Googleドライブが遅い問題の対処法3案

Googleドライブは便利なオンラインストレージサービスで、15GBの容量を無料で提供しています。しかし、多くのユーザーはこのサービスを利用する際に、Googleドライブ遅い問題に直面しています。この記事では、さまざまな条件下でこの問題を解決するための3つの実用的な方法を紹介します。

あやせ |更新:2022/03/22

オンラインストレージは、デジタルファイルを保存する新しい方法で、非常に便利です。オンラインドライブの利点が最大限に広がり、重要なファイルをローカルではなくオンラインで保存する傾向が強まっていると考えています。オンラインドライブの機能は簡単で安全、そして共有しやすく、人々の使用習慣や勤務形態に非常に適しています。しかし、オンラインストレージには1つの欠点があります。それはデータ転送速度の面では、オンラインストレージは有線伝送よりかなり遅いということです。

Googleドライブも例外ではありません。多くのユーザーは、メールで動画を送るとき、Googleドライブのアップロードが遅いという問題に直面しています。もともと、Googleドライブはハードウエアと帯域幅を十分に活用できないようです。「Googleドライブ動画を速くアップロードする方法は?」と悩む人もいるかもしれません。一つの動画をアップロードするだけでも数時間かかる場合があります。Googleドライブにデータを同期させるのはもっと遅いです。アップロードしたとしても、Googleドライブの動画を再生できないこともあります。

ここでは、Googleドライブのアップロードが遅い問題の対策として、3つの方法を紹介します。どれも簡単で実用的、そして使いやすくて安全です。

パート1.HD Video Converter Factory Proで大容量メディアファイルを圧縮

ファイルをドライブにアップロードする速度は、ファイルサイズによって大きく変わります。ファイルサイズを小さくすることは、Googleドライブ遅い問題を解決するための実用的な方法です。Googleドライブだけなく、ほかのツールでのアップロード遅い問題の解決にも役に立ちます。また、ファイルサイズが大きいとバッファリング時間が長くなるため、Googleドライブ動画が再生できない問題を回避するにも役に立ちます。それと同時に、ストレージスペースも節約できます。

プロのファイル圧縮ツールがなければ、データを破損なく圧縮することはできません。幸いなことに、お薦めの強力なGoogleドライブメディア圧縮ソフトを使えば、この問題を簡単に解決できます。

Googleドライブ重い問題を修正

WonderFox HD Video Converter Factory Proは、広告やプラグインがなく、使い方も非常に簡単です。動画、音声ファイルを直接圧縮することができれば、ビットレート、フレームレート 、形式などを変更することでメディアファイルのサイズを小さくすることもできます。

優れた圧縮率

従来の圧縮ツールと異なり、WonderFox HD Video Converter Factory Proは、より高度なビデオエンコーディング技術でメディアファイルを圧縮することができます。この素晴らしいグーグルドライブ動画圧縮ソフトは、最小限の品質損失で動画を縮小できますし、出力動画ファイルの最大圧縮率は80%となっています。そのため、デバイス/オンラインドライブのストレージを解放し、アップロード速度を大幅に速めることができます。次に、メディアファイルを圧縮する方法を説明します。

無料ダウンロード

Windows向け

100%安全&安心

無料ダウンロード

より速くGoogleドライブにアップロード:メディアファイル圧縮

始める前にはまずこの圧縮ソフトを無料ダウンロードしてインストールしてください。

*以下の内容は動画ファイルを例に挙げて説明しますが、音声ファイルの処理手順はほぼ同じです。

ステップ1:動画ファイルをソフトに追加

WonderFox HD Video Converter Factory Proを起動して、「変換」を選択します。「ファイル追加」ボタンをクリックして、ローカルドライブから動画ファイルをソフトに追加します(最大10個まで)。

前述のように、このソフトはパラメータを調整して、又はメディアを高度なエンコーダにトランスコードしてファイルを圧縮することができます。Googleドライブは特定のフォーマットをサポートしており、自由に形式を変換することはできません。

ステップ2:ファイルのパラメータとコーデックを調整します

「バッチ圧縮」機能を選択し、設定バーを右にスライドして「圧縮率」を調整します。ソフトウエアは自動的にあなたの選択に最適なパラメータ設定を使用しますが、状況に応じて手動でパラメータを設定することをお薦めします。

まず、右側から好きなフォーマットを選択します。次に、下にある「パラメータ設定」ボタンをクリックして設定画面に入ります。基本的には新しいエンコーダとしてH265またはVP9を選択、フレームレートを24~30fpsに調整、ビットレートを少し下げればいいです。「Ok」ボタンをクリックして設定を確認します。

最後に、画面の下に圧縮された動画を保存する出力フォルダを指定します。その後、「変換」ボタンをクリックして圧縮し始めます。

パート2.AnyDriveを使って大容量メディアファイルをアップロード

https://www.imobie.jp/anydrive/

AnyDriveとはGoogle drive/Dropbox/Onedrive/iCloud Drive/等のアカウントを一体に管理できる無料ツールです。Web版とアプリ版の両種類があって、とても便利です。

まずはAnyDriveを新規で登録してください。

そして「Google Drive」ボタンをクリックしてGoogle ドライブを追加してください。

Google ドライブを追加したら、左側で「Google ドライブ」のアイコンをクリックします。

画面右上の「ファイルのアップロード」ボタンをクリックして、PCからファイルを選択し、「開く」をクリックしてファイルを読み込みます。

ヒント:サーバーやネット状況により、アップロードできない場合もあります。

パート3.Easy Uploaderを使ってアップロード時間を大幅に短縮

https://free.uploader.xzy.pw/

Easy Uploader は、最大30GBファイルに対応した多機能かつ直リンクができるアップローダーです。ユーザー登録も不要ですぐに利用することができます。アップロードしたファイルはURLリンクの形で、ホームページや、SNS などに共有できます。

ヒント:広告が多いので、使用するときは気つけてください。

補足:ローカル設定を変更するだけで動画を迅速にGoogleドライブにアップロード

過剰な帯域幅の使用を避けるために、Googleドライブがアップロード速度を制限する場合があります。ネットワークの状況がよければ、手動でグーグル ドライブ重い問題を解決することができます。

1.デスクトップでGoogle Driveのアイコンをクリックします。

2.「設定」をクリックして、「ネットワークの設定」をクリックします

3.帯域幅の設定でアップロード速度の「制限なし」を選択して、「OK」をクリックすれば完成です。

まとめ

以上はグーグルドライブ重い場合の解決策を3つご紹介しました。お読みいただき、どうもありがとうございました!

HD Video Converter Factory Pro

利点:永久にファイルを圧縮、保存スペースを節約;

欠点:ソフトウェアのインストール、Windowsのみ対応。

AnyDrive

利点: Googleドライブ以外のアカウントも利用可能、使いやすい;

欠点:アップロード速度遅い、バグが多い。

Easy Uploader

利点:優れた加速機能、URLリンク形で共有;

欠点:広告が多い。

無料ダウンロード

Windows向け

100%安全&安心

無料ダウンロード
メディアリソースを最適な状態で保存します

HD Video Converter Factory Pro

HD Video Converter Factory Proは、最先端のエンコード技術によりメディアファイルを最適化し、オリジナル品質を維持しながら最小限のサイズでメディアファイルを保存することができます。また、このソフトは500以上のフォーマットやデバイスをサポートするので、 Chromecast、Chromebook、Androidデバイスなどほぼすべてのデバイスに対応しています。

マルチメディアソフト
ソリューションの提供に専念する。
2009年から創業

WonderFox Softプライバシーポリシー | Copyright © 2009-2020 WonderFox Soft, Inc.All Rights Reserved