[制限なし]MKV動画をMP3に変換して音声データを抽出する方法

Q1:「DLした動画がMKV形式で、画質は高いですがファイルも大きいです。MKV動画を編集できるツールで且つそこから音声データを抜き取れるツールを探しています。ご存知の方は教えてください。」

Q2:「音声データを抽出するツールを何個試しましたが、どれも変な制限が付いていて、実に不便でした。有料のものでも構いませんが、使い勝手の良いツールを教えていただけませんか。」

MKV形式はよく高画質動画の作成に利用されているため、.mkvの動画ファイルのサイズは往々にして大きいです。そんなサイズの大きい動画ファイルから音声データを抽出する方法として、MKV動画を丸ごと音声形式に変換してから抽出したい部分をクロップというのがありますが、サイズが大き過ぎるMKV動画だと、変換ツールにサポートされなかったり、変換に費やす時間が多かったりすることが多く、かなり不便です。

今回はMKV動画を編集してファイルサイズを小さくしてから手軽に音声データを抽出するツールをご紹介します。

元サヤ | 2021/06/30

MKVについて

出力フォーマットをMP3にすべき?

音声データを抽出するツール

後書き

MKVについて

MKV(Matroska Video)とは様々な映像、音声、字幕等のデータを一つのファイルに格納するコンテナの様なフォーマットで、単体のファイルとして作成された場合の拡張子は.mkvです。

MP4、AVI等の形式と比べて、多重字幕・音声を格納できることと字幕表示のON・OFFを自由に調整できることそして様々コーデックに対応できるなどといった優れた特徴を持つ多機能な形式です。

また、オープンソースとしてのMKV形式はライセンス料金を払わずに利用できるため、個人が動画作成時などに利用するばかりでなく、企業やインターネットを通じたストリーミング配信等にもよく使われています。

更に、よく一緒に比べられるMP4より多くの先端的なコーデックに対応できて、圧縮効率もMP4よりかなり上です。

それはつまり、同じコーデックを使ってデジタルデータを一つの動画ファイルとして作成したとして、.mkvの動画のサイズがより小さく画質もMP4より高いということです。

しかし、そんなMKV形式もデメリットが存在します。

MKVは複数の映像、音声、字幕等のデータを一つのファイルに格納できるがために、MKVをMP4の様な一つの音声・字幕トラックしか格納できない形式に変換した場合、一部のデータ/トラックが格納されなかったことで変換後のファイルが損なわれる可能性もあります。

それから、高画質の動画の作成によく使われているため、.mkv動画のサイズが大きくて、MKVファイルの再生や編集に対応するツールはそれ程多くないということと、汎用性はMP4より低く、主にWindows製品対応となっていることがちょっと不便な気がします。

人気記事:WMVをMP3に変換ASFをMP3に変化MP4をWAVに変換

無造作に動画から音声データを抽出

HD Video Converter Factory ProはMP4、MKV等の人気形式を含め、ほぼ全ての形式に標準対応しています。しかも、FLAC、WAV等の高音質の音楽形式が出力フォーマットとしてプリセットされていて、どんな動画ファイルからでも音声データを抽出できます。

出力フォーマットをMP3にすべき?

動画ファイルから音声データを抽出するに当たって、出力フォーマットをどんな形式にするのかは自分の必要に応じ考えて決める必要があります。

一口音楽形式といっても、MP3の他によく知られているFLAC、WAV等の高音質形式が存在し、WMA、OGG等あまり知られていない形式も存在しています。そのため、必ずしも音声データをMP3として抽出のが最善だとは限りません

このパートでMP3のほかの形式についてご紹介し、皆さんも総合的に考えたうえで、出力フォーマットを何にするかを決めましょう。

簡単に説明すると、音楽形式には「非圧縮」、「可逆圧縮」、「不可逆圧縮」という三種類が存在していて、それぞれの特徴は異なります。

「非圧縮」:WAV、AIFF等

この形式の音楽はCD等の音源に含まれるデータを全く☆圧縮せずに一つのファイルに格納するだけで、音質はCDと同じですが、ファイルサイズもCDと変わらなくてかなり大きいです。

「可逆圧縮」:FLAC、ALAC等

CD等の音声データにある人間の耳では聞き取れにくい「高周波数」のデータを圧縮、データの70%くらいをファイルに格納するのがこの形式の特徴です。音質はCDよりやや劣るが、「可逆」であるため音質を元に戻すことはできます。サイズの方はCDより少し小さくなったがそれでもかなり大きいです。

「不可逆圧縮」:MP3、AAC、WMA

「非圧縮」とは真逆でオリジナルの音声データ以外の必要とされていない部分を最大限に圧縮し、音質の劣化と引き換えにファイルサイズを小さくするのが「不可逆圧縮」の特徴です。その中でも特にWMAはデータを元の約1/22まで縮小できる上、音質の劣化もそれ程ひどくないというのがメリットでWindowsでは幅広く利用されています。

上記を踏まえて出せる結論は下記となります。

MKV動画から音声データを抽出するに際し、音質を最大限に保ちたいというご希望の方は「非圧縮」、「可逆圧縮」に変換することをご推奨するのに対して、一定の音質劣化はあってもファイルサイズが小さければいいという方は「不可逆圧縮」形式に変換することをオススメします。

ヒント:「不可逆圧縮」に変換する場合は、Iphone、Mac等のアップル社製品をよくご利用の方はAACを出力フォーマットに、Windowsをご利用の方はWMAを出力フォーマットに設定することを推奨します。AACとWMAの何れも圧縮効率はMP3より上で、同じコーデックやサイズの場合はMP3より音質は高いですが、汎用性はMP3より劣ります。

☆圧縮とは音声・画像・テキスト等のデジタルデータをコンピュータ等の機械でより便利に扱えよう、不必要な部分を削除することでディスク容量の消費を減らし、通信やネットへの負荷を軽減する作業です。

音声データを抽出するツール

MKV形式や出力フォーマットについての紹介も終わったところで、この部分で肝心な音声データを手軽に抽出するツールをご紹介します。

HD Video Converter Factory Pro

このソフトには出力フォーマットについてご紹介した時の音楽形式を全てのサポートできるうえ、MKV、MP4、AVI等の動画を含めた500以上のメディア形式に対応していて、ファイルを自由編集・形式変換できます。

また、複数のMKV動画をサイズ制限なしでソフトに追加し、音楽形式に一括変換できるばかりでなく、動画から抜き取りたい部分をクロップし、好きな音楽形式に僅か三ステップで変換できます。

それから、抽出する音声ファイルの音質やサイズを影響する「コーデック」や「ビットレート」等のパラメーター数値を自在に変換する機能と、複数の音楽ファイルを一つのファイルとして結合音量を調整等の編集機能も備わっています。

無料ダウンロード

Windows向け

100%安全&安心

無料ダウンロード

MKV動画から音声データを抽出する手順

WonderFox HD Video Converter Factory ProWonderFox HD Video Converter Factory Proをインストールして、手軽にMKVから音声データを抽出しましょう。

ステップ 1 MKV動画ファイルをソフトに追加

・ソフトを立ち上げます

・最初の画面で一番左にある「変換」をクリックします

・次の画面で「ファイル追加」をクリックして単体のMKVファイルを追加するか、もしくは「フォルダ追加」をクリックして複数のMKVファイルを追加します

ステップ 2 動画から抽出したい部分をクロップ

・ファイルを追加したら、ハサミの様なアイコンをクリックします

・次の画面で、青い線の両はしにある梯形のようなアイコンをドラッグすれば、抽出したい部分を特定できます

・又は、「開始」と「終了」の欄に的確な時間を入力すれば、指定の時間帯を切り取れます

・画面真ん中の「切り取り」ボタンをクリックして、「OK」をクリックします

ステップ 3  出力フォーマットに設定します

・例としてMP3を出力フォーマットに設定するが、MP3以外の音楽形式に設定するのも可能です

・画面の右側で「出力フォーマットを選択」という文字の下にある四角い枠をクリックします

・次の画面で「音楽」をクリックします

・「音楽」のカテゴリーで「MP3」をクリックします

ヒント:このステップの操作が終わったら「パラメータ設定」の画面に入れば、出力フォーマットの「ビットレート数値」、「コーデック」、「音量」などを調整できます。

ステップ 4 出力フォルダーを選択し、変換を開始

・画面の下にある「▾」をクリックします

・出力フォルダーを選択したら、「OK」をクリックします

・画面の右下にある「変換」ボタンをクリックすれば変換が開始します

サイズの大きいMKV動画をクロップせずに丸ごとMP3に変換するには30秒くらいかかりますが、クロップしたサイズが100MB辺りのMKVファイルをMP3に変換するならば5-10秒程度で変換できます。

サイズが100MB以下のMKV動画を丸ごと音楽形式に変換する場合はソフトよりオンラインサイトの方が使い勝手がいいと感じる時もありますよね。

なので、ソフトの他にサイズの小さいMKV動画を音楽形式に変換できるサイトもご紹介します。

PS:変換速度においてサイトはソフトよりだいぶ劣りますが、操作手順は「ファイル追加」→「出力フォーマットを選択」→「変換ボタンをクリック」という簡単な流れで操作すれば変換できます。

Convertio

サイトの中で変換速度が速く、安全なため真っ先にご紹介します。

公式サイト:https://convertio.co/ja/

メリット

・オンラインサイトの中では変換速度がかなり速い

・長年運営のサイトなので、安全性が保証されます

・出力フォーマットに数多くの形式がプリセットされています

・ビットレートやコーデック等を調整できます

・URLを貼り付けるだけでファイルを追加できます

デメリット

・ログインしない場合は追加できるファイルのサイズは100MBが上限

・一括変換できません

・広告あります

Cdkm

追加できるサイズは40MBが上限ですが、変換速度は速いため一緒にご紹介します。

公式サイト:https://cdkm.com/jp/

メリット

・広告はありません

・変換速度が速い

・パラメータ数値を調整できます

・プラグインは不要、ウイルス感染の心配はありません

デメリット

・一括変換できません

・追加できるファイルのサイズは40MBが限界です。

・出力できるフォーマットは少ない

後書き

今回はMKVという動画形式から音声データを抽出するツールと音楽形式についてご紹介しました。

ちなみに、VLC Media PlayerというプレーヤーでもMKV動画から音声データを抽出できるが、動画をクロップできない、出力フォーマットは少ない等のデメリットで、今回はご紹介しませんでしたが、小サイズのMKVファイルを変換するなら、VLCのご利用もオススメします。

また、出力フォーマットお決めになる時音質やファイルサイズを照らし合せて総合的に考えてから、一番適切な形式を選択された方が色々と便利かと。

長々と音楽形式についての小難しい説明も書きましたが、最後まで読んでくれてありがとうございました。

  
動画ファイルを高画質のままでサイズを縮小

HD Video Converter Factory Pro

このソフトにはご紹介した動画をクロップ等の編集機能以外にも動画ファイルを画質落とさずにサイズを元の半分くらいに縮小するという「バッチ圧縮」機能があります。横棒にあるアイコンを左へドラッグするだけなので、動画編集が苦手な方でも気軽に操作できると思います。

さらに、300以上の動画・音楽配信サイトから無料でデジタルコンテンツをダウンロード、動画/画像をGIFとして作成等の機能も付いています。

マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2021 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved