つの効果的かつ簡単な解決策を説明したいと思います。

VLCでYouTubeが再生できないエラーを可能な限り解決

VLCでYouTubeが再生できない問題を極力抑える/回避するためには、上記の従来の方法以外にも、VLCで再生できないYouTubeのビデオを保存しておき、オフラインで再生するという間接的な解決方法があります。それは少し複雑ですが、成功率が高く、インターネットに接続していなくても簡単に再生でき、様々なデバイスに転送して、いつでもどこでも再生することができます。

WonderFox HD Video Converter Factory Proは初心者向けの多機能なWindowsソフトで、YouTubeをURLで保存する機能と、PC画面録画で保存する機能が用意されています。つまり、VLCで再生できないYouTubeのビデオを、URLをコピペして解析し、形式/画質/ファイルサイズを選んで保存できるほか、高画質のPC画面で録画して保存することも可能です(60fpsでの録画にも対応)。また、動画・音楽形式の変換、動画からの音声抽出、GIFアニメーションの作成も可能で、非常に便利です。

続いて、VLCで再生できないYouTubeのビデオを保存する手順を詳しくご説明します。その前に、ぜひWonderFox HD Video Converter Factory ProをWindows PCに無料でダウンロードしてインストールし、お試しください。

無料ダウンロード
無料ダウンロード

URLでVLCで再生できないYouTubeのビデオを保存

まず、HD Video Converter Factory Proを開きます。「ダウンロード」をクリックします。「新しいダウンロード」をクリックしてURL分析ウィンドウを開きます。VLCで再生できないYouTubeのビデオのURLをコピーします。「貼り付けと分析」をクリックします。ちなみに、YouTube再生リストやチャンネルのURLを分析できます。画質(解像度)・形式・ファイルサイズを選択して「Ok」をクリックします。下の「▼」をクリックして出力フォルダを設定します。「ダウンロードを開始」をクリックしてVLCで再生できないYouTubeのビデオをPCに保存します。いったん保存すれば、VLCで直接開くことができなかったYouTubeの映像をPCで直接再生したり、携帯などのモバイル端末に転送して再生したりすることができるようになります。

録画でVLCで再生できないYouTubeのビデオを保存

まず、HD Video Converter Factory Proを開きます。メイン画面で「録画」をクリックし、録画画面に入ります。VLCで再生できないYouTubeのビデオの再生ページをブラウザで開きます。上の4つの録画モードから1つ目(録画範囲カスタマイズ)または2つ目(全画面録画)を選択します。最初のモードを選択した場合、録画範囲を手動で設定してください。「形式」ドロップダウンリストでMP4/AVI/MOV/MKVから保存形式を決めます。ここでは、MP4を例にしています。「品質」のドロップダウンリストで「高品質」「デフォルト値」「低品質」から録画品質を選択します。「フレームレート」のドロップダウンリストで「60FPS」「30FPS」「10FPS」からフレームレートを選択します。「GPUアクセラレーション」のドロップダウンリストから「ON」または「OFF」を選択します。「システム音」にチェックを入れます。右下の「▼」ボタンをクリックし、録画ファイルの出力先を選択します。VLCで再生できないYouTubeのビデオを再生します。右上の「REC」をクリックします。最後、「Ctrl」+「F1」を同時に押して録画を停止し、保存したVLCで再生できないYouTubeのビデオを書き出します。上記の方法と同様に、PCに保存して直接視聴することも、他のデバイスに転送してから視聴することも可能です。

* WonderFoxは、販売・配布などの商用目的で動画/音楽をダウンロードすることを断固禁じております。この記事で提供したVLCでYouTubeが再生できない時の対処法は、個人使用のみです。

目次
人気記事

YouTubeがクラッシュ/落ちる

YouTubeに音楽をアップロード

YouTubeがぐるぐるして見れない

ビデオ変換・保存のオールインワンツール

WonderFox HD Video Converter Factory Proは、VLCでYouTubeを直接再生できない問題をビデオ保存で解決できるだけでなく、多くのオンライン/オフラインビデオを開けない/再生できない/インポートできない/アップロードできない問題を解決できる多機能なソフトです。 詳細を見る >

  • YouTubeなどの1000以上のウェブサイトから再生できないビデオを保存。
  • 直接再生できないほぼすべてのローカルビデオを再エンコード/変換して汎用性を向上(出力形式としてMP4/MOVなど数百の一般的なビデオ形式を提供)。
  • 動画ファイルのビットレートモード、解像度、フレームレートを変更してソフト/サイト/SNSとの親和性を向上。
  • 動画を結合・分割・圧縮、動画から音声を抽出。
無料ダウンロード
無料ダウンロード
* Windows 11/10/8/7/Vista/...と互換性があります。

まとめ

以上は、VLCでYouTubeを直接再生できないエラーの解決方法です。お読みいただきありがとうございました。ちなみに、今回ご紹介したソフトは、VLCでYouTubeが再生できない問題をある程度解決できるほか、様々な機能を備えています。今すぐ試してみてください。

  • 無料ダウンロード・インストール↓↓↓
無料ダウンロード
無料ダウンロード
マルチメディアソフトソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

利用規約 | プライバシーポリシー | ライセンスポリシー | Copyright © 2009-2023 WonderFox Soft, Inc. All Rights Reserved.